八戸市消防団に消防車は必要か12

税金は正しく使う

これが官吏に課せられた使命だ

毎日仕事をこなす

官吏の給料は親方日の丸で黙っていても入る

消防本部の消防団係の給料は八戸市から出ている

残りの消防本部の職員の給料は広域事務組合から出ている

消防団係の頭には八戸市から給料が出ているの認識はない

給料は親方日の丸でどこから出てきても問題はない程度の思考だ

土建屋の下請けは親方が誰かは知っている

親方が仕事をくれないと明日から生活に困る

ところが消防本部職員は親方が誰でもいい

そんなことをいちいち心配することではない

この考え方の延長線上に消防団の出動記録保管があった

消防本部の書類管理規定がある

これには3年とある

しかし、これは本来の広域事務組合の消防本部内の規定

消防団事務は八戸市から受託している

つまり

八戸市の規定を守らなければならない

当然、このことは委託する側からの申し出でがなければならない

ところが

八戸市と消防本部で契約約款がない

つまり

勝手にやれということで毎年2億2千万円を投入した

この中には消防団員の出動報酬が入っている

出動記録がないと報酬の支払いはできない

消防本部の規定の第13条には

消防団員の報酬および費用弁償の支給に関する書類は第二種文書であると規定

第二種文書は10年保存だ

つまり

消防団員の報酬の書類は十年保存だ

そのもとになる出動記録を三年で破棄するは間違いではないのか

消防本部は八戸市役所法規に問いあわせたが間違いではないと主張


[PR]
by jpn-kd | 2016-08-30 08:53 | 行政ネタ
<< 八戸市消防団に消防車は必要か13 八戸市消防団に消防車は必要か11 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ