<   2010年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
象潟
紀元前466年の鳥海山の大規模な山体崩壊によって発生した流れ山が日本海に流れ込み、浅い海と多くの小さな島々が出来上がった。やがて堆積作用の結果、浅海は砂丘によって仕切られて潟湖が出来た。そして小さな島々には松が生い茂り、風光明媚な象潟の地形が出来上がった。東西の長さは20町(約2,180m)、南北の長さは30町(約3,270m)をそれぞれ超える程度であった。
江戸時代までは、九十九島・八十八潟が景勝地となり、「東の松島 西の象潟」と呼ばれ、松尾芭蕉の『奥の細道』(1689年)でも「松島は笑ふが如く、象潟は憾(うら)むが如し」と評され、「象潟や雨に西施がねぶの花」と詠まれた。
しかし1804年の象潟地震で海底が隆起し、陸地化した。その後、干拓事業による水田開発の波に飲まれ、歴史的な景勝地は消されようとしていたが、当時の蚶満寺の住職の呼びかけによって保存運動が高まり、今日に見られる景勝地の姿となった。
現代においても102の小島が水田地帯に点々と残されている。とりわけ田植えの季節になり水が張られると、往年の多島海を髣髴とさせる風景が見られる。象潟郷土資料館では、地震前の象潟の再現模型が展示されている。ウィキペディアより

ここに道の駅、風呂が特筆、入浴料350円、きつい塩湯、日本海一望の風呂、是非とも足をとめる場所。
by jpn-kd | 2010-07-30 08:40
瀬波温泉
新潟県、石油掘削中に油が出ないで湯がでた。元湯は入浴料840円、高いわりに湯が貧弱。行かないことをすすめる。
by jpn-kd | 2010-07-30 08:31
うみてらす名立
新潟県にある。夕日の落ちるのを露天風呂で眺められる。沸かし湯だが、いくつもの湯船があり、入りきれない。ホテルも併設だが、満室。親知らず子知らずの難所を抜け、水平線が空よりも高いところを走る。
冬は厳しいだろう。幾つもの海水浴場を通り、北上を続けるが、暑さも峠を越えた。
日本海側は波もなく、サーフィンには不向き、一度もどり、船とエンジンを下ろし、茨城県大洗にでかける。
車内を一部改装、バッテリーをもう一台追加しなければならない。ここまでで4000キロ走行、八戸に戻ってオイルフイルター交換だ。
これから燕の国上道の駅の風呂に入る。
by jpn-kd | 2010-07-28 16:56
富山黒部宇奈月温泉
ここはおすすめ、公衆浴場350円に入るために駐車場900円。トロッコ列車に乗る人のための駐車場しかない。
周囲は見上げる山、谷あいにへばりついているような町、狭いところに巨大な旅館が駐車場を占有、しかし、湯がいい。うなるほどいい。
高い駐車場に余りある慶、ぜひおすすめの温泉、カランも4つしかないが、山道あえぎながら登り、入浴するだけの価値はある。
by jpn-kd | 2010-07-28 10:59
和倉温泉
能登半島、七尾市、ゼンリンの地図を頼りに行ったが、総湯は取り壊して工事中。こうしたこともある。ゼンリンの確度は高い。付近を聞いてまわり、やっと入浴。海べりのため塩湯、駐車場も、道も大きくゆったり。が。大した湯ではない。まあ、行かないよりは行ったほうがいい程度。
by jpn-kd | 2010-07-27 13:22
富山県なめりかわ道の駅で八戸人と逢う
城下4丁目で全国の郊外型ショッピングセンターで医療器具を販売している藤原さんから声をかけられた。旭ヶ丘が住居とのこと。
北陸が担当で巡回中、八月三日には八戸に帰るとのこと。
八戸人も頑張っておられる。
by jpn-kd | 2010-07-27 07:51
正力記念館
ここに正力図書館が併設されていたが、やる気のない、目にシャッターが降りた職員が迷惑そうに正力の本に案内、既に読んだ本ばかり、もっとないのかと言うと、奥から三冊ばかり出してきた。八戸図書館にもないNTV25周年は隣の高岡図書館にあるとのこと、室伏のテレビと正力をコピー、そして、高岡に出た。ここには路面電車あり、駅前に市立図書館、ここで25周年の本を一読、行政はどこへ行ってもやる気のないのばかり、射水市の図書館職員もそうだが、この高岡の馬鹿面した若い女は正力を入力できなかった。
そうした本はありません。
射水の図書館で聞いたが、ここにあると言ったぞ、パソコン、カチャカチャ、ありません、近くの女が三階にあると教えて、ああ、そうなの、なら三階に行ってください
もっとやる気をだせ、仕事に身をいれろ、ただ座ってれば金になると思うなと言ってくれた。
ハ、ハイだとよ。
駅前の立体駐車場に頭がつかえて入れない。そこらに置いたら、駐車場の係りが車に貼り紙、管理室に来い、駐車場の入り口の呼び出し電話で「何処へ来いというのだ、お前が濃い」
管理人が出てきて、ここへ置くと一日千五十円です
何処に書いてあるんだ
規則です
他国からきて、お前の市の規則をどうやって知る? わかるように看板を立てろ
今度からそうします
じゃあ、そうしろ
今度来たときは駐車料金をお支払いください
看板が立ってたらな
よろしくお願いします
チャンチャン
by jpn-kd | 2010-07-25 17:16
粟津温泉
田舎町の温泉、総湯の場所をナビで案内してもらったが、最近、移転したそうで、小奇麗になっていた。新しい風呂もいいが、古い風呂には味わいがある。
新しくはいつでもできるが、古くするには時間が必要。なんでも新しければいいものでもない。酸ヶ湯温泉の古さは、それなりに味わいがある。新幹線が開通すれば、酸ヶ湯はそれなりに人気となろう。
こうして全国放浪の旅で、認識を深めたのは道の駅の増えたこと。道の駅は休憩、情報、地域との交流を旨とする。これが八戸にないのも不思議。市役所職員は仕事をしないのを旨とするから、なかなか新規事業にはとりくまない。町村が道の駅設置申請をするが、運営は株式会社が行うようにして、役人の天下り先としないことだ。
倶利伽羅峠の道の駅に来た。倶利伽羅はアイヌ語で雲の沸き立つところ。彫り物のクリカラモンモンはここから来ている。
午前中は湧湯の総湯に入った。金沢を中心として小さな湯治場が沢山ある。
by jpn-kd | 2010-07-24 15:55
加賀千代女記念館
加賀国松任の住人、薄幸の千代女を記念して建てられた。白山市十一万人、駅前の一等地に記念館は建つ。中川一政記念館も近くにあり。
市民の思いなのだろう。俳人として名こそ流れて尚、聞こえけりで、千代女を誇りとされるのだ。三浦哲郎の死ぬのを待つ、我が八戸とはどれほど違うことか。
三浦の偉大さは、今もってなお、更に一人の芥川賞作家が出ないことでも知れる。市長や市会議員の有象無象とはここが違う。
しかしながら、その駄目標本の市長や無知の塊の市議団が動かないかぎり、三浦哲郎記念館は建たない。
市民の誇りは埃だらけか、それとも埃も誇りも持たぬのか。
加賀国松任(今の白山市)で、表具師福増屋六兵衛の娘として生まれた。幼い頃から一般の庶民にもかかわらず、この頃から俳諧をたしなんでいたという。
12歳の頃岸弥左衛門の弟子となる。17歳の頃、諸国行脚をしていた人に各務支考(かがみしこう)が諸国行脚してちょうどここに来ているというのを聞き、各務支考がいる宿で弟子にさせてくださいと頼むと、「さらば一句せよ」と、ホトトギスを題にした俳句を詠む様求められる。千代女は俳句を夜通し言い続け、「ほととぎす郭公(ほととぎす)とて明にけり」という句で遂に各務支考に才能を認められる。その事から名を一気に全国に広めることになった。
1720年(享保5年)18歳のとき、神奈川大衆免大組足軽福岡弥八に嫁ぐ。このとき、「しぶかろかしらねど柿の初ちぎり」という句を残す。20歳の時夫に死別し松任の実家に帰った。朝顔に つるべ取られて もらい水
ウィキペディアより
by jpn-kd | 2010-07-24 12:00
山中温泉
石川県には温泉多し、その山中温泉に行った。さしたる感激もなし。普通の温泉、時間があれば行くことをすすめる程度。奈良時代の行基菩薩が拓いた温泉ともいう。
仏の世界にも位があり、一番上が如来、如来は来る如くと書くが、去る如くが反語にある。つまり来る如く去る如くで、いつもお前と共にあるを指す。
仏の最高位の如来はいつでも呼べば、お前と共にいる、必要がなくなればいつでも消えるという、まるで八戸で死んだ月光仮面の作者が作り出したようなもの、危機管理という言葉があるが、人が自分で解決できない事態に直面したとき、スーパーマンを呼ぶのか、月光仮面を呼ぶのか、それとも仏の力を信ずるのかに別れる。
仏は寺にしか居ないと思うものは寺を訪ねる、仏の十全の力を信ずるものは、それを我が身につけたいと念じて、八十八ヶ所を廻るものもいる。
が、仏はたえずお前のそばに居ると教える力を持つものを如来という。釈迦は如来だ。お前が私を呼べば、いつでもお前の助けになり、そして必要がなくなれば去る。しかし、本当はお前の中にこそ、私がいるのに気付かないのかというのが、如来の精神なのだ。来るも去るも、誰が決める? みんな呼ぶお前が決めるのではないのか?
ここが仏の教えの面白く、切ないところだ。すると行基の菩薩はどの位にあるのか、それは仏道を、求めるものを菩薩と呼ぶ、まだ正覚を取らぬ前の段階を指す。
阿弥陀如来はすべての人を救うのが我の仕事なりと、正覚をとらなかったと教える。ここらの話は細かいので、真宗、あるいは浄土宗で聞かれるといい。仏道は極めにくい。一人では修められない、だから集団で行をする。それが宗教集団、よくも悪しくも、集団でなければ物事の奥義は極められないもの。
by jpn-kd | 2010-07-23 09:36


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ