カテゴリ:行政ネタ( 670 )
ペテン師 八戸消防団長兼市会議員大館恒夫
消防団長大館恒夫が昨年五月、消防団員による寄付金強要をやめるべく指令を出した
ために、消防団運営費の捻出に苦慮
そこで団員の手当を総額で200万円増加
消防団員1350人個々にその手当が振り込まれる
その送金料は青森銀行が無料実施
ところがこの金は分団長が再徴収し団運営に使用する
これでも不足だと八戸市役所防災にかけあった
そこで地域交流のような形で支援できないかと考察中とのこと
金額的には200万程度の模様
これを増額するには、消防団長の要請要求が必要と、消防団長に面会を求めた
すると、大館恒夫は5月15日から23日視察に出ているため面会はできないと言う
そこで、議会事務局に確認すると、5月15日から18日まで視察の届けは出ている
5月19日は協議会があり、全議員が参加する
この協議会は午前中に終了
消防団は団長ばかりで機能する訳ではない
そこで副団長に面談
すると、松田副団長(副団長は6人いる)から、カネなんて欲しくない、カネなんぞ貰わずとも我々は責務を果たすと立派な見識だ
カネがいらない消防団にカネを願って歩く必要は無い
ために、
この消防団組織奨励金の話はやめだ
足並みがそろうまで、また、ペテン師大館恒夫が消防団長をやめるまでは、この話はしない
もっとも、そこまで生きているかの小川の都合もある
しかし、大館恒夫消防団長殿、嘘つきペテン師香具師、野師、詐欺師に仕事師、地面師、などと呼ばわれぬよう注意注意、もう貴殿とは話しもしたくない。


by jpn-kd | 2017-05-26 07:02 | 行政ネタ
緊急暴露 田名部組補助金法律違反 長崎や跡地を戸田建設に月額12万で貸したのが違反

かねてからよからぬ企みをし、建つ建つとかけ声ばかりの田名部組、そこへ隣接の地にホテル建設、戸田組が貸して欲しい、資材を置き始めるが、図々しい田名部組は市役所の問いに短期ですからとしらばっくれた。

ここで散々煮え湯を飲まされた市役所は、眉に唾をつけなければならぬが、もとより、やる気のない金魚鉢の金魚ならぬ市役所職員、荒波をくぐり、生き馬の眼を抜く商人には、赤子の手をひねるがごとくに口先だけで、いいくるめられた。

ところが、日本救護団の小川、6月3日までの命、その先は見通し建たずで、八戸によろよろ出てきた、まるで市議の大館恒夫とそっくり。

そこで、三日町の角に立ち驚嘆。

大型クレーン二基が大活躍。

建たない田名部組のビルが補助金を得て更地になったを勿怪の幸いとばかり、戸田建設の申し出でを快諾、おのおの契約書を交わし、月額12万円で貸した。

ところが八戸市補助金規則の19条には貸す、売る、担保に入れてはならないと規定。

田名部組明確な違反。

すると、黙って猫ばばを決めこもうとした田名部組に市役所が王手、その金は田名部組のものではない、国に返納するか市にするかは今後決める。

ともかく、貸して得たカネは田名部組のものではないと口頭で伝達。

追って文書が出て、田名部組の着服したカネはアサリ、ハマグリが水に入れられ、一晩おけば砂を吐き出すにも似て、あわれ、市役所にとぼけてぽっぽを決め込もうとした目論見は見事、棺桶に両足を突っ込んだ小川に待ったをかけられた。

死に損ないジジイの力、おそるべし。

また市役所の町づくり文化も汚い、癌研の抗がん剤の副作用で天井をみるばかりの、死に損ないでも分かるように、毎日市役所に通いながら、それに気づかぬは情けない。

部長が原田だけに気にしているのは腹だ? 

上を見て歩け、誰の目にもクレーンは見える、町づくり文化の職員に見えないのは、田名部組からいくらか貰って黙認か?

それが役人のすることか!

逮捕は免れぬ案件、日常生活の繰り返しが、実はとんでもないターニングポイント、これをヒチコックシーンという、町づくり文化の職員逮捕などとならぬよう、もっとも、そうなれば面白い。まさかに、愚脳市長小林が黙認したなどはないだろうて。

いや、それもありか?

補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律

(財産の処分の制限)

第二十二条  補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した政令で定める財産を、各省各庁の長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。ただし、政令で定める場合は、この限りでない。

○八戸市補助金等の交付に関する規則

19 補助事業者等は、補助事業等により取得し、又は効用の増加した次の各号に掲げる財産を、市長の承認を受けないで、補助金等の交付の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供してはならない。ただし、補助事業者等が補助金等の全部に相当する金額を市に納付した場合又は補助金等の交付の目的及び当該財産の耐用年数を勘案して市長が定める期間を経過した場合は、この限りでない。



by jpn-kd | 2017-05-24 01:43 | 行政ネタ
町の噂 美人過ぎる市議藤川2月19日入籍


町の噂

藤川とうとう結婚だ!

気になる相手は五戸町の弁護士とか

日陰の花も時が来りゃ咲く

まして、

いろいろと話題豊富な藤川、桃色の花だか藤色かは知らねども、これまた立派にお咲きだよ

がっかりする奴もいるだろうが、女三十も過ぎれば目尻の皺は隠せない

慶賀、慶賀


by jpn-kd | 2017-05-16 15:12 | 行政ネタ
緊急NEWS 建たない田名部組のビル MS業者マリモ受けるか?2

愚脳市長小林が田名部智之を面倒みようと、男気を出し田名部組の子会社の八日町プロジェクトに補助金交付
これが曲者、補助金対象は弱小、かつ経験ゼロの個人であろうが、企業であろうが一切お構いなし
ために、頓挫
もとより、田名部智之には建築する気がなく、解体費用を取り込むことが第一義
ために、建たない状態が継続し、愚脳市長小林の
①ハサップ
②八日町PJ田名部組の建たないビル
③保健所担当職員の部下殺し
④官営本屋赤字垂れ流し
の四重苦の一つが解消しそうだ
それは広島のMS業者マリモに田名部組がどう粉をかけたのか、20年前払い地代一億円を呑みそう
今月末にマリモと田名部組が契約を結べば
工事着工は来年度、つまり2018年四月以降だ
残る三重苦の保健所担当職員部下殺しは愚脳市長小林は責任を負わなければならない


by jpn-kd | 2017-05-13 05:52 | 行政ネタ
緊急NEWS 建たない田名部組のビル MS業者マリモ受けるか?

連休明けに図面を出したいといったマリモ
出そうで出ないはババアの月経だとたかをくくっていたが、ババアに回春が来たようで、メンスがチョロリだ

5月10日、マリモが八戸市役所を訪れ
一階と二階上の概略図を提出
まだメンスかなと思う程度で、田名部組との契約は今月末予定
契約になれば、着工は来年度だと

本格メンスは今月末まで判らない
まだ、新年度に入ったばかりだ、気の長い話だよ

それにつけても、

ババアに春がくりゃ、田名部組も一息つけるか?




by jpn-kd | 2017-05-12 13:59 | 行政ネタ
八戸市職員企画力不足、愚脳市長小林はただ無駄飯を食い、職員は汗を流さない2
課の職員はなるべく面倒なことはしたくない。
ヒキガエルと同じで困難な石は避けて通る
青森県が産んだ文学界の偉人、八戸の三浦哲朗より100倍も偉大だ。
その男が、名著「人間失格」の中で言っている。

「してその翌日(あくるひ)も同じ事を繰返して、
昨日(きのう)に異(かわ)らぬ慣例(しきたり)に従えばよい。
即ち荒っぽい大きな歓楽(よろこび)を避(よ)けてさえいれば、
自然また大きな悲哀(かなしみ)もやって来(こ)ないのだ。
ゆくてを塞(ふさ)ぐ邪魔な石を
蟾蜍(ひきがえる)は廻って通る。
上田敏訳のギイ・シャルル・クロオとかいうひとの、こんな詩句を見つけた時、自分はひとりで顔を燃えるくらいに赤くしました。」

肝心なのは、太宰は顔を赤らめた
ところが行政の職員はそれを喜びとし、何もしないことが徳であるとすら思い込んでいる。
また、係長がやる気でいても課長が首を縦に振らない
やる気を削ぐ課長の実名を10指に余る数を指摘できる
それが、本当に八戸23万市民のためになるのか?
かつて、東洋一の高速弾丸鉄道あじあ号
この満鉄職員が絶えず言い合ったのが「それが本当に日本のためになるのか?」
こう言い合うことで日本のためを思い行動した。
八戸市役所職員も言い合え
「それが本当に八戸市民のためになるのか?」
こう言い合い、汗を流せ、
市長が愚脳で部下殺しなら、職員がやる気を出さずに八戸市民は幸福の青い鳥を得られるのか?
降伏を願いたいのは愚脳市長小林だけだ
まだまだ、やることがある、
そしてそれは毎年津波のように襲う、
大なり小なりの形を変えて
もう余命30日を切った、体調はすこぶる悪い
が、真実は叫ばなければならない
目の黒い間は叫び続ける
市役所職員だからこそ、ダイナミックな変革ができる
その原資は税
税は富の再分配だ


by jpn-kd | 2017-05-11 00:00 | 行政ネタ
八戸市職員企画力不足、愚脳市長小林はただ無駄飯を食い、職員は汗を流さない
南郷の道の駅は農産品で年間1億8千万円を売り上げる
これを黙って見逃しているのが、八戸市の部下殺し市長小林
水産品は農産品より高額
ゆりのき通りのまつりんぐ広場を八戸道の駅にする
施設を改良し、これを民間委託する
つまり、南郷と同じやりかただ
八戸の観光の目玉は陸奥湊の魚菜市場、これは八戸市立だ
ここは戦争未亡人たちのために作られた
往時は150の店が入った
食料品店がスーパーに淘汰され、陸奥湊は活気を失った
官営の魚菜市場に今は30店しか入っていない
売り上げが上がらないからだ
売り上げ衰退は構造的なもの
その店が今、幾ら売り上げているのか、撤退しないためには官は家賃だけとらずに、共に存続の智恵を出すべき
ところが、家賃1100万円をむしるだけだ
店子があえいでいる
病気の巣を除去し楽にしてやるの気が水産事務所にない
どうして、そんなことが断言できるか?
店子の売り上げを把握していない
それでは、倒れた者を遠巻きにして救急車の来るのを待つだけだ
昨今はAEDがある
適切な処置をすれば助かる
陸奥湊の再開発が叫ばれ、調査予算がついた
ただ、再開発を願っても成就しない
そもそも、あの地が存続できるには、あの地域全体の売り上げが幾らで、損益分岐点は幾らなのか
これをたたき出さなければ、再開発は念仏に終る
八戸市役所職員は金魚鉢の金魚だ
他の世界を知らない
町を存続させるには活気ある町にするべき
それは、カネを動かす仕組みを作ることだ
愚脳市長部下殺しは小林総務省あがり、八戸を文化の町にしたため、衰退し中心商店街は閑古鳥
水産八戸の新生の鍵は、道の駅の出現だ
そこに、陸奥湊が移転するもよし、働き者の湊のかっちゃが出るもよし
仕掛けだ、ダイナミックの仕掛けこそが、町を活性化する
愚脳部下殺し市長小林の代わりに町中活性化を提唱する新市長の登場を待とう


by jpn-kd | 2017-05-10 06:12 | 行政ネタ
平成28年度 市の施設の入館者数 解説8
水産科学館マリエントは管理者がやる気をなくして入館者数激減
これに対して増加の一途をたどるのが児童科学館
ところが、これを指導する教育センターが利口じゃない
世の中何が大事かが教育委員会に理解力がない
伊藤教育長は歴代でも何でも見てやろう、やってやろうの精神横溢
ところが、手足になる教育委員会の職員がその気を出さない
こうした職員を税金泥棒という
小川 真 様


問い合わせの児童科学館入館者数について、回答します。

平成24年度  62,554人
平成25年度  69,717人
平成26年度  78,638人
平成27年度  98,026人
平成28年度  99,726人

以上、よろしくお願いいたします。


 八戸市総合教育センター 島浦 靖
間もなく10万人の大台に乗る
これは管理者三八五の力だ
八戸市役所職員2000人、三八五も二千人の職員を有する
市役所の企画立案、これは職員が行え
手足として働く者は民間に業務委託せよ、これが行政の効率化だ
市役所職員年間給与800万、民間はその半分400で動く
官のできることは官で、民の出来る事は民間委託をすればいい
税金の有効利用だ
この、児童科学館でさんすう博士を誕生させようと提唱
いかにやるかだけだが、教育センターが難色
そうした所ではないが反対理由だ
地域が求めるものは何か
根源的な問題だ
世の中は人・物・カネの三つで構成される
大事なのは人
その教育に税を投入する
税は富の再分配だ
地域で優秀な子弟を育てることこそ緊急な問題だ
ために、伊藤教育長は給付制奨学金制度を拡充だ
一番ケツのカネなくして教育が受けられないのを絶滅したいの現われ
日本はリビアより遅れているのか?
カダフィは希望する者は大学まで無償で行ける国にした
失業し家のない人には家を無償提供した
それでも殺された
それはロスチャイルドが支配してきた国家へのカネの貸し付けが崩壊するからだ
結句、それを阻止するために殺した
カダフィが存在することは西欧が築いたカネによる国家支配が意味をなさなくなるから
まあ、これを詳しく解説するには紙幅が不足だ
伊藤教育長も、うすうすカダフィの策を知っているのだろう
では
給付型の奨学金制度は単独八戸では財源不足、返還型奨学金制度の拡充は保証協会居を駆使すればいい
八戸市は毎年保証協会にカネをくれている
それは八戸市民が暮らしていくために必要だからだ
ここに行き茨島GLが交渉、高校生の奨学金の保証を願うと
保証協会は商売、事業ではないからダメ
そのまま、キャンキャンとGLは帰ってきた
勉強は学業というよな、
学業は事業とどこが違う?
もう一度交渉しろと迫った
人は宝だ
宝を育てるために親は辛苦する
その子が世の中を堂々と渡り、次の優秀な世代を育てるために頑張る
今を生きる者の使命は、我はこれほどのことしか出来なかった。
次代を担う若者は年寄りの築いたものを踏み台としてのし上がれ
それが、年寄りの仕事なのだ
行政が立案し、民間がそれを支える
児童科学館がいい例だ
マリエントが悪い例だ

by jpn-kd | 2017-05-08 00:00 | 行政ネタ
平成28年度 市の施設の入館者数 解説7
全公民館利用状況(H28年度)【主催・共催事業+貸館利用の合計】
館名平成28年度件数利用者数
1小中野2,219 40,517
2白銀1,600 39,456
3鮫1,263 22,252
4上長1,267 23,902
5柏崎1,601 28,753
6大館1,783 39,664
7下長1,642 35,931
8吹上1,510 26,234
9湊1,186 19,885
10是川649 12,009
11館362 6,055
12根城2,006 38,148
13三八城1,560 24,163
14江陽615 11,432
15長者2,254 41,555
16田面木1,685 30,758
17市川830 12,692
18南浜363 8,688
19根岸1,558 30,024
20白銀南1,739 27,294
21東1,734 36,349
22白山台2,513 55,680
23南郷236 12,283
24(頃巻沢)15 324
25(中野)87 2,133
26(古里)22 515
27(緑)72 1,282
28瑞豊館896 21,371
合計33,267649,349
平 均1,18823,191

社会教育課に頑張ってもらい、ブログに掲載できるTXTで送付いただいた
八戸市の活性化は地域の公民館が担っている
全館合計で65万人が参加した
23万市民が3回弱行った計算になる
地域特有な問題ももちろんある
が、
公民館は単独だの考えは間違い。他の公民館となんで入館者数が違うのか?
ここに館長が注力する
公民館活動を小学校、中学校の朝礼で発表する
これを出前講座と称して、生徒の数を入館者数に計上
こうした目に見えない努力で公民館を宣伝し、小中学生が祖父母とともに来館する仕掛けを生み出す
ここが大事だ!
これを編み出したのが市川公民館長の木村氏だった。
人間は知恵を生み出す
資源は有限、智恵は無限だ。これを木村氏が実践した
どこの公民館にでも顔を出して、事務室に首を突っ込む
館長がにこやかに迎える館は地域住民を元気にさせる
また、公民館館長は地域の住民の持つ技を知っている
カラオケしかり踊りしかり、ダンスしかり、書道に絵画にえんぶりまでもだ
地域芸能の担い手を把握しているのだ
公民館対抗カラオケ大会を博物館長小笠原氏が中央公民館館長時代に提唱した
これは年一回今でも継続している
東北電力にかけあいトロフィーを出せとねだったのも楽しい思い出だ
存外こうしたカネを持つのが郵便局だった
地域発展のためならと一肌脱ぐ企業はあるもんだ
銀行もしかり、ガス会社もしかりだ
八戸市23万市民が奮い立つような企画を出す
吉永小百合が公民館に来るとなれば、その公民館に入りきれない人が押し寄せる
企画だ
公民館長を軸として、地域芸能第一人者を集め、それで八戸公民館芸能団を発足し、手品から踊り、歌謡ショーまでを一時間ステージとして公民館を順に廻る。
当たるぞ
そうした指導をするところが社会教育課だ
公民館館長の智恵を引き出し、不足する館長には伝授し、公民館を中心とした再生八戸を演出する
馬鹿で愚脳市長小林に任せるな、担当課長の発想一つで、八戸は楽しい町になる

by jpn-kd | 2017-05-05 00:00 | 行政ネタ
平成28年度 市の施設の入館者数 解説6
小川 真 様

平成29年4月22日にメールでお問い合わせのありました
「道の駅なんごう売上推移」についてお答えいたします。
「道の駅なんごう」(グリーンプラザなんごう)に係る直売所・飲食・宿泊の
5年間の売上の推移については次のとおりとなっております。

平成24年度から平成28年度 直売所・飲食・宿泊部門の売上
(単位:円)
 
24年度
25年度
26年度
27年度
28年度
直売所
159,798,621
154,949,719
175,916,085
188,446,421
179,430,969
飲食
49,528,336
50,170,946
52,756,283
56,757,803
53,908,885
宿泊
7,659,000
8,353,400
7,917,668
10,187,300
9,788,100



                 お問い合わせ先 八戸市南郷事務所
                            地域振興グループ
                            担当 林
                            電話 82-2113
人口減少高齢化のすすむ南郷区、それでも、この道の駅は活躍だ
ほとんど直販部門の落ちがない。
南郷村は幾つも失敗した、ジャズの村もただ大型のイベントだけ
イベントで村は活性化しない。恒常的に物販ができなければ体内の血液が廻らない。
南郷は農産、八戸は水産
これを生かした道の駅を八戸でも設置するべきと、道路建設課を通じて国土交通省に伺いを立てた。
ゆりのき通りのまつりんぐ広場、ここを道の駅に出来るかと。
すると、市道でも許可すると出た。
水産は農産と異なり売上高は大きい。
ところが、愚脳市長小林が動かない。
八戸は海から拓けた町、先人が守り育てた。
我々の代がボケで子孫に繁栄の町八戸を、全身に回った手痛い失敗で衰亡の町にして渡すのか?
どう考えても利口じゃない。
愚脳市長小林は文化の町八戸というが、文化では食えるようにならない。
やはり商業の町にするべきだ。
施設は既にあり、発想を転換すれば海から拓けた町を実現できる。
まちにわなどという、失敗の上塗り、はっちに山車が入らないから、広場に屋根をかけて17億円つかう。
愚脳小林は恥の上塗りをするだけ。
辞めた風張、田湯のコンビがはっちを建てた。この高さでは山車は入らないと叫んで教えたが、馬鹿は人の話を聞かないから大失敗だ
こんな馬鹿女部長の風張の尻押しをした愚脳市長小林の判断ミス
失敗だぞとデーリー東北も書くべきだ。
①ハサップ
②田名部組の建たないビル
③部下殺し
④官営本屋
⑤新美術館建設
文化の町にすれば、ドーナツ化を促進するだけ
馬鹿が市長になるとどれほど町が破壊されるのか、恐ろしい話だ
キチガイに刃物、愚脳市長小林はとどまることなく凋落の坂を転げる。
市民の財布にカネが入る仕組み、これを考えるのが市役所の仕事
税は富の再分配、市営の施設まつりんぐ広場
これにわずかなカネをつぎ込み、毎日水産品を売る
売れれば元気が出る、元気が出れば商人は更に集まる
人が出れば飲食も盛んになる
いいことばかりだが、愚脳市長小林は庶民の財布を潤すことを知らない
自分の財布ばかりが大事だ
こんな馬鹿に市長は任せられない

by jpn-kd | 2017-05-04 00:00 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ