八戸市営ペット霊園に空き巣

◎大久保 清掃事務所長 それでは、八戸市動物死体焼却場事務室への進入窃盗、いわゆる空き巣について御報告申し上げます。
 本件は、鍵をかけていた事務室から現金が盗まれたものでございます。
 1、発生日時でございますが、平成27年5月27日水曜日の動物死体焼却場の業務が終了した午後8時ごろから翌日28日の業務を開始する午前8時までの間に発生したものと思われます。
 2、被害施設所在地でございますが、八戸市大字鮫町字大草離3-14地内でございます。通称ワンニャン斎苑と申しますが、その敷地内にあります事務室が被害を受けたものでございます。
 3、管理業務受託者でございますが、特定随意契約によりまして、公益社団法人八戸市シルバー人材センターが管理を行っております。
 4、経緯でございますが、5月28日木曜日の午前8時15分ごろに、動物死体焼却場の現場担当者から清掃事務所に、事務室が空き巣に入られ、警察に通報したとの連絡があり、清掃事務所の職員が急行いたしました。
 8時45分ごろ、職員が現地に到着いたしましたが、既に警察による捜査中のため、事務室内への立ち入りができず、外で待機していまして、午後2時ごろ現場検証終了後に事務室に入り、事務所内を確認した次第でございます。
 5、被害についてでございますが、27日に徴収しました動物死体処理手数料7700円、内訳は市民の持ち込みによる手数料1体当たり2050円が2件、収集による3600円が1件、計3件、ここが公金部分でございます。
 それと八戸市シルバー人材センターがつり銭として用意しておりました3万5000円が被害に遭ったものでございます。
 事務室内の物品及び書類等については、被害がないことを確認してございます。
 6、今後の対応についてでございますが、手数料につきましては、当事務所内で保管しないことを原則といたしまして、業務終了後、毎日銀行の夜間金庫で保管することを検討いたしております。


by jpn-kd | 2017-07-10 00:10 | 行政ネタ
<< 人非人と呼ばれた都市整備部長後村16 人非人と呼ばれた都市整備部長後村15 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ