鳴らないジュークボックス18
鳴らないジュークボックス18
Perry Como THE ROSE TATTOO
『バラの刺青』 The Rose Tatoo (米) 1955制作
監督 ダニエル・マン
音楽 アレックス・ノース
主演 セラフィナ … アンナ・マニャーニ
    アルヴァロ … バート・ランカスター
    エステル … ヴァージニア・グレイ
    ローザ … マリア・パヴァン
    ジャック … ベン・クーパー
主題歌 『バラの刺青』 ( The Rose Tattoo ) 唄・ペリー・コモ


テネシー・ウィリアムズの戯曲を、舞台で演出したダニエル・マンが監督した作品。
ニューオルリンズ近郊のイタリア部落に住むセラフィナは、胸にバラの刺青をしていた亡夫が忘れられない。
酒場女のエステルも同じ刺青があるという噂でセラフィナは亡夫との関係を疑って悩んでいた。
15歳になる娘のローザにジャックという恋人ができたことも気に入らなくて、セラフィナは教会でわめく。
手を焼いた神父は屈強の若者アルヴァロに頼んでセラフィナを家まで送らせる。
セラフィナはエステルに会って真相を確かめ、噂が真実であったことで失望する。
アルヴァロはそんな彼女をやさしく慰め、セラフィナは彼の胸に飛び込んでゆく。
その胸にはバラの刺青が施されていた。

主題歌 『バラの刺青』は実際はこの映画の主題歌ではなく、映画をヒントに作られた楽曲で、映画に誘発されて書かれたいわゆるインスパイア・テーマです。
この映画では、アレックス・ノースの『セラフィナのテーマ』など十曲以上を使っていますがどれもヒットせず、ペリー・コモの『バラの刺青』に完敗してしまいました。
なお、『バラの刺青』はジャック・ブルックス作詞、ハリー・ウォーレン作曲によるものです。

He wore the rose tattoo
To prove his love was true
But hearts can lie, so why deny?
That roses fade and love can die
[PR]
by jpn-kd | 2018-02-14 07:39 | 鳴らないジュークボックス
<< 鳴らないジュークボックス19 雪に埋もれ死亡の男性 110番... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ