八戸中心街に無駄ガネ17億円で屋根かける

総務省あがりの市長小林の得意技は国の交付金狙い

今度は葬儀屋がビルを建てたいが金がないというので、土地の半分を八戸市が買ってやり、ビルを新築させた

その土地に屋根をかけるだけで17億円、建たない田名部組のビルの建設費が18億円の予定

8階建てのビルが建つ金額を屋根だけで使う

ホントにそんなに金がかかるの?

国からの交付金はタダもらいの乞食根性だが、それも税金

無駄遣いじゃないの?

国をだまして金をせびるじゃ道楽息子じゃないのかね

必要なものに金は惜しむなは原則

だが、不要なものに金は使うな

総務省にいたから交付金ねだりが上手な市長

それはそれで大事だけど、不要なものに税金無駄遣いじゃ市長の仕事とは何?

資格問われる八戸市長小林失敗続きだ



by jpn-kd | 2016-09-24 06:15 | 行政ネタ
<< 写真と映像で見る八戸1 市長小林部下の面従腹背を知らず... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ