2015年 06月 15日 ( 1 )
なはしのはなし114 オナガの「新基地は作らせませんよ」より凄い運動3
8万5千人の大集会は何を要求したのか
何故こうした運動になったのか
ここに沖縄がくすぶり続ける原因がある
沖縄だけが地上戦を経験し、沖縄はアメリカに組み敷かれた
そして、米軍軍政下におかれ本土復帰は戦後23年目であった
23年も日本政府は沖縄を捨て子にした
このことが日本人に十分伝わっていない
だから沖縄県人だけが苦しみ続けていると訴えている
米軍基地の外で起きた事件を地位協定のため、裁判権が沖縄にはないという事実
こんなバカな話はない
それを見殺しにしてきた日本政府
特に河野洋平はひどかった
この20年前の騒動でも、河野は見直しは必要ないと言った
地位協定の組み換えを要求するべきだ
殺人事件が起きても裁判権がないというだけで、犯罪人がアメリカに逃げる
沖縄県民は犬猫ではない
立派に人権を持つ
沖縄の人民は日本国憲法の網がかからないのか
そんなことはあるまい
安部首相は沖縄に来て居住すれば、幾多の矛盾に気が付くはず
置き去り、あるいは捨てた沖縄をもう一度考え、基地負担に耐えられないという言葉にどのように対処できるかを考えるべきだ
なんとかしなければならない
何が出来るのか
何をすることから始めるのか
それを沖縄戦から紐解いてみる
アメリカ軍を上陸させ、持久戦に持ち込む作戦
既にサイパンが陥落し本土にB29が飛行可能
次に硫黄島がとられ、ここの飛行場からB29を守る戦闘機の基地をアメリカは確保
既に制空権はアメリカに握られていた
サイパンが陥落した時点で日本は降伏すべきだった
が、日本人にそれをする勇気がなかったために犠牲者を増やした
まともな思考回路が日本人にはなかったのだ
ために昭和20年3月10日に大空襲で本所を中心とした下町で一晩で18万人が焼き殺された
焼夷弾を開発し、大型の爆弾から小分けにされた爆弾が飛び出し、ガソリンを満載し着地すると火災を発生する仕掛けだ
アメリカはベトナムでも同じことをした
上陸する前に徹底的に相手を焼き尽くす
米兵の地を流す前に、相手の血をいかに流すことに知恵を回した
沖縄も空襲を受けた
さらに上陸し毒ガスを使用
なまなましい証言がある
b0183351_8173542.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2015-06-15 08:15 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ