バイオマス発電に61億の交付金 2
1. 木質バイオマス発電の燃料調達

日本の国土の2/3を森林が占め、その4割は人工林だが、8,000万〜1億㎥に上る年間成長量のうち、現在木材として利用されているのは約2,100万㎥にすぎない。この他に2,000万㎥が切捨間伐材として山に放置されている。この切捨間伐材等の未利用材の出口となることが、FITの未利用木質バイオマス発電に期待された。

だが、スギ皆伐主伐伐出・運材コストは7,000万円/㎥に対し、スギ間伐伐出・運材コストは11,000円/㎥程度である。
木質バイオマス発電所の「未利用材」丸太の買取り価格は、5,000〜8,000円/生t程度であり、間伐材の場合、補助金などで底上げしないと、条件のよいところにある、限られた量しか集めらず、コスト高の間伐材ではなく、皆伐(主伐材)が主な発電燃料となる可能性がある。
スペーサー間伐材等由来の木質バイオマス利用量は2013年度で121.1万㎥であり、2020年の目標でも600万㎥である。未利用木材の現在の認定容量36.3万kWでは、700万㎥以上の木材が必要とされるが、認定された木質バイオマス発電は2015年から2016年にかけて本格稼働し始めるため、供給体制が追い付かない事態になるのではないかと懸念されている。
こうした問題を抱える八戸バイオマス発電会社
国の交付金を得て活動開始だ
これを解決するには方策がある

[PR]
by jpn-kd | 2016-07-05 07:07 | 行政ネタ
<< 神明さん近く宝来食堂改装中 田向保健センターに健診センター... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ