建たない田名部組ビル 一般質問は公明・前沢市議質問
自民・民進は質問せず
公明前沢市議の独壇場
前沢市議は12月議会でも質問

前沢

本年3月定例会における私の質問に対し、同事業は平成28年度に着工し、平成29年度の完成を目指すという計画であるとの答弁がありました。地元の若手経営者が自身の夢を形にしたいという思いで取り組んできた事業でありましたが、先ほど述べた理由やさまざまな環境の変化によって事業が進展していない状況が続いておりました。新聞報道による現在の状況では、新たな事業主体として大手開発業者へ事業が譲渡され、本プロジェクトを進めていくということでありました。
 そこでお伺いいたします。今年度に入ってからの八日町複合ビルの動きについて、新たな事業主体への事業譲渡は可能なのかどうか、それが現在どのような状況であるのか、そして今後の事業の見通しについてお伺いいたします。
 第2点として、大手開発業者によってこれから新たな計画が策定されるということでありますが、中心街の活性化に向けて、市としてこの大手開発業者に望むことがあればお聞かせいただきたい。

市長小林

前澤議員と同じように八日町地区に八日町プロジェクトという形で大きな動きができたということは本当に大いに期待していたところでございます。
 議員御案内のように、テナントの問題等もあってなかなか困難な状況が続いておりますけれども、あそこはやはり八戸のまさに中心の象徴的な場所でもありますので、何とか今の関係者の協議が前に進んで、そして今進められている他のプロジェクトと一体となった形で中心街の大きな一つの顔になるように、今後プロジェクトが進んでいくように私も努力をしていきたい、全力を傾けていきたい、このように考えております。

これっきりこれっきり、これきりですね

屁のような質問、それも市長小林のよいしょで終わった

しないほうがいい質問の典型だ



いよいよ、年度またぎとなる大事な三月議会
どんな質問が飛びだし、なんと市側が答えるのか
田名部組はいいわけばかり
ダイワハウスといろいろ交渉というが、実現しなければ糞の役にもたたない
国は三月に今一度八戸市を仙台に呼ぶ
本庁の課長も仙台に来る
二月と同じ話、つまり建たない言い訳は聞きたくないと釘を刺された八戸市
田名部組は最初から建てる気がない
気が無い奴は策がない
いかにもありそうな事を言うばかり
市長小林の眼鏡違い
田名部智之はみどころのある若者
人は身なりで採用され、能力で解雇される
ナポレオンの言葉だ
いよいよ、八戸市は追い込まれた
中止報告書を国に上げなかった咎めだ
田湯も風張も逃げの体制
四角をまわって、ペダルを必死に踏んでおります
ここ京王閣の夕闇、最終レースの最終コーナー
先頭を必死でこぐのがカザハリ、2番手が田湯、三番手を体を張ってブロック
青森勢で一着、二着がきまるか
逃げ切り可能な模様
競輪の話だ

by jpn-kd | 2017-02-22 00:00 | 行政ネタ
<< 沖縄どこでもドアオバア列伝5 建たない田名部組のビルを議会で問え >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ