建たない田名部組のビルのからくり 3
国市の補助金を得て更地になった八日町の角地
ここに予定通りビルを新築しようと業者を集めて入札を開始
それは平成26年12月19日
その入札結果は不調に終わった
記録にはこうある
東急建設入札辞退により3社入札
一回目の入札で落札者が決定しなかったため、工事請負規定第12条に基づき、再度の入札を行う。再度の入札では小幡建設が辞退。
他の2社も予定価格の制限の範囲内の価格ではなかったため、落札者を決定できなかった。
よって、同条第3項の規定のとおり、最低価格の入札者と随意契約に向けた協議をしていくこととした。
また、再度の入札に応じた2社の価格が同額だったため、2社と協議をしていくこととした。
見積書の提出期限は平成27年1月9日までとした。

平成27年1月9日
東復建設株式会社から辞退届が提出される。
株式会社田名部組からは見積書が提出されたが予定価格には達せず、協議を継続することとした。提出期限は平成27年1月24日とした。

平成27年1月24日
株式会社田名部組より見積書が提出されるが、予定価格の制限の範囲内の価格には達せず、契約には至らなかった。
また、
同社より原設計のままでは予定価格内の範囲内に収めることは難しいとの申し出でがあり、当社としても協議を継続していくのは困難であるとの判断に至り、今回の入札は不落とすることとした。
今後は、VE案や場合によっては構造・工法の見直し、JVでの施工等について検討し、早期に事業を再開させたい。
結果、
平成27年2月13日付で八戸市長にあてて事業中止承認申請を出した
中止する期間
平成26年12月19日より平成27年3月31日まで
この事業が廃止になれば補助金は全額返済しなければならない
平成27年3月末はすでに過ぎて今は平成28年6月だ
一年と三か月を経過したが、市役所にはその後、新しい事業計画は届いていない
八日町プロジェクト側からは口頭での説明があるだけ
また
八戸市役所も文書の提出を求めていない
当初予定では工事は完了し建物が建つはずであった

建っていない
また、市役所の担当も国に中止である旨は伝達したが、それも口頭で文書で出していないという
記録にして記憶にとどめないのが行政の手口
だが、
この件はすべてが口頭での処理
業者も口頭だけでなく計画書を提出するべき
やはり
市営住宅で市に一括借り上げ20年で借りてもらうのが一番の策
まさか
更地のままに放置もできない
事業廃止となれば補助金は全額返済しなければならない
市は計画の杜撰さを指摘される
残された方法は他にはなかろう
b0183351_2292369.jpg
b0183351_2295460.jpg
b0183351_2302431.jpg
b0183351_2305520.jpg

[PR]
by jpn-kd | 2016-06-25 02:31 | 行政ネタ
<< 田向保健センターに健診センター... 建たない田名部組のビルのからくり 2 >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ