高橋一馬、元スポーツ選手、金銭感覚有り

29年3月予算委員会、予算決算は時間無制限、しゃべり放題、ここで自説公開の場、それをうまく使い、高橋は自分の立ち位置を鮮明にした。

スポーツを活性化させて市民に理解してもらいたい、非常にユニークで、ぜひとも応援したい事業であると感じております。
 しかしながら、90万円ということで、いろいろなスポーツに対するスポンサー事業をしていく上では非常に限られた予算で厳しい状況である。広報やホームページで有料広告の媒体枠を持っていますので、そこら辺をうまく、現金だけというものではなく、媒体を使ってうまくチームとタイアップして、さまざまなアイデアで各チームにアプローチしていただきたいと思います。市からも積極的にアイデアを出していってもいいと思います。しかしながら、行政感覚でアプローチしてしまうと、やはりバランスをとったり丸くまとまってしまうケースもあると思いますので、先ほど申しましたとおり、ぜひとも積極的に取り組んでいただきたい。


[PR]
by jpn-kd | 2017-07-13 00:05 | 行政ネタ
<< 人非人と呼ばれた都市整備部長後村19 人非人と呼ばれた都市整備部長後村18 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ