聞いてあきれる市長小林の本に親しむは嘘
幼い子供にばらまきの絵本プレゼント
人気とり以外の何物でもない
市長選がそろそろ視野に入ってきた
参院選で田名部まさよが落ちれば市長選に出る
市長小林とは格が違うので小林は追われる
そこで人気取りに拍車をかける
現職有利と言われる選挙だが、公営本屋をやって利を上げるという
その家賃は年間1200万円だ
全国平均の蔵書数を持たない八戸図書館
館長は藤田
蔵書購入費は年間2800万円
本屋を出さずに1200万円を足せ
4000万円になり図書は充実
ところが
館長の藤田は蔵書を減らすという
その理由は?
もとより全国平均の蔵書数に満たないというのに
それは
本が置けない
だから処分しなければならない本が出る
ならば、
三階の古文書を博物館に移送せよ
この三階の古文書部屋が盗掘のもと
ここの古文書が盗まれた
盗ったのは図書館職員か市史編纂委員
なぜなら
一般人はそこに入れないからだ
ここに明治天皇の絹本の絵があった
吉田初三郎の貴重なもの
八戸博物館で吉田初三郎展を開催、それの目玉の絵だ
これが見つからずに探していた
職員が靴で蹴ったため破けていた
もとより職員は無知の塊
吉田だろうが須永だろうが関係ない
探す気がない
それを探させた、徹夜でも探せ、みつからないときは筆者が探すと伝達
結果、その日に出た
図書館三階の盗掘のもとから出た
ここにあった火縄銃が盗まれた
槍の穂先も盗まれた
これは、編纂委員を務めた古老が言われた
これについて、職員を見殺しにした古舘が編纂委員に詫びに行った
それほど三階は泥棒を助長する仕組みになっている
ここの古文書を博物館に移動し、ここを書庫にする
さすれば
まだまだ蔵書は増える
やる気のない図書館長だと蔵書を増やすどころか減らすことを考える
市長小林はそれを助長する
くだらぬ公営本屋よりあるものを有効活用するという知恵のなさに呆れる
ここまで来ると
市長小林は天才バカボンのオヤジだ
賛成の反対なのだ
そう言えば
市長小林はバカボンのオヤジの面に似ている
[PR]
by jpn-kd | 2016-06-30 00:27 | 行政ネタ
<< 消防本部管理悪く八戸市の財産3... バイオマス発電に61億の交付金 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ