人非人と呼ばれた都市整備部長後村2

この妻神というのは押し出しは十分だが、肚の欠けた男で、今なお商工会議所に足を運ぶ、なにやら町つくり会社とかに潜り込んだようだ。

肚のない男には大きな仕事はできない。が、人材不足なのだろう、チマチマした仕事には向く。

さて、

後村に頼まれた田向の処理は首尾良く終了した。頼むけど頼まない仕事は成就し、役所は面目を保った。

八戸に劇団「やませ」というのがあり、八戸人を様々に紹介。素人集団で年一回の公演が脈となり、八戸の文化を支える。小寺先生が八戸に演劇の文化を植えた。

ところが、公演を黒字化するのが至難な技だ。

そこで、頼むけど頼まない小川は後村に、このやませの切符100枚を売ってくれるように頼んだ。八戸の文化を守るためにだ。無論、小川はプレイガイドではないから、売れたからとて手数料は貰わない。

自分ができないことを他人に頼む。

世の中にはこうしたことが多い。弁護士などがそうした業種だ。

優秀なのに頼むと、ことは100%成就する。

そこで小川を巧みに使った後村に切符販売を願った。


[PR]
by jpn-kd | 2017-06-27 00:00 | 行政ネタ
<< 人非人と呼ばれた都市整備部長後村3 糞の役にも立たないブックセンタ... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ