2017年 05月 13日 ( 2 )
緊急NEWS 建たない田名部組のビル MS業者マリモ受けるか?2

愚脳市長小林が田名部智之を面倒みようと、男気を出し田名部組の子会社の八日町プロジェクトに補助金交付
これが曲者、補助金対象は弱小、かつ経験ゼロの個人であろうが、企業であろうが一切お構いなし
ために、頓挫
もとより、田名部智之には建築する気がなく、解体費用を取り込むことが第一義
ために、建たない状態が継続し、愚脳市長小林の
①ハサップ
②八日町PJ田名部組の建たないビル
③保健所担当職員の部下殺し
④官営本屋赤字垂れ流し
の四重苦の一つが解消しそうだ
それは広島のMS業者マリモに田名部組がどう粉をかけたのか、20年前払い地代一億円を呑みそう
今月末にマリモと田名部組が契約を結べば
工事着工は来年度、つまり2018年四月以降だ
残る三重苦の保健所担当職員部下殺しは愚脳市長小林は責任を負わなければならない


by jpn-kd | 2017-05-13 05:52 | 行政ネタ
特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その1
愚脳市長小林がどうして鈴木継男の家に入り込み、家賃を支払ったのか払わなかったかは当事者しか知らない
しかし、鈴木継男がいなければ、愚脳市長小林は鈴木の家に入り込む理由がない
不法侵入で逮捕だ
ここに焦点を合わせて、年代を追わず、思いつくままに記す
ペテン師鈴木継男が死んだので、洗いざらい奴の悪行を暴露する
こんなブログを見つけた

昨日、小生も数十年前に面識のあった小林氏が自殺したのだと古い友人から
電話で教えられ驚きました。彼が残したブログを見て
さらに驚きました!日本に正義はあるのでしょうか・・・

注釈:全国展開した電気器具の安売り店「マンデー」の前進はテレビサービス社

今でこそ東北新幹線のターミナルとなった八戸市だが、この物語が始まったころは、
漁港での水揚げは有数のものだったにせよ、まだ東北の寂しい地方都市だった。
その八戸市にテレビサービス社という電器店が開業したのは1973年。

社長は小林勝。
高校を卒業して仙台の三洋電機や東京の電器店で修業した後に独立した。
働き者で消費者思い、格安な価格で販路を広げたちまち市内一の電器商に成長した。

ところが、1980年、思わぬ災難が降りかかる。この事件の発端である。
三洋電機系列だったテレビサービス社に、松下電器産業の欠陥商品、
暖房器具「はるる」が持ち込まれたのだ。
仲介した卸会社は従来から取引していた八戸液化ガスで、
小林社長は、仕入れ価格が定価の37%という
破格の安さだったことと、日ごろから経営の神様といわれた

松下幸之助を尊敬していたので、
喜んで飛びついた。381台購入し、夏の間にほぼ全部売りさばいた。

ところが、気候が寒くなった10月ごろ、買った消費者から
「ちっとも暖かくならない」「スナックの客が寒いといって帰ってしまう。
すぐに引取ってくれ。」などとクレームが殺到し始める。
吹き出し温度が80度までしか上がらず厳寒の青森県では使い物にならなかったのだ。


そもそも、商品の値崩れに一番神経を尖らせていた松下電器が、
37
%という異常な安値で系列店でもないのに
店に卸したこと自体おかしなことなのだ。松下電器が、
当初から欠陥を知りながら押し付けた疑いが濃い。


小林は八戸液化ガスに商品の引取りを要求する一方で、メーカーの松下電器と直接交渉した。
松下側は欠陥商品であることをなかなか認めようとしなかったが、しまいに、
寒冷地では十分な温度には達しないことを認めた。

ところがここから問題はこじれる。
松下側は示談でことを済ませようとするが、消費者の立場を考える

小林はこれを拒否し、
あくまで製品のリコール(全製品の回収)を要求する話し合いは何度も行われるが、
松下側にリコールの意思はまったくない。解決しないまま約3年の月日がたつ。

198411月、小林は、欠陥問題がどうなっているのか、
相手側の見解を聞くべく松下電器の東京支社を訪れるが、
そこで、松下電器大阪本社の課長が「すでに解決済みと聞いていますが」
といって見せた文書に小林は仰天する。

解決金1500万円で紛争は解決したという内容の覚書で、
すでにテレビサービス社と八戸液化ガスの間で交わされたことになっている。


その覚書にはテレビサービス社の社印と小林自身の印鑑も押してある。
「解決金なんか受け取っていない」
「偽造文書だ」と、小林はかんかんに怒るが、その場ではラチが明かない。
以後、松下電器と八戸液化ガスを相手に一電気商の苛酷な闘いが始まる。

小林は後に松下電器の奥羽営業所長だった田中勇二郎と、
八戸液化ガスと代表者の鈴木継男ほか二人を相手取って訴訟を起こすが、
裁判では敗訴する。そして二審の東京高裁で審理中、
紛争当時八戸液化ガスの営業部長であり、
一審の被告訴人であった佐々木勝男が謎めいた死を遂げるのである。
(敬称略)

そしてついにはマンデ-社長小林勝氏までもが200371日ガソリンを浴びて
死亡してしまうのです。自殺してしまったのでしょうか?・・


by jpn-kd | 2017-05-13 00:00 | いかさま名誉市民


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ