2017年 10月 14日 ( 1 )
八戸市営本屋9月売上またも減少
愚脳市長小林が開設した、官営本屋の売り上げは夏の山車祭りの8月は幾分か回復したが、またも減少。
とうに倒産しなければならない売上だが、税金を垂れ流してなんとか保持。もとより、三軒の本屋救済策(イキチ・木村・カネイリ)のため、また、大家の葬儀や助けの無茶な出店。
今後、赤字継続すれば撤退問題も発生は必至。
担当はイベントを増やし集客数を高める必要ありと分析しているが、本当はそれでは解決は困難。
というのも、三軒の本屋が売れる本を置くなと主張、ために、売れない本を並べるという本末転倒。なんだか妙な本屋だ。以下は有料ブログで



[PR]
by jpn-kd | 2017-10-14 07:12


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ