シリーズ 過労死 八戸市長小林が部下を殺した場合 2

総務省から保健所新設職員を派遣させた市長小林
わずかな利権を得たいがために、手を血で濡らした
介護保険施設の許認可権
市長小林は言い訳じみた言いかたで、自分の利益のためにしたことはない
ところが、
わずかな利権を得んがために、保健所新設だ
これは
明確に愚鈍市長小林の論理に反している
ご都合主義なだけだ
立派な口はいくらでも叩ける
口紅と言い訳は後からつけるからだ
市長小林は市議の某にそそのかされ、人殺しの道を選んだ
そして
保健所新設を成就させた44歳の総務省の女は財政部長に抜擢された
人殺しをして得た椅子だ
さぞ
座り心地は悪かろう
さらに、
恥知らず市長小林は血ぬれた手をたかだかと掲げ、四選に出馬するという
どこから
そうした発想が出るのか
市長小林は今でも酒を飲みに夜な夜な出かける
かわいそうな係長中村氏は家族の団らんもなく、墓石の下だ
その墓石を蹴る、踏みにじる行為をするのは人事課だ
市長小林が殺した職員、明日は我が身かもしれないのに、労災請求をしない
人事課長は、市が労災請求はできないという
図書館職員が死んだときはどうだった
総務部長の早狩が率先して、それを行った
職員を守る気概があった
そして、裁判になりオンブズマンの山日は判決にしたがい、カネを支払った
ところが、
市長小林が自ら殺した職員に対して、八戸市はそれをしない
市長小林が命じているからだ
総務部長は市長小林がどうであれ、職員を守る責務がある
市長小林が望むとも、望まなくとも、粛々として手続きはしろ
そして、
オンブズマンの山日が裁判に引き出されたように、市長小林の責任は追及しなければならない
市長小林は部下殺しなのだ
厳然たる事実は隠せないのだ

by jpn-kd | 2017-04-09 00:00 | 八戸市長小林部下殺し
<< シリーズ 過労死 八戸市長小林... シリーズ 過労死 八戸市長小林... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ