八戸市立図書館の年間1200万円の図書購入は?
全国にも珍なる市営図書館
こういうのはツタヤに頼むもんだが、そうなると市内
に三店舗生き残った本屋が困る
とばかり、市長小林が力んで官営本屋開業
この構想は金入の社長が小林に吹き込んだとか
市議の某が吹き込んだのは中核市移行
これで死人が出た
祟りがあるぞ
必ず、怨念てのはある、何回も見た
金入の件でも見たな、あれは生き霊だったが
さて、
この市営本屋、本を売るのが商売
すると
年間1200万円の図書購入費がどうなるのか
市営本屋が売るのかと余計な心配だ
自分の頭のハエも追えないのに……
そこでメールをぶち込んだ
回答が来た

小川 真 様

お問い合わせの件について次のとおり回答いたします。

南郷、駅情報センターも含む市立図書館は、地元の書店である木村書店、伊吉書院、金入から購入しており、新年度も前出の3書店から購入する予定です。

八戸市立図書館 22-0266

[PR]
by jpn-kd | 2017-01-23 00:00 | 行政ネタ
<< ここが鍵 建たない田名部組ビル... 沖縄どこでもドア国際通り7 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ