<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
水道記事一覧・明治38年から平成20年末まで2
大正期
番号西暦 日付和暦 日付分類1タイトル
981912/08/10T01/08/10奥南新報清涼飲料水取締規則違犯
991912/08/13T01/08/13奥南新報新井田橋工事請負決定
1001912/08/16T01/08/16奥南新報溺死一件
1011912/08/19T01/08/19奥南新報普通水利組合会
1021912/09/16T01/09/16奥南新報七戸の水電計画
1031912/09/28T01/09/28奥南新報三戸町にも供給
1041912/10/28T01/10/28奥南新報ダイナマイトで罪
1051912/11/01T01/11/01奥南新報鉱泉発見
1061912/11/16T01/11/16奥南新報ダイナマイトで取調
1071913/04/13T02/04/13奥南新報母子共に溺死す
1091913/06/10T02/06/10奥南新報八戸防火談義
1081913/06/13T02/06/13奥南新報天大に旱す
1101913/07/01T02/07/01奥南新報仮橋の流失
1111913/07/10T02/07/10奥南新報防火設備の方針
1121913/07/10T02/07/10奥南新報水防組の組織
1131913/07/22T02/07/22奥南新報上水工事成功
1141913/09/16T02/09/16奥南新報少女の溺死
1151913/10/19T02/10/19奥南新報尻内橋の入札決定
1161913/12/01T02/12/01奥南新報稀代の井戸を岩上に牙つ
1171913/12/19T02/12/19奥南新報湊川口施行建議
1181914/01/10T03/01/10奥南新報馬淵川上水の急
1191914/07/04T03/07/04奥南新報公告
1201914/07/10T03/07/10奥南新報水飲国民
1211914/08/04T03/08/04奥南新報サカナ取の溺死
1221914/08/07T03/08/07奥南新報大洪水被害
1231915/01/19T04/01/19奥南新報尊い寒の水
1241915/01/19T04/01/19奥南新報薬になる寒の雪水
1251915/03/13T04/03/13奥南新報筏流し検挙さる
1261915/04/07T04/04/07奥南新報湖川漁業入札
1271915/04/22T04/04/22奥南新報第二回 酒倉の成績
1281915/06/25T04/06/25奥南新報氷の誤れる用法
1291915/07/28T04/07/28奥南新報名久井橋開通式挙行及び祝宴
1301915/10/04T04/10/04奥南新報伝染病予防諭告
1311916/04/13T05/04/13奥南新報野辺地巖泉サイダー、ラムネ等の好評
1321916/06/19T05/06/19奥南新報長苗代一帯水不足
1331916/07/13T05/07/13奥南新報無届流材
1341916/07/22T05/07/22奥南新報肥料市況
1351916/08/04T05/08/04奥南新報無許可流材
1361916/08/25T05/08/25奥南新報五戸にも赤痢
1371918/02/04T07/02/04奥南新報無許可流材
1381918/03/13T07/03/13奥南新報八戸馬淵川 両水電合同 問題発議さる
1391918/04/19T07/04/19奥南新報蛇口山水全眞伝(一)
1411918/04/25T07/04/25奥南新報蛇口山水全眞伝(三)
1401918/04/28T07/04/28奥南新報蛇口山水全眞伝(四)
1421918/05/07T07/05/07奥南新報蛇口山水全眞伝(六)
1431918/05/07T07/05/07奥南新報無許可流材
1441918/05/10T07/05/10奥南新報蛇口山水全眞伝(八)
1451918/05/16T07/05/16奥南新報蛇口山水全眞伝(十)
1461918/05/22T07/05/22奥南新報蛇口山水全眞伝(十一)(十二)
1471918/05/30T07/05/30奥南新報蛇口山水全眞伝(十三)(十四)
1481918/06/01T07/06/01奥南新報蛇口山水全眞伝(十五)(十六)
1491918/07/25T07/07/25奥南新報川石沸下許可
1501918/09/19T07/09/19奥南新報流材規則違犯
1511919/02/22T08/02/22奥南新報馬淵水電許可
1521919/05/10T08/05/10奥南新報八戸水源調査
1531919/05/16T08/05/16奥南新報湊地下水調査
1541919/05/25T08/05/25奥南新報農林業を無視した発電水力の許可制度改正
1551919/06/22T08/06/22奥南新報馬淵川に疑問の片足
1571919/07/25T08/07/25奥南新報子供馬淵川に溺死す
1581919/08/28T08/08/28奥南新報八戸馬淵両水電合併協定
1561919/12/19T08/12/19奥南新報湊村部内地下水調査
1591920/02/12T09/02/12奥南新報揚水水車発明
1861920/05/19T09/05/19八戸新聞いかにすれば美男美女になれる?
1601920/06/07T09/06/07奥南新報八戸サイダー 会社新飲料水
1631920/07/01T09/07/01奥南新報清涼飲料水製造者試飲会
1611920/07/13T09/07/13奥南新報発電水力調査上 傷害予防に関し通牒
1621920/08/13T09/08/13奥南新報橋諸共流さる
1641920/08/19T09/08/19奥南新報砂利揚舟沈没
1651920/08/22T09/08/22奥南新報本郡の水害
1661920/09/16T09/09/16奥南新報三戸駅前より
1991920/11/13T09/11/13八戸新聞揚水機に就いて
2001920/11/16T09/11/16八戸新聞新案阿宗式卿筒水揚器、広告
1671921/01/01T10/01/01奥南新報小中島発電所トンネル貫通
2011921/01/13T10/01/13八戸新聞酒類製造場数及び見込石高
1681921/04/01T10/04/01奥南新報山崩れして八戸暗となる
1691921/04/13T10/04/13奥南新報酩酊して渡守溺死す
1701921/04/13T10/04/13奥南新報馬淵川の被害調査
1711921/06/13T10/06/13奥南新報本郡の霜害 総額二十九万円
1721921/07/10T10/07/10奥南新報三十万円の予算で耕地整理 導水路新設
1871921/07/22T10/07/22八戸新聞郊外の水郷(一)
1881921/07/25T10/07/25八戸新聞郊外の水郷(二)
1891921/07/28T10/07/28八戸新聞郊外の水郷(三)
1901921/08/04T10/08/04八戸新聞郊外の水郷(四)
1911921/08/07T10/08/07八戸新聞郊外の水郷(五)
1921921/08/10T10/08/10八戸新聞郊外の水郷(六)
1931921/08/10T10/08/10八戸新聞郊外の水郷(六)
2021921/08/10T10/08/10八戸新聞師範対八高野球戦
1941921/08/11T10/08/11八戸新聞郊外の水郷(八)
2031921/08/16T10/08/16八戸新聞師範対学友野球戦
1951921/08/19T10/08/19八戸新聞郊外の水郷(九)
1961921/08/25T10/08/25八戸新聞郊外の水郷(十)
2041921/08/25T10/08/25八戸新聞郡内小学教員の人員・棒給額
1731921/09/10T10/09/10奥南新報飲料水純益を奨学会へ寄付
1741921/09/16T10/09/16奥南新報赤痢猛烈
1751921/09/19T10/09/19奥南新報八警管内の伝染病現在
2051921/10/13T10/10/13八戸新聞鉄道創始五十年記念
1971922/01/10T11/01/10八戸新聞滞満雑録(八)
2061922/01/10T11/01/10八戸新聞八戸駅公認運送組合協議会
1761922/02/16T11/02/16奥南新報氷塊流れて名久井橋破壊流出す
1771922/02/19T11/02/19奥南新報尻内橋は通行止め
2071922/06/07T11/06/07八戸新聞八戸製氷株式会社、広告
2081922/07/04T11/07/04八戸新聞夏の飲み物、濱茶
2091922/07/13T11/07/13八戸新聞夏の飲み物、冷やしコーヒー
1781922/07/16T11/07/16奥南新報飲料水検査
2101922/08/09T11/08/09八戸新聞不潔なサイダー売って罰金
2111922/08/19T11/08/19八戸新聞運転士の死体3日目で発見、馬淵川遊泳中溺死
2121922/08/19T11/08/19奥南新報田子町赤痢猖獗
1791922/09/01T11/09/01奥南新報井戸水検査
1801922/09/10T11/09/10奥南新報馬淵川鉄橋で悲惨な死傷
2131922/09/13T11/09/13八戸新聞赤痢発生一時に9名、階上村
2141922/09/13T11/09/13八戸新聞赤痢発生一時に9名、階上村
1811922/10/10T11/10/10奥南新報コレラ発生の春日丸遁走
1821922/10/13T11/10/13奥南新報コレラ発生地
1831922/10/16T11/10/16奥南新報悪疫コレラ沸く撲滅
1841922/10/19T11/10/19奥南新報コレラ発生地の交通遮断は
2151923/01/17T12/01/17八戸新聞白銀の火災、全焼10棟12戸
2161923/01/25T12/01/25八戸新聞八戸駅長井戸封鎖
1981923/02/13T12/02/13八戸新聞澎湃たる大八戸の大波市制促進の大音声揚がる
2171923/02/13T12/02/13八戸新聞当地方製造のサイダーラムネは、1ケ年約七百石
2181923/02/25T12/02/25八戸新聞上ノ山朝火事、十王院湊小学校大混雑
2201923/04/07T12/04/07八戸新聞野球情話、北村小松氏原作「若き人々」
2211923/04/25T12/04/25八戸新聞野球課税説の再燃
2191923/10/22T12/10/22奥南新報道水路見事通水、八戸町外2ケ村総合耕地整理工事
10011924/01/16T13/01/16奥南新報工業高校が今春廃止される結果補修学校も廃止決議
10021924/01/16T13/01/16奥南新報預金利率改正廣告
10031924/01/16T13/01/16奥南新報第83期大正12年下半期営業報告 貸借対照表
10041924/02/04T13/02/04奥南新報八戸の奮歳の市
10051924/02/04T13/02/04奥南新報衆議院議員選挙有権者 三戸郡は8200余名
10061924/02/10T13/02/10奥南新報三水利組合会
10071924/02/10T13/02/10奥南新報暴風あとの勘太郎堤で女学生の氷上運動会
10081924/02/25T13/02/25奥南新報提案された八戸町大正13年度予算
10091924/03/07T13/03/07奥南新報未だ2万人になれない八戸町の現在人口
10101924/04/09T13/04/09奥南新報世界一周飛行機の来湊によって世界的に紹介される八戸地方
10111924/05/01T13/05/01奥南新報製氷会社製造三島ラムネ
10121924/05/17T13/05/17奥南新報八戸町大火
10131924/05/24T13/05/24奥南新報火災後の衛生に尽力この際各自の注意肝要
10141924/05/25T13/05/25奥南新報米国世界一周飛行機来る
10151924/06/04T13/06/04奥南新報焦土の中から
10161924/07/10T13/07/10奥南新報堀端町にチフス発生
10171924/07/13T13/07/13奥南新報暑中に入り各地大旱乾
10181924/07/13T13/07/13奥南新報腸チフス予防注射の結果
10191924/07/16T13/07/16奥南新報月下の鐵路に血染めの死骸
10201924/07/16T13/07/16奥南新報列車内に水無く乗客大弱り
10211924/07/19T13/07/19奥南新報田の水引が因で暗夜の大格闘
13981924/07/28T13/07/28奥南新報地租移譲は大賛成 復興の要素は地主の自確にある
10221924/08/13T13/08/13奥南新報農村振興の根本政策(七)
10231924/08/16T13/08/16奥南新報盆が来て増えた伝染病
10241924/09/19T13/09/19奥南新報干ばつから受けた本郡田畑の被害
10251924/09/19T13/09/19奥南新報八警管内伝染病
10261924/09/19T13/09/19奥南新報毒薬を用い魚をとって罰金に処さる
13991924/09/19T13/09/19八戸新聞決心一つで物になりさうな八戸の水道問題
10271924/09/25T13/09/25奥南新報八戸の将来と土曜会
14001924/09/28T13/09/28八戸新聞乗気になった八戸水道問題 内務技師に依頼近く測量に着手
10281924/10/07T13/10/07奥南新報頓に殖えた八戸地方の肉食
14011924/10/10T13/10/10八戸新聞郡長町長一行の水源地の調査 八戸水道問題
14021924/10/16T13/10/16八戸新聞雲行きが怪しくなった八戸水道問題
14031924/10/19T13/10/19奥南新報水量と水質には合格 理想的な八戸水道水源地
14041924/10/19T13/10/19八戸新聞八戸水道の成否は=結局金の出所と決心のしやう
14431924/10/19T13/10/19奥南新報憲政会内閣の緊縮は八戸水道問題に大影響
10291924/10/22T13/10/22奥南新報県会開会を控えて県営施行の請願と凛請
10301924/10/25T13/10/25奥南新報三戸郡の水稲と畑作旱害
10311924/10/25T13/10/25奥南新報五戸水電の工事着手
14051924/10/28T13/10/28八戸新聞電気から見た八戸町の復興 今後は益々需要増加
10321924/11/04T13/11/04奥南新報剣吉で鮭の人工孵化
10331924/11/04T13/11/04奥南新報上水工事が出来たお陰で旱害を免れた舘越類家下
10341924/11/04T13/11/04奥南新報漁禁鮭 鮑は解禁鮭は厳重に取り締まる
10351924/11/07T13/11/07奥南新報一家九人の腸チフス
10361924/11/07T13/11/07奥南新報本年虫に予約販売 溜池約五町歩
10371924/11/13T13/11/13奥南新報町制を布いた湊町の一班
10381924/11/13T13/11/13奥南新報強風にかされた八戸線開通祝賀会
10391924/11/22T13/11/22奥南新報何処も同じ不成績な鮭の人工孵化
10401924/11/22T13/11/22奥南新報死んだ幼児の病気様々
10411924/12/01T13/12/01奥南新報"溜池予約売却、鍛冶町,本寿寺前"
10421924/12/04T13/12/04奥南新報鍛冶町溜池用水路設備の計画
10431925/01/01T14/01/01奥南新報広告、八戸水力電気株式会社
10441925/03/01T14/03/01奥南新報貯水池の場所について当局の意向を問う、東山
14061925/04/19T14/04/19奥南新報郷土が生める野球界の権威
10451925/05/10T14/05/10奥南新報八戸水道事業近々測量に着手か
14071925/05/22T14/05/22奥南新報上水道視察のため池田八戸助役福島、宮城県へ出張
10461925/05/25T14/05/25奥南新報大地震山陰地方を襲う、城崎温泉全滅
10471925/06/07T14/06/07奥南新報井戸水から病気が伝染して
10481925/06/16T14/06/16奥南新報井戸水は飲用が出来ぬ、鳥谷部町の井戸
10491925/06/16T14/06/16奥南新報頼むは降雨ばかり、下長苗代の水田七百町歩の旱害
14081925/06/16T14/06/16奥南新報町会議員打揃ふて水道水源地視察
10501925/06/22T14/06/22奥南新報八戸上水事業には六十万円を要するだろう
10511925/06/22T14/06/22奥南新報用水の整理もやる
10521925/06/28T14/06/28奥南新報小中野町では更に参百柵六間の水路新設
10531925/06/28T14/06/28奥南新報小中野町大火
10541925/07/01T14/07/01奥南新報小中野、湊大火義捐金募集
10551925/07/01T14/07/01奥南新報内舟渡水田二十町歩に揚水の計画
10561925/07/01T14/07/01奥南新報未会有の大日照り、澤田も乾ききった今年のよわりかた
10571925/07/01T14/07/01奥南新報貯水池は舘越が適当、八戸町の上水道水路
10581925/07/04T14/07/04奥南新報水喧嘩で農夫の大負傷
10591925/07/04T14/07/04奥南新報上水工事は県営でやる、福田村長の談
10601925/07/07T14/07/07奥南新報溜池全部を八戸町へ買って貰う
10611925/07/07T14/07/07奥南新報実地調査に着手した両長苗代の灌漑排水の設備工事
10621925/07/16T14/07/16奥南新報再入札に附して二千円の差異を生ず、貯水所工事入札
10631925/07/19T14/07/19奥南新報白銀海水浴場、今日開場式挙行
10641925/07/22T14/07/22奥南新報尻内駅前の氷屋二人取調べらる
10651925/07/25T14/07/25奥南新報向村に眞性赤痢、新井田川で少年の溺死
10661925/08/01T14/08/01奥南新報水門入札
10671925/08/04T14/08/04奥南新報水質、水量共に最上、鶴見工学博士の八戸水道計測調査
10681925/08/07T14/08/07奥南新報腸チフス患者死亡
10691925/08/07T14/08/07奥南新報夏は冷たく冬は暖かい水をそのまま飲める、八戸水導水源
10701925/08/10T14/08/10奥南新報田部村地内馬淵川で溺死
10711925/09/01T14/09/01奥南新報測量技師の派遣申請、水量を3倍にする八戸用水堰改修
10721925/09/04T14/09/04奥南新報長苗代の水不足を救う上水事業調査
14091925/09/08T14/09/08奥南新報世界公園館寄贈優勝カップは東門軍の手に 県下少年野球大会
14101925/09/08T14/09/08奥南新報清涼飲料製造六県中青森県は第一位
10731925/09/13T14/09/13奥南新報コレラ予防に関しての通牒
10741925/09/19T14/09/19奥南新報コレラの予防…注射近く一斉に施行
10751925/09/28T14/09/28奥南新報コレラの警戒、八戸地方地理的関係調査
10761925/10/07T14/10/07奥南新報貯水池に水取入れ昨日から着手
14111925/11/22T14/11/22奥南新報セメント会社から運搬の途中抜いたらしい貯水所工事不正事件
10771925/11/25T14/11/25奥南新報豫想の方面へ飛火して事件は益々拡大せん
10781925/11/28T14/11/28奥南新報町民の怨府となった伏魔殿=八戸町役場
10791926/01/01T15/01/01奥南新報八戸局の年賀郵便、昨年より2万増加
10801926/01/01T15/01/01奥南新報第31期決算報告
10811926/01/07T15/01/07奥南新報八戸駅から発送の貨物、昨年中の總勘定
10821926/01/21T15/01/21奥南新報三戸町営電気、陳情書提出
10831926/01/21T15/01/21奥南新報五十万円の貸下申請へ、五万円上水費貸付配給
10841926/01/25T15/01/25奥南新報実際は不当料金の八戸自動車賃金
10851926/01/25T15/01/25奥南新報福岡電力合併決議
10861926/02/04T15/02/04奥南新報八戸信用組合事業拡張
10871926/02/19T15/02/19奥南新報自動車給水ポンプで三島川の水を上げる
10881926/02/22T15/02/22奥南新報八戸町の予算会議は24日から/3万円起債して繁殖牡馬購入
10891926/02/25T15/02/25奥南新報上水の設計成って、田村組の主任設計図を今日役場で説明
10901926/03/01T15/03/01奥南新報遊興税は年々の問題
10911926/03/01T15/03/01奥南新報上水の設計成って、復興委員を集め田村氏の説明
10921926/03/07T15/03/07奥南新報湊の大久保に湧く、ラジウム鑛泉発見
14121926/03/15T15/03/15奥南新報各種製造工業及船舶給水等要する水
10931926/04/10T15/04/10奥南新報馬淵川揚水=本年から着手決定
10941926/04/19T15/04/19奥南新報サイダー、ポート、オレンジ特別景品付大売り出し、広告
10951926/05/04T15/05/04奥南新報山田川馬淵川の国庫補助内容
10961926/06/04T15/06/04奥南新報偉力を現したガソリンポンプの放水距離二百尺
10971926/07/04T15/07/04奥南新報ラジウム鑛泉、富地方=二個所許可
10981926/07/07T15/07/07奥南新報下長農民の上水工事の祝宴会
14131926/07/11T15/07/11奥南新報三島の水(恋川なぎさ)
10991926/07/16T15/07/16奥南新報百町歩の水田を井戸水で灌漑する
14141926/07/19T15/07/19奥南新報非衛生的な土埃を防ぐため下組町から撤水を施行、明日腸チフス予防デー
14151926/08/04T15/08/04奥南新報東北・北海道野球大会 優勝の栄冠は盛貯軍に
11001926/09/10T15/09/10奥南新報八戸耕整組合本年の開田四拾町歩は
11011926/09/16T15/09/16奥南新報鮭の孵化を図る馬淵川漁業組合
11021926/10/07T15/10/07奥南新報澤里、売市両溜池水利組合でも上水の計画で調査中
11031926/10/22T15/10/22奥南新報通俗衛生講話、愛生堂病院長 藤田愛次郎氏述
11041926/10/22T15/10/22奥南新報一家四人、腸チフス金澤理髪店
11531926/10/25T15/10/25奥南新報貯水池入札
11051926/11/13T15/11/13奥南新報馬淵川用水改良事業明14日起工地鎮祭挙行
11061926/11/19T15/11/19奥南新報川底一丈二尺深くなる砂利採取のため=新井田川が=
11071926/12/16T15/12/16奥南新報五百の農民地主席をけって会場を退く
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-31 07:42
水道記事一覧・明治38年から平成20年末まで1
八戸市役所で団長の小川を追いかけてきた職員がいた。水道の歴史を講演するとの話だった。資料は何から探したかに、図書館でと答えた。
 後日、水道の歴史50年史作成時の資料を、北奥羽水道サービスから得た。これは図書館に寄贈した。さらに水道企業団が作成した、明治38年から平成20年末までの新聞記事のインデックスを入手。水道企業団のホームページにも掲載されているそうだが、「日本救護団」も掲載。日時、項目検索が可能になった。
 水道企業団の歴史、水道事業を探る人々には参考になろう。平成の御世はこうしたことが可能になった。映像の時代、検索の時代。先人の労苦を無駄とせず、そして、それを踏まえての、未来への足がかりが現代。先人に劣らず未来人へと、確実にバトンを継がなければならない。

明治期の記録
番号西暦 日付和暦 日付分類1タイトル
191905/07/10M38/07/10奥南新報小児の溺死,馬渕川
11908/01/16M41/01/16奥南新報八戸商業発展について
21908/02/13M41/02/13奥南新報電力を利用せよ
31908/02/16M41/02/16奥南新報改正入浴料、広告、養老湯、新盛湯
41908/04/07M41/04/07奥南新報木流し許可の件
51908/04/07M41/04/07奥南新報井戸の件
61908/06/16M41/06/16奥南新報赤痢病発生
71908/08/01M41/08/01奥南新報氷屋の大繁盛
81908/08/10M41/08/10奥南新報少女の溺死、馬淵川
91908/09/01M41/09/01奥南新報伝染病の続発、赤痢病
101908/09/07M41/09/07奥南新報蚕業講習所入学試験問題、水の成分を問う
111908/10/04M41/10/04奥南新報罰金3園の密猟者、馬淵川の鮭
121908/11/19M41/11/19奥南新報恨みの放火
131909/01/16M42/01/16奥南新報白銀の魚林保護について
141909/02/16M42/02/16奥南新報煙毒と鉱毒について
151909/02/16M42/02/16奥南新報市中堰水の欠乏について
161909/02/19M42/02/19奥南新報火災に厳に警戒を加えよ
171909/05/19M42/05/19奥南新報強雨と被害、難破と死傷
181909/05/25M42/05/25奥南新報木流し違反の処罰
201909/07/10M42/07/10奥南新報青森県の水産高製造及び漁獲高
211909/07/13M42/07/13奥南新報白銀塩湯の開始
221909/08/04M42/08/04奥南新報夏休中の心得,高等女子実業学校
231909/08/07M42/08/07奥南新報大阪の大火災
241909/08/10M42/08/10奥南新報発展策は水に在り
251909/08/10M42/08/10奥南新報百姓の水引争い
261909/09/19M42/09/19奥南新報遊泳中の溺死,馬渕川
271909/10/01M42/10/01奥南新報富町に赤痢発生、廿八富町大字廿三日町  
281909/11/07M42/11/07奥南新報御用酒、広告,盛岡市仙北町木村酒廛
291909/12/07M42/12/07奥南新報水力電気の起業出願、富町木内俊郎外3名
301909/12/07M42/12/07奥南新報八戸と電力事業、
311909/12/13M42/12/13奥南新報井中に糞を投ずる
321910/01/16M43/01/16奥南新報水源涵養林に就いて
481910/01/28M43/01/28奥南新報八戸水電の株式募集
491910/01/28M43/01/28奥南新報八戸水力電気株式会社株式募集広告
471910/02/16M43/02/16奥南新報八戸電燈電力株式会社設立の出願
331910/02/19M43/02/19奥南新報火電会社の創営,火力発電
461910/03/07M43/03/07奥南新報火電事業の進行は確かなり
341910/03/22M43/03/22奥南新報電燈会社の消息(1)
351910/03/25M43/03/25奥南新報電燈会社の消息(2)
451910/05/04M43/05/04奥南新報火電出願の顛末
441910/05/13M43/05/13奥南新報水利組合会議員選挙、姥水門水利組合
361910/05/16M43/05/16奥南新報広告、サイダー 陸奥八戸十三日町近藤文郎五郎
431910/05/16M43/05/16奥南新報清涼飲料水の覇王、凱旋シャンペンサイダー
421910/05/19M43/05/19奥南新報水力電気の認可、木内俊郎,泉山太三郎、鈴木吉十郎、橋本八右江門,北村益等8名
401910/05/25M43/05/25奥南新報水利使用出願、不老倉鉱山鉱業用水力電気新設
411910/06/13M43/06/13奥南新報泥酔女井戸に落ちる
391910/06/16M43/06/16奥南新報広告,新盛湯、薬湯(アルプス鉱泉使用)
371910/06/19M43/06/19奥南新報水電会社の成立
381910/06/19M43/06/19奥南新報発電水力調査の実施
511910/07/04M43/07/04奥南新報広告,サッポロビール
521910/07/07M43/07/07奥南新報水掛けの喧嘩、
531910/07/07M43/07/07奥南新報広告,シトロン、八戸廿三日町石萬商店
541910/07/13M43/07/13奥南新報家庭の栞(3),飲料水に就き
551910/07/16M43/07/16奥南新報家庭の栞(4),飲料水に就き
561910/08/07M43/08/07奥南新報奥南史談拾遺、御前水の事,渡辺馬渕著
571910/08/19M43/08/19奥南新報田部村に赤痢病続発
581910/08/19M43/08/19奥南新報富地方の水害、格別の惨状にあらず
591910/09/04M43/09/04奥南新報水電の起工式是川白蛇久保の水路にて
601910/09/07M43/09/07奥南新報衛生上より見たる建物制限規則
611910/09/07M43/09/07奥南新報富地方の水害、新井田川6尺増水、馬渕川尻内狭量の土抱え破壊し石堂付近田畑浸水
621910/09/13M43/09/13奥南新報郡内水害報告、豊崎村の分、三戸町の分平崎村の分
631910/09/25M43/09/25奥南新報少女溺死、正法寺の掘抜き井戸にて
501910/10/25M43/10/25奥南新報八戸水力電気株式会社株式募集広告
641910/11/10M43/11/10奥南新報川欠修繕願、七崎
651910/11/13M43/11/13奥南新報電燈工事と勧誘
661910/11/22M43/11/22奥南新報新機軸海水力電気説(1)
671910/11/25M43/11/25奥南新報新機軸海水力電気説(2)
761911/01/01M44/01/01奥南新報広告、御用酒、木村仁太郎
771911/01/07M44/01/07奥南新報八戸水力電気株式会社第1回決算報告
781911/02/10M44/02/10奥南新報軽便ポンプの販売、広告
791911/03/07M44/03/07奥南新報各川の水不足
801911/03/19M44/03/19奥南新報カッパの水くらひ、
811911/04/07M44/04/07奥南新報洪水、大洪水
821911/04/10M44/04/10奥南新報郡内水害報告/八戸水電の被害
831911/04/16M44/04/16奥南新報小中野村水害詳報
841911/04/25M44/04/25奥南新報水害復旧工事費
851911/04/25M44/04/25奥南新報二、治水計画
861911/05/04M44/05/04奥南新報浅田村の大火
1851911/05/04M44/05/04八戸新聞銭湯
871911/06/16M44/06/16奥南新報水害復旧工事費
881911/06/28M44/06/28奥南新報水電開業
681911/07/01M44/07/01奥南新報アルプス鉱泉浴場の大修繕
691911/07/01M44/07/01奥南新報水電開業式、鮫石田家において
701911/07/04M44/07/04奥南新報船舶用飲用水容器、
711911/07/19M44/07/19奥南新報東宮行啓に付一般に注意、飲料水は能く煮沸仏したる後にあらざれば用ふぺからず
721911/07/25M44/07/25奥南新報馬渕川増水、住谷橋、小牧橋、尻内橋、大橋流失
731911/08/04M44/08/04奥南新報奥入瀬川、年々の水害修理の必要
741911/09/16M44/09/16奥南新報野辺地帝室林野水道工事
751911/10/19M44/10/19奥南新報暴風雨の被害、少年溺死
891912/02/10M45/02/10奥南新報八戸水電力増加説
901912/02/16M45/02/16奥南新報水利組合会開会
911912/03/04M45/03/04奥南新報熊原川の堤防流失
921912/03/25M45/03/25奥南新報不老倉鉱毒問題
931912/06/07M45/06/07奥南新報大雷雨にて雹降る
941912/06/10M45/06/10奥南新報八戸付近の被害
951912/06/19M45/06/19奥南新報田子村に降雹
961912/07/22M45/07/22奥南新報朝草刈の溺死
971912/07/25M45/07/25奥南新報五戸水電計画説
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-30 04:52
南郷区学童保育の見直し
南郷区は、小学校一年から三年生までを、放課後児童として、学校や集会場で遊ばせている。この指導員への支出行為を調べたが、金銭上の不正は見当たらなかった。
 しかし、南郷区の小学生は285名、低学年は126名、高学年は159名と子どもの数は減る傾向。高学年が保育対象にならない理由は、クラブ活動の実施。全ての子がクラブ活動をするわけでもなかろうに、低学年だけと制限を設けず、高学年の利用もさせるべき。
 低学年だけの利用のため、84名にとどまっている。全体の66%。もっと利用を呼びかけるべきだ。八戸市内だと児童館があり、そこで面倒を見るが、小学校でも実施。子どもが移動しないだけ、安全のような気もするが、児童館の無い南郷区は、この学童保育の拡充が望まれる。区内に四施設、市野沢、島守、鳩田、中野に、指導員が配備され、犾守、宮川、有泉、林崎、清水頭、須藤、元沢らが担当している。一人で担当する保育クラブは、休まなければならない時は、他のクラブから応援が来る仕組みだ。少ない人数でのやりくりだけに、大変は大変だが、学童の健全指導には汗を流してもらいたい。
 南郷には難儀はなかったが、本当は八戸市の学童保育に問題がある。これは、現在調査中、決定的な資料を入手次第公表。
b0183351_6412896.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2009-05-29 06:43
八戸市役所は八十年目で目覚めた
b0183351_18204294.jpg

「やあやあ、珍しや大野典膳よな。十年以前国元において、我が父を討って立ち退きし大悪人。ここであったが百年目、盲亀の浮木、優曇華の花咲き待ち得たるはこの時ぞ、我が父の仇、いざ尋常に勝負、勝負」は敵討ちだ。
庶民の敵は煎じ詰めれば、行政なのだ。それが、横暴だ、権柄尽く(けんぺいずく・政治を行う権力。権勢にまかせて物を言い、また、事を行うこと)では困る。生活保護を受けている人に、弱い立場にいるのを認識した上で、無理、無体なことを押し付けている。
こうしたことを、聞かぬうちはまだしものこと、聞いたからには、武士と生まれた悲しさは、狭い道を拡げて通るが、おのが稼業、庶民の難儀を救うため、「日本救護団」は国・県・地方行政を斬って斬って斬りまくり、生活弱者・障害者及び、高齢者の救護にあたり明るい社会を打ち拓くをスローガンとしている。
 さて、昨年七月、朝七時半から役所前に陣取り、遅刻して来る者を片っ端から写真に記録、勤勉でない者にも支払われる、総額7億5千万円の勤勉手当は不要だと叫んだ。その、証拠にこんなに遅れてくる職員もいると、証明のための写真撮影をしてくれた。あれから一年、とうとう、腰の重い恐竜、八戸シヤクショザウルスも、勤務体制チェックに、タイムカードを導入。36台の機械が各階に置かれた。但し、支所は除かれたが、出先機関には全て設置された。
これは六月一日から稼動する。しかし、取り締まる側があれば、管理される側もあり、される側は遅くなる職員の代打ち作業にいそしむものだ。一回百円とか、五百円などの報酬を伴って。これが発見されれば、次なる防止策を考えておいた。発見次第次の手を公表する。
 したたかな者ども揃いが、八戸市役所職員。だが、門松の下をくぐってきた分、「日本救護団」の悪知恵がまさるゾ。
 市制八十周年にして、市役所もようよう目覚めた。人間なんてのは十五、六で性に目覚めるもんだが、市制は目覚めが遅い。フフンと鼻で笑う。
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-28 06:47
三日町にあった丸光2
b0183351_11311411.jpg
丸光の創始者は佐々木光男、福島県平の出身、二十八歳で仙台へ出る。平で家具商の丸ほんの次男、家業手伝いを十五年経験。
 昭和七年八月、仙台二日町の地に二千九百円を持ち仙台、丸ほんとして立つ。七十七銀行が担保として押さえた荒物商の店、四百坪。場所は良くない。値引きせずの札を家具に貼り付け、十月開店。まあまあの出だし、ところが思うように売れなくなり、仙台工業学校の家具科から卒業生を採用、注文調度家具を製造開始。父親は六十四で逝去、火事を出したことがある。家具屋はシンナーなどを使うため火事を出しやすい。光男も火事を出す、また、同様六十三で死去。
 昭和九年、東一番丁へ進出。合名会社丸ほん家具店と改組、藤崎、三越の出店で賑やかな場所。インテリアデザイン家に映画のセットのような応接間、寝室を造り、それを写真入りチラシとして配布、これがあたった。仙台は軍の町、東北の拠点、官庁街もあり、採用決定となる。戦雲暗く風絶えて、丸ほんは会社合同となり、東北製作所、軍需工場となったのが、昭和十八年。戦争は負けると直感し、昭和二十年七月八日に家具店を土地ぐるみ売却。そして、運命の七月十日、仙台市街は空襲で丸焼け。売買は済んでいたため、危うくセーフ。
 戦後のドサクサ、住む家は焼かれた人々、食うものもロクにない、工場の建設はできない、ブローカーでもやるか、そこへ誤配された郵便物に、陸軍の放出物資あり。金を銀行から借り出して、貨車で仙台に送る。これが大当たり。物があれば売れる時代。統制物資というものがあり、政府が公定値段をつけるが、それで売る者はなく、影にかくれて商品を高値で販売、これが闇物資。経済警察が取り締まるが、乱舞するアブを手で叩くようなもの。取締りきれない。
 製造より販売が面白いと、光男は仙台駅前に出店。昭和二十一年六月、丸光を興す。全商品5%引きの札をつけ、主婦の店を前面に出し、デパートとなる。店売りよりも、外商部門の活躍で、順調に伸びる。昭和三十一年、仙台に55メートルの展望台を持つデパート建設中、出火。五月五日の午後五時半、店内は火に包まれるも死者はなし。こうした苦労をしながら、丸光は拡大路線、ところが、これが憂き目を見る。丸光は合併し、百貨店の時代は過ぎ、スーパーへと移ろう。また、郊外型の浪で、三日町は見る影もない。丸光は何度も店名を変え現在に至る。客数もまばらで、商品も薄い、佐々木は絶頂期に息が絶えた。幸せだったのかもしれない。前号で紹介したように、カネイリは百貨店の地代でヤリクリ。さくら野に家賃を半分にせよと要求され、サア、困った、困った。金持ち、地主の苦しむ時代に突入。三日町の地主の六割が、固定資産税未納だと囁かれる。悪い時代が来たもんだ。
 世の中、沈香も焚たかず屁へもひらず(特によいところもなければ悪いところもなく、平々凡々であることにいう)は無難ではあるが、それでは、折角生まれてきた甲斐もない。悪いは悪いなりに、良いは良いなりに、徹底するから面白い。役所が36億円使って、さくら野の横に建てるものが、吉と出るのか凶となるか、それは誰も知らないが、町に人が出る工夫、公共交通の整備こそが急務、わかっているのか小林市長。
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-27 11:31
鮨のいろいろ 獅子文六
私たちが子供の時(明治時代だが)に、どんな鮨を食ってたかと、考えるのだが、だいぶ今の鮨と、様子がちがってたようである。
 第一、鮨というよりは、一皿の盛り合せを食べた。好みのものだけツマみに行くという風習は、例外だった。ということは、鮨は取り寄せて食べるもので、鮨を食べに行くのは両国の与平鮨のような、立派な店(そんな店は滅多になかった)か、さもなければ、屋台鮨であり、後者は銭湯帰りの職人や店員を得意とし、家庭の人はあまり・立寄らなかった。屋台鮨なんか食べると、コレラになるよと、いわれたものである。
 皿盛りの鮨では、先きにマグロに手が出たが、今のように、トロや中トロはなく、鮮紅色の身どころだった。いい鮨屋ほどトロや中トロを用いず、いい家庭の入ほど、まっ赤なマグロを好んだ。その他にアナゴ、コハダ、ハマグリ、タコ、エピなぞがあり、卵焼きと巻鮨があり、ノリマキがあったが、今の鮨にないものでは、ソボロだろう,白身の魚のソボロを紅で淡く染めたものが、載ってる鮨が、必ず一つ付いてた。しかし、あまりウマいものではなかった。卵焼きだって、今の方が上等であり、タネの種類は少なく、全体の印象は貧弱だった。
 鮨なんてお八つ代りのものであり、女子供の好物ではあっても、高級の食事とは思われていなかった。ところが、大正年間になって、新橋駅の向側に新富ずしという店がタネを吟味し、高価を要求し、評判となった。三井物産あたりの高級社員が、顧客となった。新富ずしは床店であって、屋台鮨ではないにしても、ツケ台の前に立って、好みのものを食べる方式だから、紳士にあるまじき振舞いだが、それを食通として喜ぶ風を生じた。
 大正時代というのは、ちょっとおかしな時代で、下関のフグを東京人が食い始めたのも、その頃である。庶民の小料理屋だった日本橋「花村」なぞへ、紳士淑女が行くようになったのもその頃である。上層の人というのは、明治時代は賀素だったが、あの頃から食いしん坊になったのだろう。衣服だって、どんな人もキンシャ、チリメンというものを着るようになった、物価騰貴が始まったのに、人々はゼイタクになった。そして末期に大地震が趙きたものだから、渋沢栄一なんて人は、これを天譴(てんけん・天罰)と呼んだ。東京人がゼイタクになった罰だと、いうのである,すると昭和元禄は、規模が百倍してるから、天譴も百倍と、覚悟すべきだろう。
 問題を鮨に限っていうのだが、新富ずしに端を発したゼイタク鮨は、一般には展(ひろ)がらなかったようである。何といったって、鮨という食物に対する観念があり、いくらウマくたって、バカな値段を払う人は少なかったのだろう。
 ゼイタク鮨が、俄然、銀座で芽を吹き出しだのは、戦後のことであり、その間、長い年月が経ってる。人心はまったく変り、鮨に対する観念も、昨日のものとなり、ウマいものなら、いくら高くてもいいではないか、ということになった。
 それも一理あり、ウマい鮨を食うために、一人一万円を投じるのを責める要はない。こんなに物価が上ってるのだから、ウマいものが高くなるのは、仕方がない。しかし、高いものを食って、自慢にするというのは、食いしん坊の道ではない。銀座のゼイタク鮨へ行くと、ずいぶんイヤな客がいる。高いものを良ってる意識を、鼻にブラ下げてる。そういう客には、ウマい鮨を良わせるより、鮨に商札をつけてやったら、満足するだろう。五百円なんて商札を貼りつけたマグロの鮨はさぞウマいことだろう。
 私はケチであり、且つ鮨に対する観念も、古いものだから、一良一万円払う勇気はないが、酒とツマミモノを入れて二、三千円、鮨だけだったら千円というところで、妥協点を見出してる。
 そして幸いにして、私はマグロを食わなくては、鮨を食った気がしないという鮨好きではない.ことに老来(ろうらい・歳をとってこのかた)、マグロは絶対のものではなくなった。また、オドリなんてものも、ちっともうれしくない、むしろ、邪道だと、思ってる。生ウニたとか、イクラなんて、戦後の鮨ダネは、皆きらい。マグロとオドリを食わなければ、値段は知れてる。
 そんなものよりも、コハダだの、アジの方がいい。アジの鮨なんて、季節の時には、ほんとにウマいと思うし、鮨らしい昧がする。煮たものならアナゴ、生のものだったら、カンパチでも、シマアジでもいい。貝なら、ミルでも食ってればいい。その上、カンピョウのノリマキというものがある。テッカなんてものを、食うことはない。
 それだけ食えば、私は満足.そして、それくらいのタネで、本当に良わせる家は、ゼイタク鮨でなくても、東京に数軒ある。
 そして、最近、人に教えられて、日本橋のある店へ行ったら、ずいぶんわが意を得る鮨を食わせた。
 この店はひどくふるくて、イスが四つしかない。貧弱なツケ台の向うで、あまり清潔でないカッボウ着をきた爺さんが鮨を握ってくれる。婆さんが、お茶をついでくれる。雇人は一人もいない。もっとも、雇い人を置いても、立ち働く空間がないのである。
 最初に、アジの鮨を食った。これが滅法ウマかった。普通のアジの鮨とちがい、一疋のまま使うのだが、といって姿鮨というわけでもない。飯を巻くようにして出す。季節でもあったが、いいアジで締め工合もまことに好適。近来のウマいアジ鮨だった。
 私はアジの鮨が好きで、そればかり食っても、満足する。小田原に一軒、アジをウマく食わせる鮨屋があるが、その店へ行くと、他のものは食べない。アジだのコハダだのというものは、最も鮨に適してるので、あれが鮨の本来の昧だと思う。でも、高く売れない材料なので、普通、あまり吟味してくれない,その料簡はよくない。
 次ぎに、アナゴを食ったが、これまた結構だった。
 「ウマいね」
 というと、愛想ッ気のないオヤジが、そのアナゴの味のように、とろけそうな笑顔を見せた。そういえば、この爺さんが鮨を握って、ツケ台の上へ列べた時には、何か決然たる態度を示す。さア食って下さいと、いいたいのか、そして、ほめられると、よほどうれしいのか。私を紹介してくれた友人の話では、自信のある材料をほめられた時には、泣くことがあるという。少しモウロクしているのだろうが、そんな心がけの職人も、まだ、東京に生きてるのである。
 さて、それから何を食おうかと思ったか、他にはカツオとヒラメしかないという。そして、特にすすめる様子もないので、では、ノリマキをくれといったら、爺さんひどく喜んだ。何でも、江州のナントカという土地のカンピョウを使ってるのたそうで、栃木ものなんかしようがないという。
 このノリマキが、ウマかった。一枚のノリの半分で巻いた、細長いノリマキだが、つまんで食べるのに工合よく、ノリもよく、カンピョウの香がほのかで、ウマく食った。
 結局、私は二種の鮨しか食わず、それで、充分だと思った。無論、三つだけ食ったのでなく、二種を十個ぐらい食ったのだが、気持よく食べ了えた。
 というのも、私はこの店の営業法が気に入ったからだろう。この日のタネは五、六種で、しかも、マグロはなかった。いいマグロは高くて、買い切れないから、置かないという。バカ値のタネは、使わないが、普通の品物で、その日のいいタネはあるから、それを数種そろえるのだという。
 爺さんは今年七十になり、十四の時に鮨屋に奉公に出されたという。長い商売だから、魚にはよほど眼がきくらしい。毎朝六時に、自転車に乗って、河岸へ買い出しに行く。そして、自分の気に入った材料で、程よい本場のものを、仕入れてくるという。バカ値のものには、決して、手を出さない。本マグロがバカ高い時でも、カジキやキハダで、ウマい鮨がつくれるという。
 爺さんは、バカ値の鮨を、売りたくないらしい。それは中年や若い職人とちがって、鮨の身分というものを、よく知ってるからだろう。鮨なんてものに、バカな金を払わしてはならないという、昔の考えを持ち続けてるのだろう.そんなムリをしなくても、ウマい鮨を食べさせ得る自信も、持ってるのだろう。
 こういう鮨屋が、まだ、東京に残ってることは、心強い。しかしこの店を、ほめてばかりいるわけではない。爺さんは、洒を注文する客に、いやな顔をする。鮨を食ってくれという気らしい。私は一合だけ、お許しを願ったが、飲酒家は不満だろう。それから、爺さん婆さんの二人きりのせいか、どうも、店の中が不潔である。包丁を漬ける桶の水は、もっと何度も取りかえた方がいいと思う。爺さんのカッポウ着も、シミだらけである。
 しかし、そんなことも私の眼には、瑕瑾(かきん・玉にキズ)としか映らない、だから、その内、また行く気でいる。
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-27 05:20
八戸の中国残留孤児4
昨年度、国から残留孤児に手当てが出た。この手当てを貰っている人がいるかを調べた。昨年の四月だった。是川団地に中国人がいるという噂で探した。桜花のそろそろと散り初める頃だった。
 役所は個人情報だから教えないという。そう言われると力むのが「日本救護団」の特性。聞かぬうちはまだしものこと、聞いたからには、武士と生まれた悲しさは、狭い道を拡げて通るが、おのが稼業、庶民の難儀を救うためと、この時も探しに探した。
 すると小さくひからびたような老女を発見。団地の三階に居住しておられた。江渡美保子さんたちと共に中国に渡られた。そして敗戦、言うに言えない辛酸を嘗め、中国人と結婚。そして、子らを連れて帰国。
 いままでは生活保護の月額八万円、それに孤児手当てが七万円つく。その手続きがどうなっているかと相談を受けた。役所からくる手紙が読めないという。こちとら、中国語が不自由ときてるから、靴の底を掻いているようなもの。老女と共に役所に出向いた。窓口の女性に書類を確認してもらい、不備はなかったことが判明。それから毎週土曜日になると、障害者施設の売店で売れ残った野菜を貰い届けた。老女は喜んでくれ、同様な境遇で団地に居住する残留孤児二世、三世にも野菜を配った。
 老女は三階まで上がれずに、途中で息がきれて一休みだ。それをみかねて役所にかけあった。半分脅したが正解か。結果、一階を配慮してくれた。ところが、老女はそれを拒んだ。
 息がきれて、確かに苦労だが、何時まで是川に居るかわからないという。倅は中国語しか喋れず、八戸で仕事をみつけられない。知人を頼って、岐阜に産廃処理の仕事を得て、嫁やこどもたちと移転した。今回の孤児手当てが出たので、岐阜に行ってきたい。向こうで苦労しているらしいので、相談してくるから、一階への移転はそれからにしたい、と、言った。「日本救護団」の勇み足になった。いつしか、桜木は青々とした葉を繁らせていた。
 毎土曜日に米や野菜を届けたが、来週からはいらないと断られた。夏の日差しが始まるころだった。毎日新聞の女性記者に、敗戦記念日に、老女を特集するようにと告げた。それほど、この老女の苦難は大きかった。老女は岐阜に行くと言う。ポケットを探したら二千円あった。それを弁当代にしなと押し付けた。金のない「日本救護団」は辛さを感じた。
 老女は帰ってきたら必ず電話をすると「日本救護団」に告げた。連絡はなかった。情報開示で住宅課を呼んで、色々と町づくり会社を調べた。そのとき、係員が老女が岐阜に移転したと教えた。団地の家賃は天引きで取られていた。
 ひからびて小さな幸せ薄い老女が、突然、目の前に現れた。それも役所の職員の言葉で。移転先を聞き、封筒を貰い、ポケットを探すと五千円あった。それを包んで役所の郵便ポストに入れた。金のないのが、又も侘しかった。
 忘れた頃、老女から電話があった。無沙汰を詫び、三月末に八戸を引き払った。時間がなく逢えなくてすまない。息子が死んだ。中国人の嫁と孫が食えないので、私が岐阜に住んで、生活保護と孤児手当てで食って行く。親切にしてくれてありがとう。忘れない。
 苦労する。なんで、このひからびた老女から苦労が離れないのか。杖とも柱とも思う息子に先立たれた。孤児手当てが出たので、息子夫婦たちとも会えた、が、死別だ。老女が共に住まないと、生活が立たないのだ。困ったら電話しろ、借金質に置いてもなんとかするからと、電話で叫んだ。貧乏が身にしみた。助けたくとも、こちらも同様だ。が、金はあるところにしかない。政府に力がなければ、「日本救護団」が金を集めて弱者を救う。
 聞かぬうちはまだしものこと、聞いたからには、武士と生まれた悲しさは、狭い道を拡げて通るが、おのが稼業、庶民の難儀を救うため、ここに、旗揚げだ。そして大地に力んで立つ。弱いものを救うためにだ。頭白髪でヨレヨレの、高齢者ジジイに成り果てても、人の情けを知るジジイだ。
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-26 07:55
八戸の中国残留孤児3
b0183351_6524532.jpg
五戸開拓団、安らかに
満州荒野・死の旅の記録
遺族会が殉難碑建立
デーリー東北新聞昭和三十八年九月十四日
白樺の丘人影なし
襲う暴民、絶望に子を捨てる親
生存者、一割の二十六人だけ
終戦の年八月、異国は遠い満州の丘に望郷の夢かなわぬまま命を落とした妻と愛児、そして友人の「花なき墓標」を慰める殉難碑が五戸郷開拓遺族会の手で五戸町神明宮境内に建立された。これは国策に従い、満州に乗り込んだ大青森郷開拓団が、ソ連との開戦で荒野に流浪すること七十余日、その死の記録である。
 五戸町切谷内の川崎文三郎さん(四九)を団長とする二百三人(家族とも)が五戸郷開拓団として旧満州国黒河省遊河県双河鎮地区に入植したのは第二次大戦さなかの十八年五月。黒龍江の前方にソ連を控えたところで、本県各地から他に入植者があり、合わせて三百五十戸、四百七十人の大青森県郷だった。五戸郷開拓団は五戸をはじめとして八戸市、田子町、名川町、福地村、青森市、十和田町から集まった人たちで組織されたが五戸地方の人が大部分で時の五戸町長川崎七五郎氏が主唱し、なり手のなかった団長に女婿(じょせい・むすめむこ)の文三郎氏を選んだ。開拓団は希望を持ち原野を開拓し平和を築いたが、戦局は風雲を告げ、悲劇の日が意外に早く訪れた。二十年八月六日、この日降った雨は八日朝まで続き、ソンピラ河は七十年来の洪水となった。
 二月以来団にも続々召集令が舞い込み、川崎総合団長はじめ青壮年の戸主はほとんど応召し、幹部七人と婦女子ばかりが残されている状態。洪水による交通遮断と日ソ開戦の報は身震いにする思い。国境第一線の開拓団とあってソ連の侵攻も間近と予想されたため、無理を承知で南方三百里の北安まで徒歩避難を開始。
 十三日夜、着の身着のまま、まず三州義勇開拓団に足を向けたが、すでに満人に荒らされ惨憺たるありさま、しかも前方にソ連軍騎馬隊がいることをオロチョン族から聞き前途への不安はつのるばかり。このため五道林をあきらめ、方向を千古の密林に求める。湿地帯を進むこと四、五日、膚を刺す水、胸まである泥にみな極度に疲労した。七日目に丘に出たが最も恐れていた雨が降ってきた。雨具のない一行はぬれねずみ。夜は草を集めてその上に寝るが寒さでふるえが止まらない。食糧も不足、馬を殺して分けたが大人数で指先ほどしか当たらない。栄養失調、疲労、水虫、湿疹、胃腸病が続出し痛さにたえかねて泣く子供の声でみなが悩まされた。
 二十日も旅が続くと食糧は無くなり、草の根、木の皮と何でも食べた。大切にしてきた食塩が雨で溶けて流れた。婦女子の中に絶望のあまり子供を殺す者も出た。路傍に倒れて死亡する者、このままでは全滅。
 食糧を確保するために先発隊を出す。病人、幼児など百六人を高原に残し前進。残留者には十日間の食糧を残す。白樺の小屋を造る。夫と妻、子がここで別れた。九月三日で木々は色づいていた。これが永遠の別れとなった。迎えはとうとう来なかった。
先発隊は樹海を沼地をさまよい人家を探すも見あたらず、最後の馬肉を配る。ひろびろとした裾野に入ると脱落者が続出し、自分一人歩くのが精一杯。子供は生きたまま捨てられた。
 十月十一日、匪賊の襲撃をのがれ四海店にたどりつくが暴民に囲まれ筆舌に尽くしがたい暴行を受ける。どうにか交渉がまとまり二十四日ハルピン向け列車に乗車、七十五日の苦難の旅に別れを告げた。五戸郷二百三人のうち生還者はわずか二十六人。
 応召していた川崎団長は新京でこの話を聞いた。調査に乗り出したが白樺の丘に残された百六人の姿はなかった。
 殉難碑の除幕式はこのほど遺族二百余人が集まってしめやかに行われた。碑に刻まれた苦難の記録は生々しい。白樺の墓標に代わるこの碑に十八年ぶりに花を添える川崎さんら遺族は、肉親、友人の苦難に思い出の涙を新たにした。
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-25 06:53
八戸の中国残留孤児2
b0183351_8155974.jpg
ようよう涙もとまり、誘われるままに美保子さん、妹の案内する家に行けば、妹は八路軍の将校と結婚、弟もその家で生活。
 美保子さんとはぐれ、弟をかばいながら道ばたで泣いていると、付近の影絵を巡回して見せて歩く、つまり日本なら香具師、の夫婦が子供が無く引き取って育ててくれた。そのうちに軍の将校から結婚の申し出で、弟連れでいいならと承諾し、いつか姉さんに逢えるからと弟をなだめ、妹もいつも必ず日課のように姉とはぐれた通りを歩く。今日もそのようにはぐれた場所を歩くと、夢にも忘れぬ姉の声、よもやと思い小走り、ああ、この日を待ってた。待ってました。コウアンレイの山の中から苦労に苦労を重ねてハイロンまでたどりつき、中国内戦に巻き込まれ、姉と妹たちは離ればなれ、姉さんは私たちのこと捨てたんじゃない、きっときっと逢いに来てくれると毎夜のごとくに弟に言い聞かせたことだった。
 夕方になり働きに出た弟も戻り、涙ながらの再会を喜びその夜はそこで姉妹と弟がひさしぶりの笑顔の宴。実に実に楽は苦の種、苦は楽の種。生きてるってことは捨てたもんじゃありません。
 それから美保子さんは子供二人にめぐまれ、妹夫婦も生活安定、だが、残留日本人の最後の船が出ることを聞いて、美保子さんは弟を帰国させる決心。妹さんは今の生活に満足していると帰国を望まない。しかし、美保子さんは自分の子供にはしっかりした教育を身につけさせたい、それは日本以外にその場はない、いつか私も日本の土を必ず踏むと決意。
 最後の引き揚げ船で弟は日本に渡った。そして京都で染色の仕事に汗を流し、一流の職人になられた。美保子さんも帰国の機会をうかがい、昭和四十一年にようよう単身で日本の土を踏んだ。
 そして故郷五戸の町でギョウザとラーメンの小さな店を出した。朝から晩まで働いた。中国にいる子供たちを日本に呼び寄せたいと必死で頑張った。お客さんもボツボツ増え、うまいラーメンの店の評判が立つ。麺は手作りギョウザの皮も自分でこね腕は男のように太くなった。店が軌道に乗ると、子供達を呼び寄せようと、必死に手紙を亭主に送る。ところが亭主がウンと言わない。
 美保子さんが中国を脱出した年に文化大革命が勃発し、混乱、混乱、大混乱で学校も閉鎖、子供達に教育を受けさせたいの気持ちは更に増す。何度も何度も亭主に手紙を送った。
子供たちに教育を受けさせましょう、子供たちが一人前になれば父親に老後の心配はさせないことでしょう。あなたはその教えを子供達にしつけました。私と貴方は縁があって結婚しましたが、もとは他人です。でも二人の立派な倅たちとは貴方は血が繋がる親子なんです。そうした子供が親を見捨てることなどがありましょうや。
 この手紙に亭主は納得し、順々に倅を日本に送 り出した。五戸に子供を引き取り、ラーメン店も順調な成績、ここで美保子さんは子供達の国籍を日本にするべく努力。一筋縄で国籍は変えられないが、変えない以上、日本に留まることはできない。土壇場の知恵で中国国籍を抜くと、亭主から裁判をおこされる。でも二人の倅も必死の努力で働きぬいて、父親に欠かさず仕送り続ける。兄は大学に進学し貿易会社で通訳、今も上海で活躍中。弟が健次さん。自動車の整備士の免許も日本で取得する苦労人。母親のラーメン店を引き継ぎ、それを拡大し中国料理店にした。嫁さんも貰い三人の子供に恵まれる。長男は名門、東天紅で修行中。十和田にも店を開き美味な店だと市民から絶大な支持を得ています。今は美保子さんも引退し嫁の清子さんの働きを頼もしいと見つめる日々。時折訪ねてくる友達と昔話をするのが唯一の楽しみです。中国と日本のはざまで苦労を重ねた美保子さん、いつまでも元気でいてネ。立派な倅夫婦は貴女の、いや、江渡一族の誇りです。
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-24 05:19
八戸の中国残留孤児
b0183351_8154516.jpg日本国にだまされ、王道楽土、楽園が中国にあると、各県が開拓団を編成し、他国へ入り込んだ。家族で移住したのは二万人。ここで土を耕したが、移住したのは農家の二、三男。日本にいては耕す土地を相続できない悩みがあった。これら青年二十万人が市町村の吏員の熱心な勧めで渡った。
 無謀な日本軍部の領地拡大策に国が乗せられた。このあたりは司馬遼太郎などの話に詳しいが、市民は役所が勧めるのだから、間違いもなかろうと信じた。信じたものが馬鹿だった。だが、役所の職員、顔なじみが嘘を言うとは思わない。役人もまさか国が負けるとは思わなかったというだろうが、薄々は気付いていた。
 それはともかく、青森県も開拓団を編成し、黒竜江省に移住。敗戦、命からがらの逃避行。その話を「はちのへ今昔」に載せたことがある。五戸ハルピン中華料理店を開いた、江渡美保子が、その人。それを少々紹介。
昔、中国東北部は日本が占領し満州帝国をブチ建てた。台湾、朝鮮を属国として日本語を強制的に教え、日本名に変えさせた。金は金田、金山などと。小泉首相が靖国神社参拝し、物議をかもすが人間の恨みつらみは何かをはけ口に求めるもの。怨讐(おんしゅう・うらみ、かたきとすること。えんしゅうともいう)は六十年たっても消えない。美保子さんにとっても、あの満州での様々なことがらが、いまだに心から消えることはない。しかし、美保子さんは生きる努力、生きて日本に帰る心のともしびを消すことはなかった。そして、無事に日本の土を踏むのだが、ここで我々が彼女から頂くことは、「人間はどんな悲惨な、そして過酷な状況下にあっても、決してあきらめるな、くじけるな」ということだ。景気が悪い、仕事がないとやけ酒呑んで自殺する者がいる。青森県は自殺者が東北で二番。この美保子さんの苦労に比べれば、なんぼか楽なことか。幼い姉妹、そして弟の三人が異境の満州の地で、必死に日本に逃げ帰る開拓団の尻について鉄道の線路に出ようとソ連国境から歩きだすが、老幼は足手まとい。次第にその列から置き去りにされ、迷ったあげくにハイロンの町中、共産党の八路軍と国民党との市街戦の中にさまよい出る。三人でようよう中国人の情けにすがりながらここまで来たが、後ろを見ると妹、弟がいない。美保子さんは十三歳、妹、弟は中国語もロクに喋れない。どうしようと弾が飛び交う路上で、必死に妹、弟の名を呼ぶ。頭上をかすめる弾、首をすくめては大声で名を呼ぶ。そんな日本人少女を見かねて中国人の女性が物陰に連れて行く。
 泣きじゃくる美保子さんをなだめ、「今、大通りでウロウロすれば鉄砲のタマの餌食になる。ともかく様子を見ることが大事、マア、私を信じてついてきなさい」と、連れて行ってくれたのが慈善事業をする奉仕団体。どこかの宗教が営んでいたのかも知れない。腹をすかした美保子さんに暖かい物を食べさせてくれ、フトンを敷いて休むように言う。しかし、美保子さんは心配で心配で眠るどころではない。
 父は軍隊にとられ、母と末の妹は服毒自殺、それからここまで来る様々な出来事が頭の中を駆けめぐるが、いつの間にか寝込んでしまう。
翌日からはどんな子供でも働かなければ食べさせないと、美保子さんを仕事に連れ出す係員。日本人が命からがら逃げ出した。その空き家から持ち出した日本人の着物の整理。中国人には捨てていった着物、日本人には持ち出せなかった着物と立場が代われば解釈も変わる。
 当時は大陸の花嫁などと、県や市町村におだてられ、だまされて精一杯の晴れ着を身につけ、大陸へと渡った人々。
 大坂証券所で場立ちをしていた証券マンは、証券取引所は閉鎖され、満州開拓団に追い込まれる。行くことを拒否すれば非国民。農業なんてしたことない。相場しか知らない人間、満州の寒さで凍えながら飢え死に寸前。でも国策で、ラジオに出される。満州放送が日本に録音盤を送ってきた。それを国策放送のNHKが全国放送。
「私は大坂証券所で場立ちをしていた○○です。今、満蒙開拓団の一員として黒龍江の近くで鍬を握ってがんばっています…」その放送後しばらくして死んだ。過労がもとだ。政府は嘘ばかりついて国民を苦しめた。命からがら満州を脱出し、途中で多くの老幼を亡くした。金や物をなくすは許せる。我が子、我が父を足手まといと捨てなければならなかった者の苦衷を知らない。知っていても放置したんだ。毎年、中国残留孤児が父を母を兄弟を捜し求めて日本に来る。寄る年波、父母は死に兄弟も年老いた。この人たちの苦衷を政府は投げ捨て、救済を放棄したのを、生きる限り日本人は忘れてはならない。
 生還しても無一物、何の補償も救済もなく、焼け跡の東京で、大坂で筆舌に現しにくいことをしながら耐えて耐えぬいた。たしかに日本政府も辛かったろう。だが、何も知らぬ大衆を満州に追い込み、それに援助救済の手をさしのべなかったのを忘れるな。役所は自分たちの成績になるなら、庶民を平気で陽気にだましつづけるのだ。それが役人の本性なのだ。今でも同じだぞ。役人はずる人と置き換えて読め。
 美保子さんの苦労はこの日から始まった。中国人の中で十三歳の少女がたった一人ぼっちで生きて行かなければならない。日本人の置き去りにした衣類が倉庫に山、明けても暮れても、それらをたたんで男女別に仕分ける作業。
 そこで十三歳の少女に機転、倉庫に入る前は薄着で行き、帰りにはそこらのめぼしい着物を着て出てくる。収容してもらった宗教団体の施設では死なない程度の食糧しか出ない。それはそうだ、今まで散々威張っていた日本人、戦争に負けてコソコソ逃げ帰った。いくら日本から出てきて、そこらに橋をかけたり発電所造っても、逃げる日本人持って帰れないとさげすみ笑った。その日本人の娘に誰が腹一杯食事を与えるものか。
 ところが人間、追い詰められると知恵が出る。着て出た着物を売り飛ばした。皆、中華饅頭になって美保子さんの腹に収まった。それで元気が体に充満。不思議なものは人生の機微(きび・容易には察せられない微妙な事情・おもむき)。元気が充満すると気力もわく。整理する着物の中から、今日はこれを着て、また売り飛ばして饅頭を買おうと、外に出ると何となくいつもと違う。襟が妙にトゲトゲする。物陰に入り込んで襟をほどいてみると、なんと百円以上の紙幣が縫い込んであった。百円ありゃ家が一軒建つ時代。苦労の末の日本娘に中国の神様が片目つむってくれた銭。
 拾った金は交番に届けろは日本の法律。大日本帝国は瓦解し孤児の美保子さんを助ける手だてはまったくない。自分の身は自分以外に守る手段がありません。その金が美保子さんに心の安定を与えると、世の中不思議じゃありませんか。
 裕福な中国人の家庭で子守をほしがっているから、お前行けと収容所からお払い箱。子守に行ったのが運命の分かれ道。人間どうなるのか一寸先は闇か、バラ色か、捨てる神ありゃ拾う神、ともかくその裕福な中国人の家に行った。そこは大の親日家、倅は東京大学に留学中、国民党の一派で日本語は流暢(りゅうちょう・ぺらぺら)。親切にしてくれて、やれ有難いと毎日子守に精を出すが、それもつかの間の幸せで、運命の波に翻弄される木の葉舟のごとくに次なる問題が発生する。
 共産党=毛沢東の八路軍と国民党=蒋介石の一派とが大通りを挟んで銃撃戦、その間に八路軍は国民党支持の金持ちの家を急襲し略奪の限りを尽くす。島国日本では幕末の天狗党が商家を襲って軍資金を集めたが、内戦となると同じ国民にひどい目にあうのもけしからん。相手が日本なら殲滅(せんめつ・皆殺しにして滅ぼすこと)も可能だが、同じ国民だと言葉が通じる分始末が悪い。
その家の主人が八路軍に連行され、取り調べを受けてる最中、兵隊が家捜し、蔵の長持を壊し初め、底に敷いて隠した金銀財宝を略奪される。かくなることを想定していたその家の家族は、かねての打ち合わせでハルピンの親類頼って家を捨てる。日本人の子守娘も連れていこうと、一家はハルピン、ハルピンへとはるばる脱出。
 ハルピンで暮らすうちに国民党は敗北し台湾に行く。月日が流れて華の十七、女の盛り。人の世話で林業は製材所で働く屈強な若者と結婚。日本人だからと差別をするでもなく、二人の暮らしは楽しく過ぎる。心がおだやかになれば気になるのはハイロンの町で生き別れになった妹と弟。さてどうしているのやらと思えば気もそぞろ。そんな女房のそぶりを知って、「気の済むまで探したらいい」優しい言葉に甘えて三百キロも離れたハイロンへの汽車の旅。
どこでどうしているのやら、気がつきゃリックの後ろの小さな手、いつのまにやら見えなくなって、それがそれきり生き別れ、達者でいれば妹は十六、弟は果たして無事でいるのやらと、思えば目頭熱くなり、膝にはポタポタ涙の跡。傍の人が笑おうと泣こうと美保子さんは少しも気にせず、早く汽車よ走っておくれ、優しい亭主の言葉のままに、なんとか逢いたい、めぐりあいたい、でも死んでいるやら無事なやら、心は遠く飛んで行く。そのころの汽車、六時間もかかったそうだ。
 さて、こうした時、人間のとる行動は別れた場所へと走るもの。日本が負けて四年が過ぎて、世の中も少しづつは落ち着いて、いつものような平和な街角。この大通りで銃撃戦、ここで気づいたら妹たちがいなかったんです。どなたか知りませんか、私の妹、弟たちを、髪ふりみだして必死に通る人やら店の人、声を励まし皆さん教えてください。日本人の子供、女の子と男の子、二人で逃げたはずなんです、私の後ろについて、ここの角で見えなくなったんです。泣きそうになるのを必死にこらえ、声の限りに探して歩く。
 山椒大夫の「安寿恋しやホーヤレホ、厨子王恋しやホーヤレホ」離ればなれになった母と子の話のごとくに美保子さんは半狂乱。今探さなければ二度と探せる時はこないと思えば、そりゃあもう真剣。その壮絶なまでの気迫に中国人も同じ人間、そういえば日本人があそこにもここにも住んでいると教える人も。
 ところが、その美保子さんの声を聞いて走って来る人影あり。それが妹、「姉さん、姉さんー」
の声聞いて後ろを見れば夢にまで見た妹の姿。二人の日本人娘が、中国東北部、ハイロンの街頭でヒシと抱き合い涙にくれた。周りの中国人も思わずもらい泣き。人情に国境なんぞありゃしません。
 続
[PR]
by jpn-kd | 2009-05-23 08:16


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ