屋根をかけるだけで20億円、失敗の上塗りの本質
市長小林の最大の失敗は無目的施設「はっち」の建設
これには土地代はあわせて約42億(市が払うのは約8億4千万円)を出した
維持費は当初1億4千万円と言っていたが、実質年間2億8千万円がかかっている
建物を維持するだけで、無駄に3億弱が煙と消える
それだけでなく、葬儀や助けで公営本屋を出店し、毎月家賃だけで百万円
この目論見書も間もなく入手できるので、徹底解明を試みる
さて、
その葬儀や助けで三日町側を市が購入してビル建築を容易にしたいわく因縁つきの土地
そこを町中の庭と称してまちにわが出来る
そこに屋根をかける
その額20億円
屋根をかけるだけでだ
はっちは市が8億出した
今回のこのまちにわには20億の半分を八戸市が負担
つまり10億円
はっちは建物を建てて8億円
今回は屋根だけで10億円
納得できない数字だ
そもそも
何で屋根つきの庭を作るのか
それは
はっちを建設するときの知恵が不足
八戸を代表するのが夏まつり
その山車をはっちに入れて全天候で見せる構想が二階の床が低く設計されてダメ
それを補うためのまちにわだ
つまり
市長小林は恥の上塗りだ
このはっち建設を担当したのが風張
この女の浅知恵が元凶
物資高騰もあり計画は二転三転
挙句、山車の入らない建物建設
それがためにガラス屋根の庭をつくる
こうした恥の上塗りは、より大きな失敗の原因となる
その証拠は
国も交付金を出すが市の負担も半分ある
ために
八戸市は10億円の拠出だ
これを推進するのがはっちで失敗した風張知子まちづくり文化スポーツ観光部長だ
これが建たない田名部組のビルも担当する
あれもこれも支障が出ている
10億も屋根をかけるだけで必要なのか
その負担を八戸市民がしなければならない理由はあるのか
何にその屋根つき庭を使うのか
それは第一に山車を入れ込む
それは
基本計画に書かれている
失敗の上塗りでしかない
b0183351_6355065.jpg

by jpn-kd | 2016-07-09 06:36 | 行政ネタ
<< 屋根をかけるだけで20億円、失... バイオマス発電に61億の交付金 3 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ