暴露 建たない田名部組のビル、町づくり文化部が一歩踏み込む6

市長小林が高く評価し、中心市街地活性化の核となると期待した田名部組、その社長である田名部智之氏は頼みにあらず。

この暴露シリーズを展開してきたが、結論は田名部組は信に足りない。

というのは、市役所には建てます、それには三つの案がありますと提示。

その三案のどれですかと市役所が問うと、はっきり言えないと結論を先送りだ

市議もひと月に一度は顔を並べて報酬を得る

これが市役所の決まりだ

国税、市税を投入し寂れた中心市街地を何とかしようと、できもしない約束までして、葬儀屋の肩まで持って公営本屋を経営し八戸を活性化すると力ん赤い顔しているのが市長小林だ

その、小林が尻押しする田名部組はビルを建てることを放擲した

というのは

建たないビルの空き地をホテルを建てる工事業者に貸した

来年の三月まで

相手業者は戸田建設

市役所は小林専務に賃貸の事実確認をした

すると

一か月単位の契約だと事実を認めた発言

今年度は国から補助金1500万円が出ている。これは解説したが、それを使えずに返す、これ自体、八戸市役所の資質が問われる大事件

目途も方途もないのに国に補助金申請をしたからだ

つまり国だましの片棒を担いだ

田名部組にいかに力と智慧があろうと、国に補助金申請の手続きはできない

これは行政機関のみが有する独特な権能だ

その権能を巧みに行使し、いい加減な計画案を提示し、今年度中に着工するすると言葉で巧みに相手を泥沼にひきずりこむ

ところが、一方でその土地を来年三月末まで貸した?

それは、建てる行為を投げた、やらないということを証明したに等しい

建てる気があれば地鎮祭をして、そこに重機を運び込む

ところが、整備して運び込まれたのは戸田建設の重機だ

背信!

田名部組の口の中を見ろ

政治家の必須条件の二枚舌が存在

田名部組頼みにあらず

市役所は土壇場に追い込まれた

それは市役所特有の曖昧さが招いた

どちらにも良い方法での公平さが、罠に落ちた

田名部組頼みにあらず、市役所の窮地を救うには残された時間は半年

官民挙げて知恵を出すことだ

商工会議所にある街づくり会社、ここは番長ヒルズを建てた経験あり

補助金は田名部組でなくとも出る

建設業者団体も結集し、田名部組抜きでビル建築に知恵を出せ

ビルの上層階は市役所が市営住宅で30年借上げをする

建築資金の都合だけすればいい

親方は日の丸、何の心配も無用だ

市長小林の人物評が間違い、あたら大事な時間を浪費

失った時間は戻らない

が、困ったときに出すのが真の知恵だ

市長小林真の名の通り、今こそ出せ、真の知恵を

田名部組、頼みにあらず

b0183351_06150403.jpg
b0183351_06154161.jpg
b0183351_06161446.jpg
b0183351_06175770.jpg
b0183351_06171723.jpg

by jpn-kd | 2016-08-26 06:20 | 行政ネタ
<< 八戸市消防団に消防車は必要か10 暴露 建たない田名部組のビル、... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ