2017年 11月 20日 ( 1 )
八戸市役所市営バス職員カミダテ、嘘までついて自助を拒否
八戸市役所市営バス職員カミダテ、嘘までついて自助を拒否
部長の村岡が市役所もたれかかり思想、自助で市営バスを黒字化しようという頭がない
同様に、交通部の営業カミダテも、村岡の尻押しだ
自助努力もせず、市民の税金を投入し続ける発想は愚脳市長小林の真骨頂
税金は使うためにある
それは間違いない事実
しかし、それを投入せずとも黒字化できれば事業としては正解だ
官営本屋のブックセンター、市内の三軒の本屋が結託し、愚脳市長を焚きつけ税金をストローで吸っている
赤地経営を黒字化する、これは経営者の醍醐味
坪内寿夫・大山梅雄・早川種三らは日本の再建王と呼ばれ、経営を黒字化し世間から高い評価を得る
ところが、愚脳市長小林は税金を投入し、失敗しても経済の原則だとうそぶく
こうした市長のもとだからこそ、村岡のような何もしないのが一番という発想が生まれる
また、こうした部長だから根性の悪い職員が誕生
それがカミダテ
此奴に高齢者までバス特別乗車証利用年齢を引き下げるべく、65歳以上の高齢者で定期券を購入しているかを問うた
記録をしてないので、わからぬがゼロだろうという
つまり、
70歳からの利用者を65歳からにしようという作戦だ
70歳以上は47228人
65歳以上は66842人
現状は対象人口の32%が利用、年額8000円で利用
利用料金を年間12000円に引き上げ利用年齢を65歳以上とする
2億5千万円の収入になり、現在より約2億円の増収
それに、児童・生徒の年間2万円定期を加えると3億円は見込めるだろう
学童年間2万円案を言うと、カミダテは嘘をかましてきた
小学校に私の子供が行っているが、学校は学童のバス乗車を禁じている

以下は有料ブログ


[PR]
by jpn-kd | 2017-11-20 00:00


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ