21日経済協議会大荒れ

平成18年 9月12日 定例会

民進党五戸議員の質問に

EU対応型市場について申し上げます。

 現在、八戸漁港検討会議において、卸売場の活用策としてEU対応型の衛生高度化施設を検討しております。ここでの水揚げは、魚倉をステンレス等に改造し、魚の鮮度保持のための一定した温度管理ができるハサップ対応型漁船から、魚をフィッシュポンプで市場内へ空気に触れることなく取り込むことを考えております。

 低温管理された市場内では、自動選別機により魚を魚種や重量別に選別して鮮魚で販売されるほか、一部は凍結し、パッケージされた冷凍品として販売されます。この施設では、産地市場としては初めてのハサップ認定を想定しており、漁船から水揚げされたサバやサンマをハサップ・サバ、ハサップ・サンマとして出荷するほか、ハサップ認定加工場への原料供給を考えております。



[PR]
by jpn-kd | 2016-10-18 07:19 | 行政ネタ
<< 八戸市長小林ハサップ失敗、会計... 八戸市議政務活動費はらわたまで... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ