人非人と呼ばれた都市整備部長後村14

建設部長の竹洞が失敗し予算が余っている。その額700万円だ。

これについては竹洞糾弾の稿を別に予定しているので、詳細は明かさない。

この中から200万円を当てると説明。すると、勝ち誇ったように、財政は不要額を他に転用することを認めていないと言う。

他に転用できないという法律・条令があるなら出せ、そんなもの見たことがない。

つまり、佐藤は適当に聞きかじったか、捏造したことを誇らしげに言っているだけだ。

寝言は寝てから言え。

結句、今年度は下水未納者はまたも逃れ、2000万円の税は取れなかったと処理される。

徴収するべく努力するなら分かるが、取る行動も起こさず、取れなかったは嘘、取らなかった正しい。

こうした滞納整理を実施しない下水にこそ問題があるが、目つき陰険、性格邪険、他人の失敗に快哉をあげ、我が身の失敗は棚にあげ、しきりに栄達を願う亡者もかくやと思わせる佐藤、後村の失敗は得たり賢し、そんなものに手は貸さぬ、苦労は後村、お前がしろ、撒いた種は自分で苅れとばかりに竹洞が開けた不要予算、他に転用は当然、丹前、浴衣と同じで着込むことは誰でもできるが、佐藤はそれを拒否だ。

もとより、佐藤に貸しはあっても借りはない。だからこそ、こやつも返り討ちだ。
by jpn-kd | 2017-07-09 00:00 | 行政ネタ
<< 町の噂 マリエント食堂経営者出て行く 人非人と呼ばれた都市整備部長後村13 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ