市民の健康守るのは健康増進課、それとも消防署?
八戸市には保健婦がいて彼女らが日常生活における健康相談を担う
市役所は二つの部門相談を受ける
ひとつはこころの相談これは毎週水曜日
もうひとつは一般健康相談、これは毎日
八戸に戻ってきて、糖尿病の医師を紹介してもらった
沖縄、鹿児島では専門医に願った
八戸にもどり中園クリニックに行こうと電話をした
4月に電話をして受診日を確認、ここには従来から通っていた
が、
6月でなければ受診できないとのこと
薬がきれる
そこで八戸市役所に相談、すると市民病院から独立したカサイ医師を紹介された
丁寧な解説の医師で今月で二回受診
田向の市民病院近くで開業されている
新しいたてもので、ここが医者? と思うほど洒落た建物
市民病院が山伏小路にあったとき、鍛冶町あたりに医院がたくさんできた
市民病院から独立した医師たちの医院だった
時代が移り市民病院は田向へ
そして、ここに医院がたちはじめた
歴史は繰り返すだ
ところが、往時とことなり車社会
初期投資がデカイ
聴診器ひとつで開業はできない
駐車場から医療機器とカネのかかることばかり
当然、医師は医は仁術と算術の二つが必要
難しい時代だ
さて、
八戸市役所健康増進課、きまぐれ小林、頭の中はメリーゴーランドで健康づくり推進課と四月から名前が変わった
ここが、健康相談をし、的確な指示を出す
ところが、日中だけだ
夜中、健康不安に襲われる
若年、老年を問わずだ
そこで119番
同一人が年間七回以上救急車を呼んだ回数
27年127
26年63
25年82
呼んだ人の年齢
27年 40歳から64歳まで6人 高齢者2人
26年    同        5       1
25年              6       2
夜間の健康相談がないため、救急車が出動する
また、この人かと消防職員は思っても拒否はできない
もっと
行政の手厚い対応ができないか
高齢者には緊急通報装置貸出で対応できる
これは
ペンダント式の通報装置で、警備会社に連絡が行く
無料で独居老人に貸出
現在100名ほどが利用
鹿児島市は大勢の人々が利用
ところが八戸市は非常に少ない
一人暮らしで孤独死をした例が八戸市にもあった
うじがわいて大変だった
こうしたことを無くそうと緊急通報装置貸出だ
ところが
行政の宣伝広告が行き届かず貸出件数が右肩下がりだ
独居老人は八戸市のゴミか?
積年応分に税金を支払った
最後のご奉公で独居老人を優遇せよ
市役所の側から積極的に老人に貸出制度があります
利用を願いますと言え
告知方法拙く、機器を山積みにして埃をかぶせるな
老人も市民だ
生きてる限りは文化的な生活を享受できる
積極的に働け
夜間に健康相談ができる体制を作れ
定年の看護師たちの会に補助金を出し、電話相談窓口を設置するなどの方法もあろう
検討を願う
# by jpn-kd | 2016-05-26 04:25 | 行政ネタ
足元危うい八戸市庁舎管理
自分のことしか考えない典型の人間ばかりを、よくもこれだけ採用したなと思うのが八戸市だ
もとより
これら人間を配置し、その適応により職責をまかす

有能なのもいれば、そうでないものもいる
これは、青森県でも沖縄でも同じだ
沖縄の観光課は課長からして市民を脅していた
ま、そういう人間もいてもしかるべしだ
さて、
八戸市が足元から危ういという証拠の写真がこれだ
b0183351_7442369.jpg

庁舎管理という部署があり、庁舎の中を巡回し不都合な個所を修繕する
この部署が行革と統合され妙な名前になった
市長小林は能力のないものにも部長にしてやろうと、ひっしこいて新設、増設の部署つくりにはげむ
市民は子づくりに励まないが市長小林は部署づくりには熱心だ
保健所までも自前でやる
こんなのは県に任せるべきだが、何にでも手を伸ばすアメーバーだ
この写真は本館一階の玄関だ
去年の夏からこのままだそうだ
以前にもこの左側を修理させた
冬になり凍ったのが溶け出す
コンクリで固めろ
業者に見積もりを要請しているとのこと
修理はまだ先だ
足元危ういぞ
市長の小林、車から降りて自分が任されている八戸市の庁舎がどうなっているか調べろ
建物建てることしか能がないが、建った物には維持管理費用が必要なことを忘れるな
b0183351_7445751.jpg
b0183351_7453137.jpg

# by jpn-kd | 2016-05-25 07:45 | 行政ネタ
八戸市東北電力株の配当はどうなったの2
担当課から連絡あり
26年度は10円配当が二期にわかれて入金
6月と12月
67820円あて2回
27年度は
6月に135640円
12月にも同額
20円配当が10円あて2回支払があった
27年度は出納閉鎖が5月末のため決算書はまだ作成していない

連絡あり
誰も食っていない
まあ、当然だが一件落着
予想通りだった
# by jpn-kd | 2016-05-24 13:22 | 行政ネタ
八戸市東北電力株の配当はどうなったの
八戸市が所有する電力株は13564株
毎年半期ごとに配当がくる
そこで
管財課に問うた
配当金は一般会計に入れたか?
入れた
幾ら入れたのか?
13万5640円だ
つまり
一株あたり10円の配当だという
そこで
東洋経済社発行の会社四季報を見た
東北電力はコード番号9506
16年3月配当は25円とある
15年9月に10円の配当
これを指して10円と言ったのか
16年3月に15円
配当は6月に支払われる
ために15円は未配当ということなのか
それにしても
15年3月に10円支払われた
15年8月に10円
15年中には20円の配当
16年3月が15円の予定
16年9月は10円から15円だ
どうも計算が合わない
だれか食ったのか?
そんなこともあるまいが
この株を大野が財政部長をしてるときに売却しろと言った
あのころが高値で東電の原発事故で急落
もどらない
株は上がれば下がる
まして事故じゃしばらく上がらない
売買することを考えずにただひたすら持ち続けるのも利口じゃない
市長小林はこの株の存在も知らないだろう
# by jpn-kd | 2016-05-23 00:00 | 行政ネタ
副市長田名部が掠める年間96万円は一般会計に入れよ
八戸市が都市ガスを導入
その際出資をした
その額5000万円
この株式配当が年間150万円
これは税金で八戸ガスに出資したので一般会計に入れた
当然だ
ところが
歴代収入役が八戸ガスの役員に就任
副市長の田名部は一円の銭も出さず、毎月給料を8万円着服だ
このカネも一般会計に入れるべき
出資が税から出た以上、副市長田名部には何の関係もない
ところが
図々しいのが八戸市役所職員
こいつらは自分のことしか考えていない
つまり
社会教育課職員と同じで、隙あらば他の課に行ってでも切手を盗もうという泥棒根性だ
こんな奴を雇う市も市だ

どこの国へ行っても立派な奴もいればそうでない者もいる
そもそも
副市長がいわれのないカネを貰い、部下にそんなカネを貰うな、盗るなと言えるのかね
自分さえよければ、市民にわかりさえしなければというゲス、下郎根性があるんじゃないか
こうした不正、疑惑をもたれるようじゃ、舵取りの市長小林は失敗の上塗りだ
市長小林とて、鈴木継男氏の自宅を有償か無償か知らぬが、そこに転がりこんで市長当選だ
何かあったんじゃないの
誰だって疑問に思う
その疑惑を解明もせず、知らぬ顔でほっかむりだ
市長小林、中心街凋落は何もできずにオタオタした咎めだ
# by jpn-kd | 2016-05-22 06:51 | 行政ネタ


ブログで行政改革をめざす救護団
カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
人気ジャンル








画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ