八戸市徴収できない国保税は基礎資料作成不足
国保税を課税するのは国保課
不納の税を徴収するのが収納課
担当課が課税する仕方に問題がある
つまり
納付できない人に過大な税を課すからだ
そのために
軽減策がもうけられている
それが
税の軽減率
それも
最大は7割軽減
ついで5割、2割と軽減率がきまる
この
国保税を滞納すると保険証をとりあげられる
全額自己負担になるから恐ろしい
払える額に軽減してもらうことが重要なカギになる
鹿児島市を調べたときに、
この軽減世帯数と不納状況の一覧表を得た
順次
軽減率を大きくすれば、収納率が向上するはず
実際にはそうはいかないのかも

物の考え方としては、課税世帯数と滞納率の比較が必要だ
でなければ
どれだけ軽減するべきかが見えない
鹿児島市はそれを全貌できた
ところが
八戸市にはそれがない
そんな馬鹿な話はない
課税する
それは必要なことだ
徴収する
それも大事なことだ
だが
支払えない額を軽減することはもっと大事なことだ
軽減しさえすれば支払える
それなら
収納課の出る幕ではない
誰だって税金を支払わずに役所からの赤紙を貰いたくない
支払えないからだ
そのための軽減率
これが適当なのかの調べの基礎資料の作成を八戸市はしていない
これでは
役人の怠慢で国保利用者はたまらない
課税する国保課は収納課と連携し、作成するべきだ
こうしたことを知らぬ市長小林は鹿児島市へ行って勉強してこい
八戸市民のためになれ
[PR]
by jpn-kd | 2016-06-16 06:52 | 行政ネタ
<< 消防団長大舘も知らない消防団の... ボケNTT 電柱崩壊そのまま放... >>


ブログで行政改革をめざす日本救護団 080-9850-5240
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メルマガ-まぐまぐ

メルマガ購読・解除


 

カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
その他のジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ