ガンクロは火元になるか殺される、株島神社の宮司がそれ

株島神社が漏電で丸焼けだ。

人相学でガンクロは火元になるか殺されるという凶相、おみくじを出す側が凶相では話にもならん。

ところが人相学を勉強したことがない奴が多いので、みすみす一つしか無い命を出すか、火事を出す。

宮司には何度も会ったが、余計なことを言うと言い出す奴だけに黙っていた。人相学はあたる。江戸の昔、白井という男が処刑された人物の骨相、人相を研究し日本の易学を体系化したと言われる。

さて、

そこで神社仏閣の消火栓がどうなっているかを消防本部に調べてもらった。

小川真様

消防本部予防課三浦です。

お疲れ様です。

お問い合わせのありました屋内消火栓ですが、

市内では、

1光龍寺 2天聖寺 3本寿寺 4広沢寺 5大慈寺(長者)6南宗寺

7涼雲院 8龍源寺 9海安寺 10大乗寺 11福昌寺 12対泉院

13浮木寺 14常現寺

に設置されております。

よろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 八戸地域広域市町村圏事務組合

 消防本部 予防課 三浦

 〒031-0011

 八戸市大字田向字松ケ崎78

これは5・2㌧の水槽が準備されており、20分間の放水が可能だ。消防車は市内なら五分で現着する。夜中で住職が寝ぼけていなければなんとかなる。

屋内消火栓がない寺院はどうなのか。

境内地は私有地だけに消火栓はない。公道面にあるが、その消火栓まで遠いのが、

普賢院豊崎消火栓まで130

福善院是川140

願成寺市川270米、ホースは20米、14本接続が必要、消防団車両は10本のホース搭載、消防署の車両は14本搭載で一台で間に合う。

龍源寺根城140米、屋内消火栓を設けている。

仏閣39、神社26

株島神社の土地は上だけ、法面は八戸市のもの、株島神社に詣でるには八戸市の土地を利用するという不思議な構図だ。

私設消火栓を持つのは櫛引八幡宮、長者山新羅神社だけ、

新田八幡宮は消火栓まで160米

加波山不動、190

天狗山神社、260

新山神社、200米

川口神社、220米

丹内薬師堂、310米と遠い。

ガンクロ宮司の所には消火栓が公道面に一個あり。境内にあがるまでに息切れするほど。消防車両も署、消防団からも派遣されたが丸焼けだ。

周りは海、ここからも消防活動報告書には揚水をしたとある。

先ず、自警が一番、屋内消火栓の重要性を教えた例となった。


[PR]
by jpn-kd | 2017-07-07 10:50 | 行政ネタ
<< 人非人と呼ばれた都市整備部長後村13 人非人と呼ばれた都市整備部長後村12 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ