カテゴリ:いかさま名誉市民( 15 )
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その15

まして一年じゃ使い走りだろう。

その大平が自伝でマネージャーをしたと記したのも、鈴木継男がそう要請したのか、それとも大平透自身がそう思い込んで記したのか? 裏をとれ、物書きとして裏を取らずに記せば咎めが必ず来る。

人殺し縄文館館長の古館、こやつがしでかした失敗が、市史編纂委員が持ち込んだ原稿の裏を取らずに市史に掲載、当然訂正が必要になり、後任者の佐々木に押しつけた。結句、古館を頼りにしていた佐々木は古館の逃げを食らって自殺した。

これほど左様に裏取りは大切だ

大平は自伝に自分が嘘を記載すれば、前非は書き直せば消えるのかね、少なくとも大平は、そう信じている。だから、わざわざ、自身しか知らないマネージャーに書き換えたと発言。

こんな馬鹿が副市長様におなりだから、八戸市の前途は暗い。

前非を悔いるという言葉があるが、事象を書き換えれば済むのかね。

パソコンのリセットボタンを押せば、入力した事柄は瞬時に消える。新たに記録を収録するが人生は自伝を書き換えれば、鈴木継男の悪行が消えるのか。

そんなことをしても、講談社MOOKの本は厳然としてあり、鈴木継男がテレビで語ったビデオテープも存在する。

それを大平は書き直しました。どこか価値観が違う、鈴木継男の為にする言辞を連ねただけで真偽も確かめず、大平透の実名で編集後記を記した。物書きの資質ゼロ、当然副市長としての資質も問われる。
by jpn-kd | 2017-05-30 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その14

副市長になった大平透が小川を妙な目つきで眺めるようになり、

「あんたが、妙な目つきで見るが、その目つきが気に入らないので、鈴木継男の駅伝をばらすぞ」

と告げた。

すると大平透はこう言った。

「鈴木さんの自伝(私の中国)でマネージャーと言い換えました」と平然と言った。

そのことを小川は知らない。つまり大平透しか知らない事実だ。

よくよく調べると、この鈴木継男の自伝私の中国は大平透が執筆。

おわりにの章352頁に鈴木継男がこう言う。

当時の総務部長の西幹雄が本にまとめろと勧められた。本書をまとめるにあたり、全面的に協力してくれたのが大平透君である。

また、大平透自身もその本の尻で大平透は市役所に入る前は東京で文章を書く仕事をしていたこともありと、これまた鈴木継男同様、自分をひけらかす。明確に岩波書店にいたとか、講談社にいたとか明記するべきだが、ここらはぼかしている。愚にもつかぬ会社だから明記できないのであろう。
by jpn-kd | 2017-05-29 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その13

小「鈴木さん、テレビで人生は駅伝だという話をされましたね」

うれしそうな顔で、

鈴「あのテレビ君も見たの、そうなんだよ、人生は駅伝なんだよ」

小「鈴木さんが読売新聞社前にビリで到着した時、誰もおらずに後輩だけが……」

鈴「そうなんだよ、読売新聞社前には誰も」

小「鈴木さん、こういう本があります。鈴木さんが出たのは第22回大会、読売新聞社前ではなく靖国神社からのスタート」

鈴「え、そうだっけな、靖国神社だったっけな」

小「鈴木さん、10区は三上さんが走り、貴方の名前は載っていない」

鈴木継男、呆然とし、手渡されたMOOKをうつろな眼で眺めるばかり、

「おかしいな、おかしいな」

やがて、封筒にカネを突っ込み、小川の前に置いた。

「鈴木さん、私はカネはいらない。貴方が新幹線到来で八戸駅舎を建てるにあたり、八戸市に寄付をされた、私もこのカネを寄付します。三役の誰でもいい、これから寄付に行くと伝えてください」

「う、それだと、これでは足りない」と更に封筒にカネを継ぎ足した。

「もしもし、鈴木継男でございます、いつも大変にお世話になります、ただいまから小川さんという人が新幹線駅舎建設の寄付に伺います、市長室に参りますので、よろしくお願いいたします、はい、新幹線の駅舎建設の寄付でございます。金額は30万円でございます」

この封筒に30万円が入っているのは鈴木継男の言葉で知った。中を確認もせず、市長室でそのカネを渡し、帰ってきた。

口止め料なのだろう。その事は鈴木継男が生きている間は口外しなかった。
by jpn-kd | 2017-05-28 07:58 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その12

講談社MOOK「写真で見る箱根駅伝80年」という雑誌がある。2000年2月に刊行された。

この44頁に第22回大会昭和18年1月5、6日を掲載。

昭和16年12月8日の太平洋戦争勃発に伴い従来の東京・箱根間大学駅伝に代わって、昭和18年の靖国神社・箱根神社間往復関東学徒鍛錬継走大会が第22回大会となった。

2年ぶりにタスキをかけた選手が靖国神社大鳥居前の階段から出発、神保町を右折、日比谷の交差点から従来のコースに出た。1区は六郷橋を渡って立教の伊藤が日大、文理大を引き離し先頭を独走、1分15秒差で中継した2区森田も1分差を守って3区に入った……と続く

鈴木継男はテレビに出て、人生は駅伝と得々として、経営も駅伝と同じで次のランナーに引き継ぐと語った。私は拓殖大学の生徒で最終の10区を走りました。読売新聞社前のゴールには大会関係者の姿もなく、ビリの拓殖大学の後輩だけが私を迎えてくれました。

このテレビをビデオに録画し、鈴木継男は箱根駅伝に出たのか、いつか、これを調べてやろうと思った。そして、MOOKの本を取り寄せた。

拓殖大学は確かにビリ、1区は杉原宏ビリ、ここから10区までビリをひた走る。2区山本雅男、3区森田肇、4区三橋博、5区小梨豊、6区入江光行、7区後藤弘春、8区倉持凡康、9区佐藤寿郎、肝心の10区は三上晃で鈴木継男のすの字もない。

b0183351_07291636.jpg

by jpn-kd | 2017-05-27 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その11

小林が八戸液化ガスから381台のはるるを購入、ところが覚え書きは321台。

覚え書きの印鑑は株式会社MKテレビサービスと記されているが、同社は有限会社で株式会社ではない。

佐々木はこの覚え書きについて、こう証言している。

昭和56年11月に返品を受け入れ、57年10月20日で確認。ようやく覚え書きに捺印して貰えることになった。昭和57年2月27日午前中、八戸液化ガス常務取締役工藤健太郎と共に小林の事務所を訪問。小林は印鑑を押したければ、そこに置いてあるので勝手に押すようにと机の上を示したので、私が小林の会社印と個人印を押した。それを八戸液化ガスに持ち込んだところ、小林の会社印が必要とのことで、再度工藤健太郎と共に小林のもとに行った。小林は自分から会社の印鑑を押してくれた。持ち帰ると陰影が薄いので、再度工藤と共に小林のもとを訪れ押印を要求、このとき小林は自ら押印した。

この佐々木が平成8年6月15日午前10時に八戸港で水死体であがる。これを調べるべく東奥日報、デーリー東北を調べるも記事としての水死は発見に至らず。

ただ、死亡広告あり。

b0183351_14074768.jpg

八戸ガス興業社長馬渡就、八戸ガス・八戸液化ガス社長鈴木継男、液化ガスの子会社ベストライフ社長橋本正保の名が見える。

この馬渡は鈴木継男の腰巾着、八戸ガスから八戸液化ガスが飛び出し、同様にガス興業が飛び出した。つまり、この三社は親子関係。馬渡はガス管工事では市内一、それなりの権勢をふるった。やりすぎて、馬渡は、鈴木継男同様、選挙違反で逮捕され、銀行が融資引き上げで倒産。

b0183351_14091558.jpg

by jpn-kd | 2017-05-26 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その10

これに対し佐々木次長は「分かりました。松下電器に伝えます。こんなの納得できませんよね」と言って引き上げた。

それから二日後の4月30日、小林は佐々木次長にもう一度自宅に来てもらい、「覚え書きには同意できません。私はお金は一円も欲しくないし、安易な妥協はしない」と松下住設奥羽設備機器営業所の田中勇二郎所長へ宛てた書簡を渡し、併せて松下幸之助直筆の色紙を返却。

その後も小林は佐々木次長に再三、「松下の正式な見解はどうなっているか」と回答を促すが、「いくら催促をしても回答がありません」と繰り返した。

小林は5月26日新聞社大手にナショナルはるるは欠陥商品であると書留郵便を出したが、何の音沙汰もなかった。

その後、1983年(昭和58年)小林はマンデーを創業。商売は順調に推移し、小林は「はるる」欠陥商品の追求を再開。

八戸液化ガスを通して回答を求めても無駄だと、松下電器の東京支社を訪ねた。

応対した大阪本社秘書室泉課長は、

「おかしいですね、その件はすでに解決済みになっている」と二通のコピーを示した。

一通は八戸液化ガスとテレビサービス社との覚え書き、もう一通はその補足文書。

覚え書きは1981年(昭和56年)4月28日、八戸液化ガスの佐々木が持参した覚え書きと同一内容、1500万円(解決金)を始めとし、空白部分が全部植えられていた。

日付けは「よねくらホテル」で小切手を受け取る前日が記載され、小林がこの覚え書きに署名押印をしないにも関わらず、印鑑が押されていた。

小林はこの事実確認を八戸液化ガスの佐々木に確認すると、偽造を認め、

「覚え書き、覚え書き補足とも、原案は松下側が作成し、印鑑は私が押しました。鈴木社長とお会いできる機会をつくります」

佐々木は偽造を認めたものの、鈴木継男は逃げ回り、会うことをひたすら避けた。鈴木継男が小林と面会したのは、二年後の1987年(昭和62)7月28日。

偽造された覚え書き

作成年月日が昭和56年3月30日は鈴木継男が取締役社長とある。しかし、鈴木継男が八戸液化ガスの社長に就任したのは同年の6月、作成年月日は専務であった。

つまり、この覚え書きは虚偽だ。


by jpn-kd | 2017-05-25 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その9

ところが、八戸液化ガスは裁判で、「昭和56年3月30日八戸液化ガスは、原告会社に対し、商品買い戻し代金と解決金(和解金)の一部を支払い」と奇妙な主張を行い、小切手受け渡しの席に同席した佐々木次長も、「私もその場に同席していました。解決金1500万円の支払いについて、その会議の際に合意ができました」

と陳述し、同じような趣旨を証言。

鈴木継男が出した小切手が解決金を含んでいるとすれば、「はるる」購入代金から約束手形分500万を差し引いた額と同じなのだろうか。

昭和56年4月28日、八戸液化ガス佐々木次長が小林の自宅を突然訪れ、「これに同意してほしい」と「覚え書き」なるものを提示、これは松下電器が作成し、田中勇二郎奥羽設備機器営業所長が八戸に持ち込み、佐々木が持参した。

覚え書きはテレビサービス社と八戸液化ガスが「はるる」問題に関し、商品を買い戻し、和解金を支払うことで合意、今後テレビサービス社は八戸液化ガス並びに松下電器に対して請求もしくは主張を行わない、という内容だ。

突然の覚え書き提示に小林が驚き、怒ったのは言うまでも無い。3月16日の交渉で「今度は松下電器の正式な見解を持ってくる」と約束しながら、それを反故にし、解決金を支払うことで、すべてを終らせるのではないかと小林は佐々木次長に、

「これでは全くこれまでの話し合いが無意味になります。私が要求しているのは欠陥商品のリコールです。松下電器の正式な見解も示さず、解決のための話し合いもないまま、いきなりこんな覚え書きを見せられても同意できません」と抗議。


by jpn-kd | 2017-05-24 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その8

ナショナルと警察を敵にした男

三・一書房刊 海原悠介著

八戸液化ガスの鈴木継男社長に取材することができた。

鈴木継男は肝心の質問には何も答えず、

「古い話で思い出したくない。この件は全て弁護士に任せているので、取材したければ弁護士に聞いてくれ。マンデーが潰れたのは、ニセ警察官僚のためで八戸液化ガスとは何の関係もない」

と述べ、続けて取材した弁護士も、

「貴方ねー、新聞記者だか何だか知らないが、そんな古い話をほじくり返してどうするの。古い話に興味があるなら、NHKの大河ドラマでも見たら。あの話は時効だよ、時効。貴方、弁護士が年間幾つ相談ごとを抱えるのか知っているの。いちいち覚えていたら頭がパンクするよ」

と取り付く島がなかった。

どうして鈴木継男は古い話で思い出したくないのか、それは、鈴木継男がマンデーを落とし穴に引きずり込んだからだ。

松下電器との最後の交渉からおよそ二週間経った頃、八戸液化ガスの鈴木継男専務から突然、小林に声がかかり、小林は八戸市内の「よねくらホテル」で食事の接待を受けた。同社の佐々木勝男機器事業部次長も同席。

この席で鈴木専務は「「はるる」の欠陥問題でご迷惑をおかけしました」と頭を下げ、「これは私の気持ちだ」として額面1786万の小切手を小林に差し出し。「どうしても、これを受け取って欲しい」と述べた。

1786万は「はるる」381台の購入代金2286万から、まだ支払い期日の来ていない約束手形500万を差し引いた数字だ。

小切手の差し出しは、小林が要求した返品引き取りとリコールのうち、前者を代理店側がのみ、購入代金の全額返済を申し出たことを意味する。

小林は仕入れ代金の返済が、松下電器に対するリコール要求への回答ではないことを確認したうえで、その小切手を預かった。(小切手の受け取りに関して、鈴木専務の方から領収書は求められず、小林は、このとき、領収書も預かり書も発行していない)

「欠陥商品を売りつけたのだから、購入金を返してもらうのは当たり前だ」と小林は思ったのだ。


by jpn-kd | 2017-05-23 13:47 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その7

そして後で気づいたら、合意和解書である覚書が偽造されていたのです。私は松下電器代理店社長に猛烈に抗議して、松下電器からの強い要請でやむなく覚書偽造を認めさせ、ナショナルはるる欠陥品、覚書偽造詫び状を取った。松下電器代理店社長は偽造を認め詫び状提出まで、6年半も逃げ回った。逃げ回るのは松下電器の指示か、日本消費者連盟公開質問状の追及にも松下電器はなんと13年間逃げ回っている。松下電器は独占禁止法違反のチャンピオン、価格統制の松下電器です。電気店では75%で仕切り、わずかなリベートしかださないのに、カメラルートなどには20%以下で電気店ルートにはわからないように出している。私は松下電器からアフターサービスでも数限りない妨害、迫害を受けた。松下電器サービスステーション元社員から聞いたところ、欠陥品でも金を取れと会社から指示受けていた。私が電気店をしてた頃、親戚の家の風呂釜が空炊きで燃えた。子供が湯船の水を抜いて空っぽになり火が消えずに、空炊きになり、火事になる一歩手前で気が付いて、大事にはならなかったが、風呂釜のメーカーは松下電器だった。私の親戚は購入した松下電器販売店に修理を依頼したところ、保障期間が過ぎているから、30万円以上かかります。子供がいたじらして、空炊きになったのは、お客様の使用方法に問題があり有償です。保障期間なら無料ですと考えを述べたと言う。私は親戚に販売店を相手にせず、メーカーに直接頼みなさいと,アドバイスした。親戚によると、メーカーも販売店と口裏を合わせたように、保障期間が過ぎているから有償で30万円以上かかるといわれたという。私は親戚にもう一度アドバイスした。「保障期間中、保障が切れた」問題と違う。空炊きになること事態が欠陥だ。機械には安全保護装置「プロテクト回路」が必ずついており
、その装置が機能していないから、空炊きになった、いわば欠陥品だ。PL法(製造物責任)から考えても、人身、火災の原因となってはならないとある。親戚はギブアップしてまさるさんから、メーカーに話してと頼まれた。私が松下電器サービスステーションに電話をした。最初は、保障期間を過ぎているから、有償だと言っていた松下電器社員は、私に知識があると分ると、次々と別な社員に代わって、しどろもどろとなり私が「松下電器は、素人で知識がない人から保障期間を過ぎたことを理由にして、本来ならば無償にしなければならない故障を、30万円以上も金を取るのか詐欺ではないか?と怒った。あんまりらちがあかなかったので、責任者、所長に代われ、私も口が悪いから、おまえみたいなチンピラでは駄目だ、責任者に代われと怒鳴った。所長が出ていて結果的には無償で責任者が菓子折りを届けて親切に修理してくれたと言う。これで一件落着だが、経営の神様の会社って、この程度かと情けなく思った。電気店はメーカーではなくお客様である消費者に味方しなければならない。価格を松下電器のように統制することも、欠陥品を販売することも犯罪行為であり、消費者に対しての裏切り行為である。
松下電器という会社は狂っています。松下幸之助代理人で来た井本部長が、昭和562月に二度目に来た際に、欠陥品だと認め、設計の基準が「吹き出し温度80度」と間違っている。松下電器は設計の基準が間違っている。直せない、処理できないと認めているのに、今度来る時は「松下電器としての正式な見解を持ってきます」と約束したのに未だ23年間逃げ回り、あげくに、合意和解書である覚書まで偽造を松下電器代理店にさせたのです。心労か?、事故か?、自殺か?、殺人かで、人が殺されている疑惑まであるのです。
私が欠陥品リコールを要求した昭和56年に松下電器がリコールをしてたとしたら、今頃は、何事もなかったように、常務も部長も死ぬことはなかったでありましょう。諸悪の根源は松下電器です。
松下電器は、電気店マンデー、たかだか、有限会社資本金3000万円の個人商店を目の仇にして、総会屋、事件屋、暴力団を使って「殺す」と脅かして潰しました。
松下電器代理店八戸液化ガス社長鈴木継雄は「三洋電気と違って、松下電器はおっかない会社だ」ナショナルと取引を辞めても地元と言うことで「小林さんと取引したい」と名台詞で私を騙しました。ナショナルはるるは欠陥品と認め、詫び状を要請した私に、この社長鈴木継雄は、一人で書けばいいものを、罪のない常務工藤兼太郎氏と部長佐々木勝男と三人連名で詫び状を私に出しました。詫び状を書いた三人中二人が裁判中にこの事件をテーマにした「ナショナルと警察を敵にした男」発行直後に次々に死んだのです。警察は事件潰しか、動きません。電気店さん、松下電器はおっかない会社かもしれません。皆さんは、松下電器の悪行を信じられますか?
松下電器は、日本消費者連盟公開質問状にまともに回答はしていない。無回答、子供の使いで申し訳ありませんを3~4回連発したと言う。松下電器は社員をコントロールしているのではないではないか、欠陥品隠蔽の社員の心は苦しい。「子供の使いのようで申し訳ありません」が23年前に私に欠陥品を認め謝罪した松下幸之助代理井本部長の言葉、3月12日に野本消費者連盟に来た、高橋課長と同じ表現である。なんと情けない話ではないか。欠陥品隠蔽、リコール隠し、覚書偽造松下電器代理店元部長殺人疑惑、総会屋、事件屋、暴力団を使ってのマンデー潰し、警視庁に、大阪地検に、東京地検に事件を潰し、経済権力松下電器、裁判所正義の羅針盤も狂わせる松下電器、三人中二人が次々と死亡、漁夫の利を得、一人だけ残った元社長は「戦いに勝ち、商売に負けると何もならない」と豪語した元社長からと、草葉の影の、経営の神様松下幸之助から、本件に関しての松下電器の見解判断を是非聞きたいところである。
私が、松下電器のことを表現すると支離滅裂な文章になってしまいます。お許しください。


by jpn-kd | 2017-05-19 00:00 | いかさま名誉市民
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その6

電 気 店 必 読

マンデー 小 林 勝 か ら  

私は、松下電器ナショナルはるる欠陥品リコール隠しを昭和56年にも全政党党首・鈴木善幸元総理、大手新聞社にも告発しました。どこからも相手にされませんでした。あの時なら、欠陥品リコールすればよかったのに、松下電器が事件潰しをするから、覚書偽造、松下電器代理店元部長殺人疑惑まで発展、犯罪の輪が広がっている。
44日、小泉総理に松下電器不正犯罪行為を知らせ、おまけに、全政党党首にも松下電器の犯罪行為を知らせた。411日ブッシュアメリカ大統領にも松下電器の犯罪行為を手紙で知らせた。こんな犯罪会社を放置する、日本国には正義がないのか、この国は法治国家か、少なくても、松下電器の犯罪行為に対しては、放置しているから、事件を潰しているから放置国家である。
松下電器欠陥品を消費者に売り付ける電気店があったとしたら、共犯である。電気店は、これからは松下電器は要注意が必要だ。欠陥品はるるは、お粗末なごみだ。設計が間違っていたと昭和49年から、55年まで、吹き出し温度が「80度と規制し」寒冷地では使い物にならない、他メーカーは160度、200度以上も出ている。
普通欠陥品は「部品を交換するか」、新型の機種と交換して、欠陥品の処置をする。私は三洋電機の欠陥品を、カドニカ電池と石油ファンヒーターの体験をした。新機種と交換して処理できた。一件落着である。ところがである、松下電器は設計の基準が間違っていたから、部品を交換しても直らない、直せない、第一交換する機種すらなかったのである。石油暖房だけではなく、電器も,ガスも,エアコンも全部の暖房の設計がなんと、6年間も間違っていたことに気がつかなかった馬鹿な会社が松下電器だったのである。
7
万件あった電気店の中で、大阪松下電器本社に欠陥品の抗議で乗り込んだのが、私一人だけだと、わたしと徹夜で話し合った侍、増田幸夫事業部長が「小林さん一人だけです」」と驚いていた。私は驚く理由が分らなかった。もしかしたら、松下電器が総会屋、事件屋、暴力団」、癒着警察官らを自由に操ることを、私だけが知らなかったかも知れません。私にも、家族があり、松下電器が初めから総会屋、事件屋、暴力団とグルな会社と知っていたならば、私は当然行動を起こさなかったと思います。松下電器の欠陥品を見て見ぬふりをしていた電気店ならば松下電器と共犯です。松下電器は、欠陥品の責任は当然ですが無駄になった石油燃料費もお客様に返還するべきです。欠陥品を隠蔽、リコール隠しだけでも許されないものを、覚書まで偽造させ、殺人疑惑まであるのです。警察まで松下電器は事件潰しさせる力までもっています。電気店は松下電器にお客のために抗議しなければならない。欠陥品を欠陥品と分って販売をしていたとしたら、詐欺です。松下電器は欠陥品と認識しながら、はるるを販売していたのです。明らかなポット式なのに、カタログにガス化と嘘を記載してごまかしていたのです。電器ルートでは欠陥品と知られていて販売できなかったから、盲点をついて、ガスルートで販売したのです。明らかな悪質なごまかし、詐欺行為です。お客様の大半は泣き寝入りです。無意味な技術論を並び立てるナショナルの社員は、一握りでしょうが、昭和49年から、53年まで、製造し
昭和55年まで販売していたことになります。明らかな欠陥品なのにぬけぬけ井元部長、田中勇二郎所長が屁理屈を述べています。松下幸之助代理人として、ご当地に伺わせますと幸之助の秘書入間川氏が丁寧に言ったのですよ。最後に、井本部長は「子供の使いのようですいません、今度来るときには松下電器としての正式な見解を持ってきます」と約束して、それから一切来なくなってしまった


by jpn-kd | 2017-05-18 00:00 | いかさま名誉市民


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ