特集 八戸裏面史 いかさま名誉市民鈴木継男を通して見た八戸 その15

まして一年じゃ使い走りだろう。

その大平が自伝でマネージャーをしたと記したのも、鈴木継男がそう要請したのか、それとも大平透自身がそう思い込んで記したのか? 裏をとれ、物書きとして裏を取らずに記せば咎めが必ず来る。

人殺し縄文館館長の古館、こやつがしでかした失敗が、市史編纂委員が持ち込んだ原稿の裏を取らずに市史に掲載、当然訂正が必要になり、後任者の佐々木に押しつけた。結句、古館を頼りにしていた佐々木は古館の逃げを食らって自殺した。

これほど左様に裏取りは大切だ

大平は自伝に自分が嘘を記載すれば、前非は書き直せば消えるのかね、少なくとも大平は、そう信じている。だから、わざわざ、自身しか知らないマネージャーに書き換えたと発言。

こんな馬鹿が副市長様におなりだから、八戸市の前途は暗い。

前非を悔いるという言葉があるが、事象を書き換えれば済むのかね。

パソコンのリセットボタンを押せば、入力した事柄は瞬時に消える。新たに記録を収録するが人生は自伝を書き換えれば、鈴木継男の悪行が消えるのか。

そんなことをしても、講談社MOOKの本は厳然としてあり、鈴木継男がテレビで語ったビデオテープも存在する。

それを大平は書き直しました。どこか価値観が違う、鈴木継男の為にする言辞を連ねただけで真偽も確かめず、大平透の実名で編集後記を記した。物書きの資質ゼロ、当然副市長としての資質も問われる。
[PR]
by jpn-kd | 2017-05-30 00:00 | いかさま名誉市民
<< 特集 八戸裏面史 いかさま名誉... 特集 八戸裏面史 いかさま名誉... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ