腹黒田向土地整理組合、市役所に高く買わせて4億5千万円寄付?
市長がすすめる中核市構想、福祉施設の許認可権限が手中に収まる濡れ手で粟の面白い話。
三番のイオンが一番札を入れたユニバースを蹴落として落札したと妄語(もうご・五悪の一つでうそ)を海中の大蛤の夢の蜃気楼のごとくに繰り広げた。
ところが、この田向土地整理組合の役員会の決議に異義を市長の小林が唱えた。
不服に思った職員が三回内容証明を送り、その役員会決議を公表せよと迫った。
ところが、
この理事長の中村が曲者。
その手下に市役所上がりの田中が伏兵として潜入。
これが様々に悪さをしかけ、それに中村が悪乗り。
市長の小林も悪あがきで保険センター構想、これが中核市の鍵。
社会福祉の許認可権を得る重要な合鍵だ。
この建設地を田向土地整理組合から購入予定。
その坪数9千坪。
坪単価は14万4千2百10円。
これは3年前の価格で今は下がった。
その単価で丸々購入すると約13億円。
ところが田向土地整理組合はあと千坪売りたい。
千坪だとおよそ1億5千万円。
つまり田向整理組合には14億5千万円の銭がころがりこむ。
この価格で購入してくれれば、八戸市に4億5千万円を寄付すると、ぶちあげた。
誰が?
それは勿論田向土地整理組合だ。
何で不用な土地まで高く買う必要があろうか?
原資は市民の税金だ。
先ず腹黒田向土地整理組合がそれを守れるのか?
まさかに念書を市長の小林は取れまい。
三番のイオンを無理やり一番にした理由説明記者会見で、小林がこれで了とするといみじくものたまわった。
それは、保険センターを見込んでのことだろう。
この話は副市長の田名部近辺から出た話で、そのニュース・ソースは言えぬが、まあおいおい諸君にも判ってくる。
市役所内に保険センター準備室が立ち上がり、鎌首をもたげた。
高く買うのは市民の税金でだ。
買わなければならぬ義理はない。
なにしろ田向土地整理組合は性質が悪く札付きだ。

■  [PR]
# by jpn-kd | 2014-07-29 08:14
延長保育に3億8千万円、これが詐欺だと投書あり
延長保育を利用した子どもの数と時間を水増し。
保母が時間外勤務もしてないのにしたことする。
皆、保育園経営者の匙加減一つ。
この実態を解明して欲しいと投書あり。
実名を挙げた保育園3か園。
しかし、これを追求すると投書者に迷惑が及ぶ。その理由は零細企業の社会福祉法人だけに、投書の主が特定される。
そうなれば経営者はいじめて追い出す。
正当な行為なれば、それは請求が正しい。
架空であればやめさせる必要あり。
これを、市長への手紙として出した。
平成25年度から県の施設監査が秘匿された。
何処の園に何時行ったか、行かなかったのかも不明だ。
この文書開示を県に求めればいいが、わざわざ県に出向くも大儀だ。
八戸市役所こども家庭課に従前どおり監査結果を入手しろと伝達。
ところが、
こんな回答がきた。
                      八 広 第 131 号
                     平成26年7月25日
 小 川  真 様

               八戸市長 小 林   眞
                   (公印省略)
     「市長への手紙」について(回答)

 平成26年6月26日差出の「市長への手紙」について、次のとおりお答えいたします。
 社会福祉法人の指導監査に関する事務は、平成25年度に青森県から当市に移譲となり、市福祉政策課が事務を担当しております。なお、法人などが設置する施設の指導監査につきましては、引き続き県が担当しております。
 御指摘のありました指導監査における指摘事項につきまして、県では、平成 25年度の事務権限移譲後、法人(施設)固有の情報であることを理由として、市町村に文書での情報提供を行っておりません。
なお、保育所運営や延長保育事 業等において問題となる事案が発生した場合は、県・市で連携して対応する必要があるため、情報交換を行うことを県に確認しております。
 次に、時間外(延長)保育につきましては、県では施設の指導監査において、勤務簿などにより職員の配置・勤務状況を、また、市こども家庭課では、当該保育に係る補助金を交付する際、配置職員と給与の支払状況を実績報告書によって確認しております。
 県による指導監査において、当該補助金につきましては不正受給などの事実は確認されておらず、問題はないものと認識しております。
 当市といたしましては、今後とも県と連携し、適切な指導監査の実施に努めるとともに、保育所入所児童の更なる処遇向上を図ってまいります。

これでは保育園の延長保育詐欺はやむことはない。
泥棒が泥棒を捕まえるような話だ。
やる気のないこども家庭課、おれたちは正しいことをしているとゴネた職員がいた。
ゴネる前に、誰でもが納得する方法で正しいと証明するべきでは?
すると、開示請求をするのは職員の配置・勤務状況を、また、市こども家庭課では、当該保育に係る補助金を交付する際、配置職員と給与の支払状況を実績報告書だ。

■  [PR]
# by jpn-kd | 2014-07-27 14:28
市長・副市長A・Bのタクシーチケット調査開始1
岩手県都、盛岡市長交際費より多い八戸市長。
各種会合へ手ぶらで行け。
市長が来たと冠が欲しい奴バラの会合だ。
タダで飲み食いすればいい。
それとも飲み食いせずに下手なスピーチだけにしろ。
悪代官面におなりの大島理森はうまい。
口先だけ。
腹は黒い。円楽なみだ。
さて、このタクシーチケットを調べ始めた。
市長が一冊。
副市長Aが一冊。
Bが一冊。
その他秘書課員が四冊持って、合計七冊。
この開示を要求したところ、市長のチケットは番号が飛んでいた。
Qこれはどうしたことか?
Aそれは公用、それ以外は私用。
A私用分は市長宛に個人請求を再度してもらい、クレジットカードで支払っている。
ここが大事。
支払い方法など訊いていないのに語るに落ちる。
副市長Bは八戸ガスから毎月8万円の給与を得ている。
それが何に使われるのかは不明だ。
すると、
Qタクシー会社は三人が使用した分をまとめて請求するのか?
Aそうだ。そこから公用・私用を分けて、今一度タクシー会社に請求書を出しなおしてもらう。
Qその請求書の月別請求がこれか? これはタクシー会社の請求書ではない。
Aその通りで、請求されたものだけを抜き出して表にした。
Qこれでは作為的で、本当にタクシー会社の請求書と同一かが見えないので原本を出せ。
Aそれはない。
Q保存期間があるぞ。5年保存だが捨てたのか?
Aないが調べてみる。
Q市役所にない文書は開示の対象にならぬが、ある文書を隠すと問題が生じる。
秘書課のGL大沢は腕あぐらをして威圧的な目でみる。
こうされると、瞬きしないでこちらも相手が視線を外すまで見続ける。
テーブルから躰を乗り出してでも見据える。
ヤクザなら次の瞬間は抜くか発砲だ。
そんなものが何が恐ろしいか。
曹洞宗の教えに尊卑その語を使うとある。
筆者は賤民生活が長いので言葉はぞんざいの極みだ。
が、大沢のように得てして相手を威圧する目をしながら言葉だけは叮嚀を装う、が、この手合いは間もなく切れる。
八戸市役所の現課長になった男が、かつて、同じ目付きをして威圧した後、とうとう「馬鹿野郎、いままで我慢してきたが俺にも感情がある。ふざけるな」
と発した。
「待ってました。その言葉の出るのを待ってたよ」
言質をとられて青くなったぞ。
敵には一枚も二枚も上がいる。
言質をとられるな。
対応に腕あぐら(腕組)も叮嚀とは言いがたいぞ。
武道でもやってきたのかも知れぬが、勝負は一瞬の呼吸で決まる。
過信なさらぬがよろしかろう。
本日は市長タクシー券調査は振り出しに戻り、再度秘書課からの連絡待ち。続

■  [PR]
# by jpn-kd | 2014-07-25 20:50
八戸市議会田舎ルールで自治法無視、おらがルールブックで何処悪い?
昔二出川 延明(にでがわ のぶあき)って審判がいた。
三原監督が二塁で走者と二塁手がクロスプレー。三原は同時アウトだと主張。ところが塁審はセーフの宣告。これに三原監督が主審に攻め寄る。
同時はアウトかセーフか?
同時はセーフだ。
ならルールブックを見せろ。
すると二出川が自分を指差し、
「おれがルールブックだ」
一世を風靡した有名な言葉だが、知る人も少なくなった。
この二出川さえも失敗。
打者が四球だと勘違いして一塁に進み、満塁でそれぞれ進み本塁に三塁走者が戻ったとき、主審の二出川が気づいた。
あわてて一塁に進んだ打者を戻してプレー再開。
ところがインプレー中のため、走者はそのまま。
打者は三振したが、問題は三人の走者の処理。
問題となったのは、3人の走者の進塁をどう記録するかで、公式記録員はやむなく「三重盗による3盗塁」とし、二出川は日本プロ野球史上初のボールカウントを間違えた審判となった。(ウィキペディアより)
天下の二出川も間違いあり。
問題は間違いをどう処理するかだ。
八戸市議会田舎ルールはリンチはあたりまえ。
ルール違反だろうが何だろうが、赤信号皆で渡れば怖くないだ。
議会事務局長の吉田氏、悪い部下に唆されたか、してはならないことをした。
それでも、田舎ルールの何処が悪いと開き直りだ。
ところが総務省に提出する6月16日の議会記録、改竄して出せば故意。
総務省の判定を得るには原本を出せ。
田舎ルールは通らない。
勝手解釈ご都合主義。八戸市役所が二言目に言い出す逐条解説本。
その金科玉条どおりにやったのか?
それを味噌と糞をごっちゃにしてないのか吉田事務局長。
昨今綱紀のゆるむ八戸市役所。
なんでもありでは交番はいらない。
間違えたときにどう処理できるかで男は問われる。

■  [PR]
# by jpn-kd | 2014-07-20 10:14
7月10日 市長への手紙 図書館の床清掃
件名
図書館の床

内容
館長にも申し入れしたが床に汚れがめだち、業者に清掃を督励せよ、床の清掃方法は市役所管財課長が知悉しているので相談せよと伝達
しかし、変わらず汚い
業者に清掃能力に欠けている
業者を交代させるか、床をはがし、他の綺麗な部位の床をはがして入れ替えるよう伝達をしたにもかかわらずこれもできない
館長にやる気がみられない
館員に清掃督励を命じられたい
こう出したら返事が来た
市長からではない、広報統計課からだ。
                     八 広 第 122 号
                     平成26年7月18日
 小 川  真 様

               八戸市長 小 林   眞
                   (公印省略)
    「市長への手紙」について(回答)
 平成26年7月10日差出の「市長への手紙」について、次のとおりお答えいたします。
 このたび、御指摘のありました図書館1階のカーペットの汚れについては、 貸出・返却カウンター前や利用者用検索機周辺など、利用者が集中する部分が汚れており、清掃業者にも何度か試みてもらいましたが、カーペットがすり減って いるため、汚れが落ちない状態になっております。
 このため、図書館休館日である7月22日に、汚れの目立つところを部分的に張り替えることとしております。
 今後とも、市民の皆様から快適に図書館を御利用いただけるよう努めてまいりますので、御了承のほどお願い申し上げます。
(お問合せ先)
・図書館に関すること
  八戸市立図書館 電話22-0266 (直通)
・市長への手紙に関すること
  総合政策部 広報統計課 電話43-2111 (内線142)

■  [PR]
# by jpn-kd | 2014-07-19 10:47
< 前のページ 次のページ >


狭い道を拡げ、弱者・障害者・高齢者を救護
カテゴリ
タグ
以前の記事
検索
おすすめキーワード(PR)
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ