沖縄の偉人 渡久地政信・歌謡曲作曲家 最終回
三沢あけみが渡久地の弟子になり昭和38年に吉川静夫が奄美方言を取り入れた「島のブルース」を書いた
吉川は北海道帯広の産、駒沢大を出て小学校の校長経験し作詞家に
三浦洸一の「落ち葉しぐれ」「女のためいき」は森進一が歌った
この二曲は芳川の作詞だが渡久地政信の作曲ではない
いずれもヒットした
また、
吉川と組んで
「長崎ブルース」「池袋の夜」は青江三奈、この二つの曲とも渡久地が作曲するが、それは三沢あけみの「島のブルース」の後
名曲となった「島のブルース」を録音するも、何か足らない、何だろうと首をひねる渡久地
故郷奄美の方言も混じり、アダンの木陰も目に浮かぶがどうもしっくりこない
渡久地は故郷を音にするには指笛だと気づき、急遽これを自分で鳴らす
自分では「これだ」と得心するも、モニタールームで揉めているのが見える
指笛がうるさいと言うのだ
そこで指笛なしにやった
が、共演のマヒナスターズから苦情
指笛があったほうが乗れるというのだ
どうだとばかり渡久地政信満面の笑み
六十万枚売れた
日本レコード大賞新人賞に三沢あけみが輝いた
親友の作詞家の川内康範が言う
人間判別コンベアがあるとすると、そのベルトコンベアからはみ出すのが渡久地政信なんだと、
一風変わりもの、曲がったことが大嫌いな一本気、その気風はやはり故郷からだ
故郷忘じがたし、その故郷に渡久地は助けられる
沖縄で生まれ奄美で暮らした血が、渡久地に指笛を鳴らせと教え、その故郷の風がレコード盤の上をくるくると回り、四方を海に囲まれた南国人の誇りが大きな柱となり音楽の素晴らしさを後世に伝える
世の常、人の常で渡久地政信の肉体は滅びたが、
「島のブルース」は永遠に歌い継がれる
奄美なちかしゃ
蘇鉄の陰で
泣けば揺れます
サネン花よ
長い黒髪島娘
島むすめよ
……



# by jpn-kd | 2015-02-28 19:42 | 沖縄
沖縄の偉人 渡久地政信・歌謡曲作曲家 10
渡久地は競輪狂、大穴を狙うから外れがおおい
オケラになって帰る途中で懐がさびしくなり、心までも
思わず俺は淋しいんだと呟き、それを書き留め、リズムに載せる
詩は一番だけ、あとは本職の佐伯孝夫にまかせたのをフランク永井に唄わせた
次にフランクに宮川哲夫の詩を願う
リズムに苦労するが、当時ビクターが輸入したエレクトーンの先祖のような楽器があり、奥深い音を出せるのい着目
すると、すらすらと音がまとまり、現代風な曲に仕上がった
それを録音室で譜面を渡されたフランクが唄い出す
俺の心を知りながら、なんで黙って消えたんだ
チャコ、チャコ、酒場に咲いた花だけど
あのこは可憐な可憐な娘だったよ
フランクの伸びのある低音が発揮され、録音室の皆も成功を疑わない
が、二番に入り
夢のないのが淋しいと霧に濡らした白い頬
突然、声が途切れフランクが床にしゃがみこむ
そして、肩をゆすって泣いている
心の琴線に触れたのだ
忘れられない過去があったのだろう
録音を中止しフランクの心の動悸の収まるのを待つ
渡久地は生涯に二度、男泣きを経験、一人目は「上海帰りのリル」の津村謙、もう一人がフランク永井
この曲もあたった
昭和34年、日本レコード大賞が発足し、一点差で水原弘の黒いはなびらが受賞したが、この「夜霧に消えたチャコ」でフランクは歌唱賞、渡久地政信は作曲賞を受賞
そして、いよいよ渡久地政信の本領を発揮する歌手と巡り合う


# by jpn-kd | 2015-02-26 07:49 | 沖縄
八戸セメント飛灰・降灰住民迷惑・議員の顔を潰した環境保全課長
湊ホロキ長根から柳町まで広範囲に津波ゴミの焼却灰が降り、付近住民に多大な迷惑をかけた
この苦情を付近住民が申し立てたところ、八戸市役所環境保全課員は我々は感知しない
これは県の仕事だなどと逃げ腰
また、灰ではなく塩だという
なら、味塩のかわりに自宅でふりかけて食え
放射能が混じっているかも知れぬ灰、それを塩だとはよくも抜けぬけと言うもんだ
この件にある市会議員が間に入り、住民も納得し八戸セメントも多大な賠償を払わなくて済み、且つ八戸市役所も付近住民から連盟の補償要求がないようにと、配慮し保全課長に住民ともども申し入れをした
こうした案件には必ずカネがからむ
八戸セメントもこうした手抜かりが明確になれば、次々と補償を求める住民が出るのは間違いなく、なんとか逃げ切りたい
二、三日前からセメント工場の煙突から煙があがらないと付近住民が騒いでいた
すると、八戸セメントの煙突に長さ4メートルほどのフィルターの設置工事が終了したと、付近被害者連盟に連絡があった
これで飛灰・降灰は収まるだろうと市役所・八戸セメントは苦情の中心人物出貝氏と近々面談し伝えるとのこと
ところが、
本日(24日)が八戸市議会の一般質問の通達最終日
その議員から一般質問の申し入れがなく、ヤッタネと環境保全課は拍手したが、予算特別委員会は事前通告なしに時間無制限で質問ができる
定例会とはここがちがう
まして、その議員には付近住民に説明をすることを伝えていない
何故?
言えば八戸セメントとともに灰じゃなく塩だ、八戸セメントの飛灰ではないと言えなくなる
それは工事をしたから灰が飛ばなくなり、降ってこなくなったことを認めることになる
それで、仲介に入った議員を飛ばして直接住民に説明する
議員には煙突工事を急遽したことを伏せておこうの魂胆見え見え
こうなれば、議員の方も遠慮はいらない
選挙が近いので波風立てないと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかなで、議員低気圧が吹くのは間違いがない
行政は吏員だけで運営するのではない
議員は吏員を監視し予算・決算に目を光らせる
議員は地域住民の苦情を受け、実態調査をする
その議員を無視したやりかたは円滑油なしに車を走らせるに似ている
議員など飾りだというおごりがどこかに吏員諸君にあるのではないか?
どんなに世の中がすすんでも、エンジンオイル無しの車はあるはずもない
吏員諸君、住民の代表が議員だということを忘れるな
議員無視で行政機能はまっとうできない
遠く沖縄の空から青森県八戸を心配しているが、何、年寄りの冷や水、小便でもして早く寝ろと言いたいだろうが、沖縄の空にはツバメが舞っている
いやあ、青森県とは違う違う
まあ、年寄りの話もたまには聞け、門松を余計潜って来た分、いくらか世の道理を知るぞ
今からでも遅くはない、頭を低くし議員に詫びろ、さもないと痛いお目玉予算委員会で腹いっぱい食わされるぞ


# by jpn-kd | 2015-02-25 07:18 | 行政ネタ
沖縄の偉人 渡久地政信・歌謡曲作曲家 9
大津美子が十七歳で飛び出し、その作曲は渡久地政信
ところが、どういう風の吹き回しか、大津の親との約束を途中で渡久地は放り出す
というのは、突然ビクターに移籍
困ったのは大津、キングとの契約があり、杖とも柱ともすがる渡久地に逃げられては二十歳前の娘は途方にくれる
このへんの経緯を渡久地は書きたくないのだろう、自伝を何度も読み返しても書かれていない
そこで大津は泣きつく
文芸部長の町尻は大津をなだめ、飯田三郎につくように指導
飯田は北海道根室の産
高橋掬太郎と組み岡晴夫に「啼くな小鳩よ」を唄わせて大ヒット
岡晴夫は千葉県木更津の産
早くに父母を失い祖父に育てられ上野の万年筆屋に努め松坂屋の勤務となる
屋上で上原げんと(青森県西津軽郡の産作曲家)と歌を昼休みに練習、戦後美空の『私は街の子』で大ヒットを飛ばす
上原と岡は上野・浅草を流しで稼いで歩き、キングのオーディションにめでたく二人して合格
飯田が気の合う高橋掬太郎に詩をかかせる
いいのができたが歌手の先口がいた
それが青森県八戸産の三条町子
ところが大津は幸運の籤を引く
三条がお産で歌が唄えない
そこで急遽大津に御鉢が回る
その歌こそ「ここに幸あり」
俄然、大津が輝いた
結果、結婚式があるたびに歌われる国民歌謡にまで上り詰める
人は運だ
渡久地政信が飯田三郎の作曲ができたか?
個性が違うから同じ詩でも違うリズムとなっただろう
大津は渡久地に置き去りにされたが、運が見放さなかった
渡久地はビクターに移籍するが三年芽がでない
ところが三浦洸一の踊子で大ヒット
ビクターには茨城県日立の産、吉田正が大御所として君臨
門下生にはフランク永井、鶴田浩二、松尾和子、マヒナスターズ、橋幸夫、三浦洸一と多士済々
この吉田が作曲した「大興安嶺突破演習の歌」が抑留されたシベリアの収容所で歌われ、それを昭和23年のNHKのど自慢で同じ抑留兵がよみ人しらず「俘虜の歌える」と題して歌い話題になり、ラジオ局、レコード会社が作曲家を探す
そんなことを知らず吉田は復員し舞鶴港に立つ、そのまま元の会社に戻った
それに佐伯孝夫が詩をおぎない「異国の丘」としてレコード化
そして吉田正の作曲と判明し、吉田はビクターに入社
鶴田浩二が唄い、宮川哲夫作詞、吉田が曲をつけた「赤と黒のブルース」は都会派とよばれ、立教大のキャンパスに碑の立つ「鈴懸の経」を作詞した佐伯孝夫と時代を分けた
宮川も渡久地と同じ島育ち
渡久地は沖縄・奄美、宮川は東京都伊豆七島の神津島
三浦洸一の踊子は文豪川端康成の伊豆の踊子からきた
作詞は喜志邦三
これが当たった、品のいい三浦の高い声が響き後年、三浦は文芸ものを得手とした
そして、吉田正が渡久地に手を差し伸べた
「渡久地さん、あんたは歌手に恵まれない、いいものもっているからうちのフランク永井で二、三曲やってごらんなさい」
これが渡久地に新境地を開いた



# by jpn-kd | 2015-02-24 06:08 | 沖縄
沖縄の偉人 渡久地政信・歌謡曲作曲家 8
江口夜詩の弟子が春日八郎、それに若原一郎、江口が若原をキングに入社させるが七年も経つのに芽がでない
NHKのど自慢に十六歳で入賞するが渡久地の目からは素人が器用に歌を唄う程度にしか見えなかった
文芸部次長の町尻量光が若原を渡久地に預けるからなんとか世に出してくれと懇願
「おれたちサラリーマンは、町で友人と会うと、おい、どうした、元気かって声をかけるんだ。吹けば飛ぶような仲間なんだけど、こうした歌ができたら面白いと思うんだ」
渡久地はそれは面白いと二つ返事
作詞を東條寿三郎に依頼
できたのが「吹けば飛ぶよな」
ところがその詩を見て渡久地が頭を抱えた
「東條さんが渡久地ならなんとかするよってニヤリと笑って消えたんだよ、何とか曲をつけてやってよ、難しいだろうけど」
町尻の頼みと詩の内容に頭がこんがらがって来る
おうい
どしたい、元気かい
ネオンまたたく街角は
嬉し涙の沸くところ
吹けば飛ぶとぶ
飛ぶような仲間なら
誰が放さりょ、この腕(かいな)
僕もやるから君もやれ、
ポルカ歌って、ポルカ歌って世の更けるまで
最後のフレーズが明るいから、これを活かすには前半を……と思案
そして出来上がり、若原一郎が万年青年といわれるほど息の長い歌手になった
青春シリーズで「おおい中村君」などを続々発表
かくて渡久地政信の手腕が難しい歌にも発揮された
渡久地政信をしたって路面電車の走る豊橋から母子が訪ねてくる
名作曲家の弟子入り志願者だ
豊橋の鳥善という老舗の娘、まだおかっぱ頭の十六歳
名前は?
大津美子です
察しのいい読者はピンと来たかも
大津は渡久地の弟子になり毎土曜日の夜行に乗り渡久地宅へ通うようになる
そして、昭和三十年、東京アンナでデビュウー
作詞は藤間哲郎
時代はペレスプラドーのマンボが席巻


# by jpn-kd | 2015-02-23 08:33 | 沖縄
< 前のページ 次のページ >


狭い道を拡げ、弱者・障害者・高齢者を救護
カテゴリ
タグ
以前の記事
記事ランキング
検索
楽天
おすすめキーワード(PR)








画像一覧
XML | ATOM

skin by excite
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ