カテゴリ:音楽の町( 1 )
八戸ジュニアオーケストラ定期公演

27回公演は9月17日八戸公会堂で開催された

イカの町八戸、新産業都市八戸、縄文の里八戸など色々と呼び名はある

が、

八戸は音楽の町だ

ウルスラ高校、ここに音楽を育む情熱とそれを愛する人々があつまる

また、合唱、器楽を得手とする教員が生徒を指導し全国レベルにまで持ち上げる優秀な技量を擁する町でもある

小中学校で合唱を学び、全国のステージに立った生徒たちが長じて母となり、その子に音楽の楽しさ、素晴らしさを教える

音楽年輪が次第に大きくなっているのが八戸だ

ところが

そうした音楽の楽しみかたを忘れる人も多い

しかし、音楽は自分で歌う、あるいは器楽を演奏するばかりではない

若く音楽に目覚めた子供たちが、この先、どのように音楽と共に過ごすかを見定める好機が、この演奏会

若手が真剣に音楽ととりくむ、その姿勢を見て、そして褒めてほしい

若くして道を定め、それに邁進し、国民栄誉賞に輝いた伊調馨さん、この娘が中学生のとき八戸文化功労者の一人として中里市長が褒めたことがあった

そのとき、伊調さんは中学三年生、中京の高校に行きレスリングに励むと決意を述べた

たまたま、取材で同席したので目撃

それが、世界の伊調、国民栄誉賞の栄冠を手にした

美空ひばり、王貞治、長谷川一夫と並んだ、青森県初の受賞だ

人の努力には頭が下がる

この演奏会の若手から世界へ羽ばたく俊英が出る

それを年とともに味わえる楽しみがある

あの時のあの子がねえ、頑張ったもんだと、八戸の人々と共に音楽の町で過ごした日々を海の響きのように懐かしむ

そんな楽しみを手にできるのも、演奏会の切符を購入するからこそだ

空席もあった

公会堂は切符を売る努力をしろ、もとより、八戸には合唱、器楽の人口を有する町

組織だてて切符を売ることを考えろ

昔は興業は田岡氏率いる山口組の独占、この田岡氏が育てたのが美空ひばり

切符の販売を興業の世界から切り離し、プレイガイドで売るようになり芸能は衰退した

公会堂を三セクで経営するから万年赤字だ、切符を売り会場を満員にするのは出演者ではなく公会堂のダフ屋の仕事だ

b0183351_07542390.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2016-09-18 07:55 | 音楽の町


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ