平成28年度 市の施設の入館者数 解説3
美術館の館長が女の山田、こいつが腐っている。
美術館は絵を見せるところで動員を計るところではないと豪語
ところが、それは嘘
昨今は美術館はアートを見せるところではなく、アミューズメントに堕した
その証拠がこれ
小川 真 様

平成29年4月22日にメールにてお問い合わせのありました

件につきまして、次のとおり回答いたします。

年度  入館者数    入館料

 H23  29,434人    3,428,841円

 H24  38,391人    5,648,160円

 H25  25,683人    2,879,283円

 H26  46,487人    8,089,377円

 H27  48,637人   10,091,816円

*****************************************
  八戸市新美術館建設推進室

   〒031-0031  八戸市大字番町10-4
  TEL 0178-45-8345 FAX 0178-24-4531
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/art/
   e-mail shinbi@city.hachinohe.aomori.jp
*****************************************

26年、27年の動員はキティちゃんだか猫展だかで企画物をとりこんで人集めをした

ところがたかだか

48000人、一日あたり131人でしかない

はっちと美術館で回遊する人口を作りたいなどの妄想があるが、所詮文化では人は集まらない

文化は食えない、腹一杯にならないのだ

愚能市長小林はこの根本が判らない気の毒な人だ

さて、

この新年度になると施設の入館者数を調べるが、美術館の高森は協力する気が無い

館長の山田がアホでGLの高森が抜けている

28年度の数字が抜けていると言うと、まだ決算が確定しないという

決算は役所の問題で、入館者数は確定し、入館料もまた同じだ

決算が確定せずとも開示請求をかければ出るが、それほど重要な案件ではない

つまり高森が物を知らない

また、アホの山田館長が適切な指示を出せない

新美術館構想なんてくだらぬことに真剣になるな

博物館の入館者数は昨日提示

博物館が是川縄文館と合併し、博物館に美術館が移動すればいい

絵画は博物館の収蔵庫に入っている

税務署の跡地を美術館にしたことから間違いだ

まして、鈴木継男の瞞着した絵画、本当に4億円の価値があるのか?

めくらましに会っていないか、鈴木継男独特のふくらましの幻術に酔っていないのか

目覚めよ

八戸市民のためは、本当に美術館新設なのか?

愚能市長小林の暴走で八戸は窒息するぞ


[PR]
by jpn-kd | 2017-04-27 00:00 | 行政ネタ
<< シリーズ 過労死 八戸市長小林... 平成28年度 市の施設の入館者... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ