2017年 03月 13日 ( 1 )
八戸市議会事務局物知らずで引き延ばし

八戸市議会はネットで全国どこからでも見ることが可能

ただし、至近の議会だけ

年度内すべての議会を見れるように記録媒体を改変すべき

それには時間がかるだろう

さて、

現在開催中の三月議会で、

五戸市議のハサップは失敗だとの

鋭い質問に、

市長小林がオタオタよたよた、

口からは泡を飛ばして、

失敗は資本主義の世の中では、

よくあることだ

と言ったらしい

市長小林は自らハサップは失敗だと認めたのか?

その真偽を確かめるべく議会の映像を求めた

すると、議事課は開示請求をしろ

そこで総務に開示請求書を提出した

その晩、今日の出来事を反芻すると、開示請求には当たらないと思い至った

というのも、行政文書開示請求は開示されていない文書の開示を求めるもの

既にネットで開示された映像を開示する必要は無い

そこで、開示請求は取り下げ、ひたすら映像提供の日にちの短縮を求めた

開示請求となると2週間は投げておける

ところが映像提供となると可及的速やかにと注文をつけられる

議会事務局は法律を十分理解していない

また、八戸市総務部総務課も行政文書開示請求の趣旨を忘れている

二つの課が凡ミスを犯した

請求者が気づかなければ行政に怠慢を与えることになる

さほどに、法律解釈を誤ると、行政側有利を与えることなになる

主権在民、これを思い出させる好例となった

しっかり働け、議会事務局


by jpn-kd | 2017-03-13 00:00 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ