2017年 05月 16日 ( 2 )
町の噂 美人過ぎる市議藤川2月19日入籍


町の噂

藤川とうとう結婚だ!

気になる相手は五戸町の弁護士とか

日陰の花も時が来りゃ咲く

まして、

いろいろと話題豊富な藤川、桃色の花だか藤色かは知らねども、これまた立派にお咲きだよ

がっかりする奴もいるだろうが、女三十も過ぎれば目尻の皺は隠せない

慶賀、慶賀


by jpn-kd | 2017-05-16 15:12 | 行政ネタ
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その4

松下電器を許すな、マンデー事件を追った三人のジャーナリスト怒りの座談会

 平沢正夫、安田雅企、山口俊明

三菱、東芝、日立、ソニー、三洋、シャープ等に比べて著しく技術力の劣る後発弱電メーカー松下電器は、販売力を異常に高めることによって巨大メーカーにのし上がった。その過程で町の電気商を潰し、乗っ取り、数々の悪事を働いた。一方で、独占禁止法違反も何のその、ヤミ再販を繰り返し、不当な利益をあげてきた。そんな松下電器の暴力団まがいの企業体質が、ついに事件屋、暴力団、総会屋を使ってマンデーを潰すという許し難い事件を引き起こした。松下電器は裁判官も弁護士もマスコミも思いのままに操ってもいる。すべての民を支配した江戸時代の城主よろしくふるまう松下電器をこのまま放置すれば、日本はますます悪くなり、民主主義も自由な企業間競争も窒息してしまう。あなたはそんな松下電器に向かって欠陥商品のリコールを要求したゆえに会社を潰され、人生を無茶苦茶にされた小林氏の悲劇を黙って見過ごせますか。本座談会ではマンデー事件を深く追求した3人のジャーナリストが松下電器が過去どんなあくどいことを行い、未だに「我関せず」とばかり、小林氏に謝罪しようとしない同電気体質を、幾多の事例をあげながら舌鋒鋭く告発しています。

平沢正夫フリージャーナリスト。週刊誌、月刊誌に健筆をふるう一方、「あざらっし子」(三一書房)、「保健薬を診断する」(共著、三一新書)等多数の著書をものにしている。医療ジャーナリストとしても有名で歯に衣着せぬ書き方に定評あり。「松下幸之助を裁く」(創魂出版)、「松下幸之助を怒らせる本」(三一新書)は松下幸之助が今太閤と言われていた松下電器の絶頂期にかかれたもので、羽仁五郎氏が推薦・絶賛した。

安田雅企フリージャーナリスト。やくざ問題の取材・執筆では第一人者。週刊誌、月刊誌にやくざの実態などを書きまくり著書は30冊近い。クリスチャンでもあり、マザーテレサやローマ法王が来日した際は独自の視点で「話の特集」や「婦人公論」に寄稿、高い評価を得た。丁寧な取材と紳士的な態度にやくざも一目置いているとされる。

山口俊明元時事通信記者。マンデー事件を追っていた1992年、1ヵ月の夏休みを取ったところ突然懲戒解雇された。懲戒解雇撤回訴訟で時事通信側は「担当を超えて警察の不祥事などを追っかけたことは社業を私物化する悪質な職務怠慢」と主張したという。現在原発や裁判、サラ金問題などを鋭意取材中。著書に「被告最高裁」(共著、技術と人間社)、「われらチェルノブイリの虜囚」(三一書房)、「竹村健一の研究」(東京経済者)、「ナショナルと警察を敵にした男」(三一書房)等がある。


by jpn-kd | 2017-05-16 00:00 | いかさま名誉市民


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ