八戸市役所職員過労死、自殺をかくす人事課
市長小林の妄想が人殺しをしてしまった
中核市などを言い出さなければNグループリーダーは

自殺しなかった

女房も八戸職員のため口封じをしているのだろうが、情報は漏れる
中核市になるには自前の保健所を作らなければならない
保健所はもともと県の仕事
自前でやるには、獣医を青森保健所に出向させ、保健師をそれぞれ3つの保健所に派遣研修だ
その管理をしたのがNグループリーダー
激務だ、
業務開始は小林の妄想で来年の一月元旦からだ
時間がない
もとより、四十代前半の職員、この男は与えられた業務を忠実にこなすことで知られた
ところが、これが災いした
人間は真面目すぎる、能力がありすぎると管理者に狙われる
それを巧みに利用したのが市長小林だ
オンブズマンが図書館職員を自殺に追い込んだ
それと、市長小林は同じことをした
それも、パワハラでもっと悪い
市長小林に人殺しの認識はないだろう
しかし、同じだ
卵をてのひらで強く握ればこわれる
人間も同じだ
市長小林は弔問にも行かぬだろう
人口で保健所設置が義務づけられるなら、やらなければならない
しかし、中核都市は申請主義
そんなことを、おっちょこちょいでやる必要はなかった
市長が死なせたのは間違いが無い事実

市長自ら労災申請をしろ、それでなければ仏は浮かばれない




by jpn-kd | 2016-11-16 19:19 | 行政ネタ
<< 八戸市職員過労死、自殺を隠す人... なつかしの八戸12六日町界隈 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ