健診センターの出資金3億円が行方不明5
第二回 続
高木 休日夜間薬局は現状より狭くなっているがこれでいいのか
山田 コストを考えた。感染症の場合は対応スペースが必要
松浦 面積ではなく機能として何が不足かを知りたい
石藤 検査スペースを増やすという話ではない。
松浦 会議室が広いが週なんかいあり、何人があつまりその時間帯は
高木 医師会では不足の場合は3階会議室を使っている
松浦 会議室はひとつではなく複数必要だ
加賀 会議は夜か
高木 夜だ
松浦 医師会は毎日会議があるのか
栗橋 週の半分はある。6月はほぼ毎日だ、時間帯は20時から22時だ
松浦 大ホールを半分に仕切ってつかう、そうすれば各団体の会議室など占有空間を減らせる
加賀 図面を描きたい、同じ建物にするのか、別棟か、健診センターは面積ひろい、別発注でコストダウンもあるだろう
高木 はっちは単価が高い、そんなにカネは出せない
松浦 大事なのは機能だ。健診センターと臨床検査が一体のほうがいいとか、将来を考えれば別棟もありうる。田向は地盤が悪い。杭だけでも相当長いものが必要だ。消防は耐震構造だが低層階なら耐震は不要だ
山田 薬局を建てるときは医療機関と同じ建物を借りてはできない。休日夜間診療は事業主体は八戸市なのか? 個人だと隔日にだめだが、市の休日診療をやるなら大丈夫だ
[PR]
by jpn-kd | 2016-07-23 09:58 | 行政ネタ
<< 建たなくとも返す必要ない補助金... 健診センターの出資金3億円が行... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ