愚脳市長小林を住民監査請求

水産部長の工藤の言葉を信じたばかりに、愚脳市長小林が苦悩だ。

23万市民は馬鹿じゃない。愚脳市長小林のハサップは失敗するからヤメロと

漁民は叫んでいた。それより第一魚市場の改築だと要望しきりだが、愚脳市長は耳鼻を貸さない。

漁民は知っていた。ハサップなんか導入したって魚価は上がらないんだ、愚脳市長小林は失敗するから見ていろと高見の見物。

案の定、失敗こいて挙げ句会計検査院からカネ返せだ。

慌てて請求額は返済。

その金額439万、これは電算入札システム分、このほかに三年後には5億5千9百万円を返還する。

今回、愚脳市長小林が自ら立案したハサップの失敗で返還した439万はお前が自分のカネで返還するべき、ために八戸市に与えた損害439万円を八戸市に返せという住民訴訟だ。

代表監査委員は早狩、年収は860万円

小原監査委員は年収200万円

ペテン師市議の大館は66万円、一度小川を騙せば終世ペテン師議員のレッテルを貼られる。泣くなよ。

こいつら三人も小川と同様、新聞、TVで会計検査院が不当な支出だと認めたことを知っている。

地方自治法には、

第百九十九条  監査委員は、普通地方公共団体の財務に関する事務の執行及び普通地方公共団体の経営に係る事業の管理を監査する。

○2  監査委員は、前項に定めるもののほか、必要があると認めるときは、普通地方公共団体の事務の執行について監査をすることができる。この場合において、当該監査の実施に関し必要な事項は、政令で定める。

○5  監査委員は、前項に定める場合のほか、必要があると認めるときは、いつでも第一項の規定による監査をすることができる。

○6  監査委員は、当該普通地方公共団体の長から当該普通地方公共団体の事務の執行に関し監査の要求があつたときは、その要求に係る事項について監査をしなければならない。

愚脳市長小林がしでかした失敗、それを自ら監査請求はしない。だが、住民がそれをさせることができる。

八戸市民はヌルイ湯に浸かって出ることを知らない。ぬるけりゃ焚け。愚脳市長に天罰を加える。それを見て見ぬふりをする監査委員たちは阿呆だ。

カネが欲しくて仕事をするのか、そのカネが無くなることを恐れて黙っているのか、それは卑怯だ。監査委員の報酬も市民の税金だ。

住民監査請求の聴聞は非公開

6月21日午前11時、第一委員会室

b0183351_09254892.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2017-06-18 09:26 | 行政ネタ
<< 特集 八戸裏面史 いかさま名誉... 特集 八戸裏面史 いかさま名誉... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ