八戸市営本屋 市長小林の妄想の売り上げ

八戸市営本屋「ブックセンターの売り上げ」

全国的にも珍なる市長小林の個人的趣味の店

開店早々の12は義理買いもあり

290万円の売り上げ

1

200万円

これでは家賃も出ない

民業圧迫との批判もあるが、売らない本屋を造り町中に人を呼び込むという市長小林のホラ話だ

誰も信ずる者はいない

本屋開店で人が集まるなら、伊吉書店は中心街を去らず、また、木村書店も小中野一か所にはならなかったはず

難しい本屋経営

市長小林能天気

どのみち税金と高を括った

https://youtu.be/cMSjCjX7VOs


[PR]
by jpn-kd | 2017-02-11 00:00 | 行政ネタ
<< 沖縄どこでもドアオバア列伝 沖縄どこでもドアオバア列伝2 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ