2017年 05月 18日 ( 1 )
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その6

電 気 店 必 読

マンデー 小 林 勝 か ら  

私は、松下電器ナショナルはるる欠陥品リコール隠しを昭和56年にも全政党党首・鈴木善幸元総理、大手新聞社にも告発しました。どこからも相手にされませんでした。あの時なら、欠陥品リコールすればよかったのに、松下電器が事件潰しをするから、覚書偽造、松下電器代理店元部長殺人疑惑まで発展、犯罪の輪が広がっている。
44日、小泉総理に松下電器不正犯罪行為を知らせ、おまけに、全政党党首にも松下電器の犯罪行為を知らせた。411日ブッシュアメリカ大統領にも松下電器の犯罪行為を手紙で知らせた。こんな犯罪会社を放置する、日本国には正義がないのか、この国は法治国家か、少なくても、松下電器の犯罪行為に対しては、放置しているから、事件を潰しているから放置国家である。
松下電器欠陥品を消費者に売り付ける電気店があったとしたら、共犯である。電気店は、これからは松下電器は要注意が必要だ。欠陥品はるるは、お粗末なごみだ。設計が間違っていたと昭和49年から、55年まで、吹き出し温度が「80度と規制し」寒冷地では使い物にならない、他メーカーは160度、200度以上も出ている。
普通欠陥品は「部品を交換するか」、新型の機種と交換して、欠陥品の処置をする。私は三洋電機の欠陥品を、カドニカ電池と石油ファンヒーターの体験をした。新機種と交換して処理できた。一件落着である。ところがである、松下電器は設計の基準が間違っていたから、部品を交換しても直らない、直せない、第一交換する機種すらなかったのである。石油暖房だけではなく、電器も,ガスも,エアコンも全部の暖房の設計がなんと、6年間も間違っていたことに気がつかなかった馬鹿な会社が松下電器だったのである。
7
万件あった電気店の中で、大阪松下電器本社に欠陥品の抗議で乗り込んだのが、私一人だけだと、わたしと徹夜で話し合った侍、増田幸夫事業部長が「小林さん一人だけです」」と驚いていた。私は驚く理由が分らなかった。もしかしたら、松下電器が総会屋、事件屋、暴力団」、癒着警察官らを自由に操ることを、私だけが知らなかったかも知れません。私にも、家族があり、松下電器が初めから総会屋、事件屋、暴力団とグルな会社と知っていたならば、私は当然行動を起こさなかったと思います。松下電器の欠陥品を見て見ぬふりをしていた電気店ならば松下電器と共犯です。松下電器は、欠陥品の責任は当然ですが無駄になった石油燃料費もお客様に返還するべきです。欠陥品を隠蔽、リコール隠しだけでも許されないものを、覚書まで偽造させ、殺人疑惑まであるのです。警察まで松下電器は事件潰しさせる力までもっています。電気店は松下電器にお客のために抗議しなければならない。欠陥品を欠陥品と分って販売をしていたとしたら、詐欺です。松下電器は欠陥品と認識しながら、はるるを販売していたのです。明らかなポット式なのに、カタログにガス化と嘘を記載してごまかしていたのです。電器ルートでは欠陥品と知られていて販売できなかったから、盲点をついて、ガスルートで販売したのです。明らかな悪質なごまかし、詐欺行為です。お客様の大半は泣き寝入りです。無意味な技術論を並び立てるナショナルの社員は、一握りでしょうが、昭和49年から、53年まで、製造し
昭和55年まで販売していたことになります。明らかな欠陥品なのにぬけぬけ井元部長、田中勇二郎所長が屁理屈を述べています。松下幸之助代理人として、ご当地に伺わせますと幸之助の秘書入間川氏が丁寧に言ったのですよ。最後に、井本部長は「子供の使いのようですいません、今度来るときには松下電器としての正式な見解を持ってきます」と約束して、それから一切来なくなってしまった


[PR]
by jpn-kd | 2017-05-18 00:00 | いかさま名誉市民


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ