シリーズ 過労死 八戸市長小林が部下を殺した場合

44歳の総務省から来た女が保健所新設の責任者
この女の配慮がなかったからグループリーダーの中村氏は自殺した
総務省に八戸市長小林が人材を依頼した
そこで44の女が来た
そして、めでたく中核都市になる要件の保健所は出来た
職員中村氏の自殺という大きな代償を支払って
この44の女が悪いのか、それとも市長小林が悪いのか
それは、愚鈍な市長小林が悪い
そもそも
そんな介護保険の許認可権を得るなんてことを考えなければよかったのだ
自分の四選のために、影響力を行使できる許認可権を得たいばかりに、部下を殺した
このことを、民進は言わないのも妙だ
電通を見ろ
過労死で徹底的に叩かれた
この愚鈍、愚図、失敗連続完封負けの市長小林を叩く奴がいない
叫んでいるのは日本救護団だけ
過労死(かろうし、英:karōshi)とは、周囲からの暗黙の強制などにより長時間の残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血、心臓麻痺などで突然死することや、過労が原因で自殺することなどである。過労・長時間労働は、うつ病や燃え尽き症候群を引き起こしがちで、その結果自殺する人も多いので、「過労自殺」も含む用語としてしばしば使われる。
市長小林も人事課も徹底して部下を守る配慮に欠けた
糾弾されてしかるべきだ
働き過ぎは精神のバランスを喪失させ、死への願望(希死念慮)をもたらす。「眠りたい以外の感情を失った」と訴える患者もおり、抑うつ状態やうつ病である場合が多い。ただ、「労働時間の長さ=自殺の危険性」というわけではなく、人により許容度が異なるが、それを職場の上司が理解していない場合が多い。また、オフの時間の過ごし方も影響する。睡眠不足の第一の原因は厚生労働省の平成28年版過労死等防止対策白書によると残業時間の長さになっており、36.1%である
当然、人事課はタイムカードから長時間労働は認識している
それが、何故防げなかったのか


[PR]
by jpn-kd | 2017-04-08 00:00 | 八戸市長小林部下殺し
<< シリーズ 過労死 八戸市長小林... 八戸官営本屋 3月売り上げ15... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ