八戸市官営本屋ブックセンター倒産の危機

6月売り上げ57万円、5月が107万円で半分だよ、半分。

2割の利益で11万円、これじゃ倒産だ。

夏休みに売れる本は甲虫と星座。

こうした売れる本をブックセンターは置かない。

売れる本は本屋で売る、ブックセンターには置かせない。

これをカネイリが画策、どうしてそんなことが出来るのか?

仕組みはこうだ。

ブックセンターは本屋組合が運営、本の購入を決めるのは本屋組合、八戸市は3人の職員を送り込み、年間2400万円の人件費を費消し、本の購入費を支払うだけで、本の購入までは権限がない。

ここまで書き込んでハタと停まった。

根源の契約書を見ていないことに気づいたからだ。

諸事万事このようなもので、何となく知ってるつもりになっていた。

それはブックセンターの職員の言葉を鵜呑みにしていた。

市議連中もこうした落とし穴にハマル。

議会で説明を求め、言葉に酔わされて、契約書を見ていない。これは性善説。

ところが職員は市議は甘い、適当にごまかしたと陰で赤い舌だ。

本屋組合の正式名称は「有限責任事業組合八戸書籍販売」、妙な組合だ。

早速、どんな契約内容か開示請求をかけた。

つまり、売れる本は本屋で売る、売れない本をブックセンターで売るじゃ、永遠に我がブックセンターは浮かばれない。

MRジャイアンツの長島でなくとも分かる話だべ。


[PR]
by jpn-kd | 2017-07-14 00:05 | 行政ネタ
<< 人非人と呼ばれた都市整備部長後村20 人非人と呼ばれた都市整備部長後村19 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ