シリーズ 過労死 八戸市長小林が部下を殺した場合9
オンブズマンの追求で図書館職員が自殺
その原因は古館が責任をなすりつけたからだ
古館は男じゃない
人間として恥ずべき奴だ
死んだ者貧乏で亡くなった佐々木氏は恨みをこめて死んだ
ところが、古館はもっけの幸いとばかり、縄文館の館長様だ
図々しい奴にはかなわない
オンブズマンと一緒に、日本救護団排斥を狙った市長小林は図書館に十万円を寄付すると言った小川からの申し出でを図書館長藤田に拒否させた
理由は係争中だからだと
図書館長藤田は筆者に「おまえらは佐々木を守らずに人殺しだ」と叫ばれた
そのときの藤田の答えは「あんただって助けられなかったじゃないか」だった
藤田は少なくも、日本救護団が加害者の側ではないことを認識していた
ところが
小林にいいくるめられれば白を黒と言い換える
こんなことは市役所職員には当然のことだ
図書館に寄付するのは、きまぐれな思いつきだ
目腐れガネで裁判に勝ちたいなどと思うか?
図書の充実もせずに、売れない本を並べる市長小林愚か者発想の官営本屋
そんな人件費・家賃の無駄遣いするより、図書購入費にあてるべきだ
そんなことも理解できない低脳市長小林は、副市長にも係争中を吹き込んだ
奈良岡副市長にハサップのことで質問したときに、電話で係争中だから話をしないと切られた
結句
裁判で日本救護団が問われることはなかった
市長小林の目論見は見事に外れた
ところが、
皮肉なことに中村係長の自殺は、馬鹿市長小林が保健所新設をしなければ、発生しなかった
つまり、事件となれば市長小林は民事・刑事の両面から訴追される
佐々木職員自殺ではオンブズマンと日本救護団を追い込んだが、今度は追い込まれる立場だ
そんな人間が市長選に出馬できるのか?
女房が職員を奇貨とし、労災請求をさせないのは人権侵害だ
追い込んだ奴は追い込まれる
世の中皮肉に出来ているんだ



[PR]
by jpn-kd | 2017-04-16 00:00 | 八戸市長小林部下殺し
<< シリーズ 過労死 八戸市長小林... シリーズ 過労死 八戸市長小林... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ